2017年02月15日

黄昏時

あれだけ毎日やったセリフのLRパンがAAFデータに反映されていないことが分かった。
え?そうなのかぁと、調べてみる。
Protoolsにインポートするのだから、同じAvid社のデータならと思っていたけれど。
どうやら、AAFでは、パンもゲージも吐き出されないことが分かった。
AAFは映像も含めて書き出せるようなマルチメディアのデータ形式。
Avid社のcomposerという映像処理ソフトの形式なわけで。
音声専用ではない。
インポートは出来るものの、音声データを中心にした形式ではなかったのだ。
なので、調べてOMFという形式で書き出すことにする。
こちらは、オーディオ中心のファイルで、様々な情報を書き出すようだった。
くそぉ。Avid社の形式だからって油断してたぜ。

OMFは、サイズ制限があるので埋め込みでは書き出せず、リンクデータとファイル群になってしまった。
トータル1500ファイル以上で、18GB・・・。
まぢかよ・・・。
こんなの、HDDやらメモリーカードで渡すデータでネット経由で渡すものじゃないな・・・と思いつつ。
2GB超えているのでZIPは信用せずに、LZH形式で圧縮してみる。
流石に圧縮されていない生の音声データだから、半分の8GBぐらいまでに圧縮できた。
おかげさまで、ギガファイル便で送信してみる。
これを、KORNさんが、Protoolsにインポート出来るのかは別の話だけど。
リファレンスを観る限り、これで、パンデータも含めたデータをインポート出来るはずだ。

こりゃ、XMLの書き出しも早く試さないとだぞと、ちょっと焦る。
XMLに書き出しておかないと、いざ、カラコレの時に、焦ることになりかねないからだ。
まぁ、それは完パケの頃に必要になるから大丈夫かもしれないけれど。

データの形式でやっとこやっとこ焦りながらも。
良いこともあった。
アフレコに向けての機材調達が、とってもスムーズに進んだ。
劇団員の液晶一体型PCに、HDMI入力端子があったので、役者用のモニタが用意できた。
フルHDで外部入力対応と、仕様書で確認できた。
更に、劇団員の一人が、ヘッドフォンに興味を持っていた記憶が微かにあったので確認してみたら。
近い将来やはり購入したいと思っていて。
どうせなら、密閉型のモニタヘッドフォンにしないか確認したら、あっさり了承。
予算を聞いて、その価格帯で一番評判の良いモニタヘッドフォンをおすすめしたら、その直後にもう買っていた。
役者が確認するシナリオをおくための譜面台も、あることを確認。
これで、アフレコもだいぶスムーズになるはずだ。
ヘッドフォンの数が揃うのは大きい。
音の質感を確認するエディターは絶対に必要だし、声を出す役者だって、絶対に必要。
もちろん、現場にいる監督には外音で確認してもらうことも出来るけれど、監督用もあればいいし。
しかし、ここの人間は、リターンが早くて、素晴らしいといつも思う。
このお願いから、用意してくれるスピードがなければ、撮影すらおぼつかなかっただろう。
誰かがやってくれるではなくて、積極的に自分から関わってくれる人は大事にしたいなぁとつくづく思う。
この世の中に、こんな集団って他にあるのか?

アップロードしながら、眠りに入ってしまう。
まぁ、数時間待ってるぐらいなら寝ちゃった方が正解だ。
半ば、眠るつもりで横になりながら、アップロードしてたんだから、それは寝るだろう。
気付けば、アップロードが終わっていたので、メールで転送する。
あとは、ファイルが開ければ御の字だ。

音楽監督のBLOGを思い出して、確認をする。
曲のタイミングのずれが一か所あって、後で伝えると、書いてあったのを思い出した。
そのままチャットで確認して、すぐに直しておく。
KORNさんには、今日は仮で送ったデータだからまだまだ修正は利くのだから、やれるうちにだ。
直し終わった頃に、音楽監督のトオルさんから電話。
オープニングについて話す。
トオルさんも、もちろん、宅録をしているから、アフレコのアイデアも拝借する。
オープニングのことを話しながら、ちょこちょこ、あそこも録音したいなぁとか挟むという…。
オープニングについては、おいらも、またイメージが広がっていった。
勝手に、シャンゼリゼ大通りを思い浮かべて話しちゃったなぁ。

今のまま、出展でも全然問題ないのに。
1mmでも、クオリティをあげたいなぁと、思っている人が周りにいる。
完パケに近づいている足音を感じながらも。
まだ、クリエイティブな部分を残しているのだ。
どこまでやっても、結局、どんな作品だって悔いは残るのだけれど。
その完成の前に、しがみついてでも、ギリギリの作業を続けたい。
MAが終われば、カラコレが終われば。
完パケになってしまうのだ。

デジタルに疎い人は、今日書いたことの半分もわからないと思う。
圧縮すらわからない人も多いだろう。
おいらも何も元々は知らなかったし、わからなかった。
必要になって勉強しての繰り返しで、今、わかることも多いのだ。
なんか、色々あるんだなぁ、程度に読む人も多いと思う。
このBLOGは共に歩んでくださっている方への報告の意味もあるから少し申し訳ないなぁと思うけれど。
LOGだと思えば、こういう部分も記録しておいて正解だと思っている。
ようするに、今、映画はEDITの最終局面に差し掛かっていて。
様々な別のソフトでの処理が目前という事だ。
別のソフトで対応できるように、今までとは別のデータ形式を、作っていかなくちゃいけないのだ。
これは完全にデジタルな作業で、クリエイティブでも何でもないのだけれど。
大道具を作るために、釘を打ち込むような、必要不可欠な作業なのだ。

それを、俳優でもあるおいらがやってるってのが、ちょっと、面白いんじゃない?って思う。
AAFだ、OMFだ、ZIPだ、LZHだって、わにわにしてるんだから。
ここまで、作品製作にかかわってる俳優なんて、断言するけど、この世に一人だぜ。
裏を返せば、すごいじゃんっておいらなんかは、思っちゃう。
人はやる気になったら、何でもできるよ。
知らないことは学べばいいし、聞けばいいんだから。
(幸い、こんなおいらに、色々と教えてくださる方々がたくさんいらっしゃる)
なんだってできるし、どこまでだって行けるよ。
行動力なんて表現はチープさ。実は行動すると決めたら、誰だって出来るんだから。
やると思えば、どこまでやるさだ。
正直、今のおいらは、スマフォでオリジナル映画創れるぐらい色々なことをやってきたのだから。

どうでしょう?
映画が出来上がっていく実務的な部分までさらけ出すって、中々、ないと思うけれど。
やっぱり、チンプンカンプンで、あんまりおもしろくないかもなぁなんて思いつつ。
でも、それでいいじゃないかと思っちゃうという。

さて、シャワーを浴びて、もう一回眠ろう。
完成までの道は長いと言えば長いし、短いと言えば短い。
まるで、夕方に差し掛かった時間帯だ。

そんな黄昏時だぜ。今は。
夜が近づけば、逆に活発化する人だっているんだぜ。
夜になったらお祭りさ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 06:21| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

もう一つの収録へ

スケジュールを睨む。
やはりどう考えても、最短で完パケが必要になった時に時間が足りない。
少なくてもMAのスタジオワークがこぼれる可能性がどうしてもある。
MAをお願いするKORNさんにも相談を重ねる。

KORNさんとおいらの関係性もどうも劇団内では不思議なようだ。
冗談とも本気ともつかないことを忌憚なく言う人で、そういうのをおいらはあっさりと対応している。
おいらは、KORNさんとは長いし、二人でスタジオに入って、ムフムフ笑ってた日もあるし。
舞台用のなぞのSE作りをしたり、なぜかよくわからない映像の声優をその場で頼まれたり。
一緒にスタジオに入って、バンドやってた時もあるし。
そんなこんなで、色々なことがあったものだから、そういう時間を踏まえた関係性だ。
だから、無理も言われるし、無理も言うし、冗談も言える。

MAにかかる時間は、長ければ3日以上かかるかもしれない。
ただ事前にデータとシナリオを送っておいて、サンプルの映像も送っておいて。
それを観ながら、粗いバランスをとっておいたり、チェックをしておけば、当日の作業が減っていく。
ましてや、音楽監督の楽曲のベロシティを書き込むとなれば、そこにも時間がかかる。
出来るだけコンパクトに、今やれること、他に出来ることを模索しながら。
MAの日は、MAに集中できるように、していきたいと思っている。

今、最大の懸案事項はアフレコで、スタジオでアフレコをすれば、それだけで数日消費しかねないことだ。
アフレコとは、いわゆる、アフターレコーディングの略で、後から音だけを録音することだ。
色々なパターンでのアフレコがあるけれど、アフレコ前提での撮影シーンだってある。
編集後からセリフが増えるなんて言うこともなくはない。
ちなみに、よくにたアテレコなんて言葉もある。
いわゆる海外映画の吹替とか、CGキャラクターの声優とか、声を当てていくレコーディングだ。
どうも、アフレコって言葉が先に逢って、洒落のようにその言葉が定着していったらしい。
最近は、でも、アテレコって言葉はあまり聞かなくなったなぁ。

実は、昔の映画は、もうほとんどアフレコという場合もあった。
なんだったら、全編アフレコの超有名映画だってあるのだ。
意外に知られていないけれど、映画は映像にこだわる分、現場の音声が弱くなる場合がある。
特に昔の映画は、そもそもマイクがまだそこまで高機能じゃなかった分、音声面はアフレコの方が優位だったのだろう。
録音をやる人ほど、基本はガンマイクって思っているようだ。
その場に流れる空気の音、足音、落ち葉の音、衣擦れ。全てを同時に収録していくからだ。
役者が演じた時、その瞬間に生まれたものも確実に収録されていく。
だから、全てガンマイクで済めばそれが一番良いという考え方だ。
もちろん、相当な技術を持っている人でさえ、それだけでは不十分になる。
だから、逆にベテランの録音さんほど、ガンで収録して、あとはアフレコなんて人もいるらしい。
ガンマイクは指向性があって、狙ったピンポイントの音を拾えるようになっている。
空気感と狙っている音を収録さえできれば、あとは、EDITすればいいのだ。

最近はワイヤレスのピンマイクが高機能になっている。
それはそうだ。スマートフォンだけでも、かなりの高音質になっているのだから。
コンデンサマイクを仕込んで、それをワイヤレスでレコーダーに飛ばしていく。
胸元にあるマイクが、まるで口をつけて喋っているような音声で収録できる。
ただもちろん、弱点もある。
薄着であれば、装着できないし、振り返って喋れば、音声が弱くなる。
恋人同士が抱き合った瞬間、お互いの体でマイクを塞いでしまって、音声がくぐもったりもする。
実はそういう音を後から平常の音に戻すことはほとんど不可能と言っていい。
デジタルが発達したから、もちろんEDITで、聞き取れる音声まで復活は出来るけれど。
人間の耳は、復活した音声と、普段の音声のわずかな違和感も、感じてしまうように出来ているのだ。
前後が繋がっているのであれば、やはり、その音声は録音しなおした方が良い。
ピンマイクを完璧だと思ってしまうと、大変な目に合う。

だから、アフレコというのは今も必須だ。
もちろん、MA前の最後の最後にやればいいとも思うけれど。
やれるなら、やれるうちにだ。
ちなみに、現場でのアフレコというのもある。
現場で使っているガンマイクに向かって、オンリーと呼ばれる音声のみの収録をする。
そのシーンが終わってからだ。
モノローグなどは、そんな収録がしてある。
急に大声を出して、デジタルノイズが入った場合なども、一応、そのセリフだけもう一回くださいという場合もある。
その声を何度かヘッドフォンで確認したけれど、面白いマイク特性があるなぁと感じる。
ガンマイクはレコーディング用じゃないし、指向性も強いから、癖がある。
レコーディング用のマイクは、特性をなるべく減らして、原音に忠実な音を録音しようとするから対照的だ。
ヘッドフォンで集中して聞けばだれでもわかるぐらいの違いがあると思う。

相談しているうちにKORNさんから、アフレコお願いします。との言葉が入る。
KORNさんとしてもMAにじっくり取り組みたいだろうし、ベストを模索していたはずだ。
そもそもレコーディングエンジニアだからレコーディングのプロとしてアフレコもやりたいはずだけれど。
MA・・・マルチオーディオの略の、ミックス、マスタリングに集中したほうがベストという判断なのだ。
こちらでアフレコして、結果的に全然使えなくなる場合もあるけれど、やれるだけやった方が良いと判断してくれた。
信じられないことだけれど、レコーディングスタジオの高価なマイクも貸してくださることになった。
足りない機材のオーディオインタフェースも、相談に乗ってもらって、どの機種にするか検討してもらった。
そもそも、ここまで相談するおいらっていうのも、失礼な話かもしれないけれど。
KORNさんに相談して、冗談もたくさん入るけれど、相談に乗ってくれなかったことは今まで一度もない。
アフレコしておく優先順位を連絡して、注意点まで確認する。
リップシンクだけは、注意してくださいね!なんて連絡が来て、出た!専門用語!と思ったけれど。
口の動きと声のシンクロのことだった。

現場のピンマイクやガンマイクのマイク特性と合うマイクは恐らく同じマイクだけだろう。
それならレコーディングに使う原音に忠実なマイクの方が後からエディットしやすい。
おいらが持っているコンデンサマイクのハンドマイクでやろうと思っていたけれど・・・。
ひずみが出れば不可逆だし、マイクの性能が高いほど良いのは当たり前だ。
特定の周波数帯が持ち上がってしまうようなマイクだと、後からイコライザーで処理すると大きな差になる場合もある。
実際のアフレコ時に違和感がなくても、MA時にゲインを上げたら、全然違う声になることもあるのだ。
音の世界は、とっても微細だ。

古賀Pにも、アフレコの注意事項を教えていただくことになった。
金曜日に映像の調整でうかがうから、その時に一緒に教えてもらう。

それにしても、面白い。

ロケハンから。
大道具の材料探し。
美術設営。
俳優。
編集。
とにかく、どれだけ、色々なことをやるんだろう?
自転車にまたがっていた日もあれば、インパクトドライバーで大工だった日もあれば、役者までやって。
ネゴシエーションまでやって。
今は、PCに向かってエディットを繰り返している。
そこに、今度はエンジニアまで入ってくるのだ。
ふり幅が激しすぎて、ちょっと、面白い。
そして、何をやるにしても勉強してしまう自分の感じが、なんとも、なんともだ。
大脳に刺激を送り続けているただのドーパミンジャンキーなんじゃないかとさえ思えてくる。

まぁ、アフレコはそこまで心配していない。
そもそも音楽畑の監督もいるし。
ここは充分に録音出来るなっていう場面もある。
そういえば、弟もレコーディングエンジニアだったっけなとも思う。
全部できなくても、確実に後日の作業量を減らすことは出来るのだ。
おいらがやることのメリットも実はなくはない。
役者たちの負担も、確実に減るし、色々な注文もしやすいし・・・
役者も文句を言いやすいだろう。ははは。

さてもさても。
やるっつったら、やる。
その姿勢のまま進んでいるようだ。
続きを読む
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 05:28| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

アフレコの相談

朝起きて、多少の修正を重ねてから稽古場に向かう。
少し早めについて、直したいところだけ直して、再度書き出し。
監督に最新の映像を渡すためだ。
もし、タイムコードがずれるような編集をしたいと言い出したら字幕製作に入っている以上、コトだ。
これで思い残すことがないのであれば、それはそれで問題がない。
それに、音声の問題を多少はクリアできているはずだ。
LRパンで、今まで聞こえなかった音が聞こえてきている。

その上で稽古場で、皆に、今、どんなスケジュールで動いているか報告。
アフレコがいつになるか、まだまだ未定なことも伝える。
本来なら、MAをするスタジオでRECしてしまえば、早い。
けれど、MAをするスケジュールが3月にずれ込んでいる。
2月最終週の、映画祭への出展も、3月半ばのマーケットへの出展にも間に合わない。
だから、今ある音源の、バランス調整だけはお願いしている。
とは言え、元々聞こえていない音声は、やはりアフレコが必要。
代替えの音声データを、いくつか探しながら、やはりみつからないケースがある。
とにかく、何テイクも撮影していないのだから、テストから数えても、ない音が出てくるのだ。

いくつかの提案があった。
その中で仮のアフレコという提案がある。
仮でアフレコをしておいて、それが使えるなら、そのままMAに入ることも出来る。
さすがにそのままじゃっていう音声だけ、MA時にアフレコするという方向性でも行ける。
古賀Pの事務所に機材があるとのことでそこでやろうと思えばできるという話ももらっている。
ただ、大人数だから、そこをどう調整するのかも考えなくてはいけない。
まして、2月末以降に伸びてしまいそうな気配もある。
それも含めてMAをお願いするKORNさんに相談に乗ってもらう。
仮とは言え、アフレコを先にやっておけば、作業効率は格段に上がるのだから。

そしてもう一つ。
まだ次回公演の稽古が本格的に始まっていないのなら思い切って稽古場での仮アフレコをしてしまう案だ。
ただし、稽古場は天井が低いために、反響音が凄い。自然と箱なりのリバーブがかかってしまう。
だから、やるのであれば、稽古場の別部屋の壁と天井に、毛布などで養生して、なるべく反響音を殺さないといけない。
その上で、PCMレコーダーか、もしくは、PCにオーディオインターフェースを接続するしかない。
レコーダーもインタフェースもないから、ここは考えどころだ。

もちろん、諦めるという選択肢もある。
完パケまでにアフレコRECをすればいいのだから。
別に映画祭だって、マーケットだって、日本語がわかるわけでもないし、音声が完璧じゃなくていいのだ。
とりあえず現状で進めていくという方向もあるのだ。
ただ、音声さえしっかりしていれば、その分、劇伴音楽も持ち上げられるしクオリティは確実に上がる。
クオリティを、出展までに少しでも上げたいと思うのは仕方のないことだけれど。
1mmでもいいから、高みに近づけたいという思いが、アフレコが可能じゃないかと自分に問いかける。

KORNさんへLINEで相談が続く。
PCMレコーダーなら、やはりオーディオインターフェースの方が良いこと。
オーディオインターフェースのおすすめを聞いたらいきなり高価な機種を勧められてびびったけれど。
とは言え、これなら、という機種はなんとなく聞けた。
もし、それでいくなら、なんと、マイクなどを貸してくださることになった。
マイクと言っても、その辺のマイクではなく、レコーディングに使用する高価なマイクだ。
だとすれば、必要機材も限られてきた。
劇団員の数名から、スタジオにアフレコにいく交通費を計算したら、それ以下の機材ならそろえてもいいんじゃないかという意見も。
なるほど、その視点はなかった。
確かに、移動費や、その時間がかかることを思えば、稽古場でやってみる価値はあるのだ。

実はオーディオインターフェースなしでは一度アフレコを試している。
PCのマイク入力から直で、音声を入れてみた。
笑っちゃうほどノイズが乗っていたけれど、インターフェースさえあれば出来ることはわかっている。

やるか・・・。
っていうか、やれるのか?
やってしまうのか。
しばし、悩もう。
まぁ、悩む時間なんかほとんどないんだけどさ。
悩んでいる時間があれば、その分、作業は遅れるし、クオリティは上がらない。

稽古場で。
そこには監督がいて。
高価なマイクも揃う。

やる価値はあるんじゃないだろうか?
そもそも、そうやって、大道具を集めて、ロケ地を見つけて、やってきた企画なのだから。
皆の前でエンジニアな顔を出すこともなんにも厭わない。
帰宅して、Pにもメール相談してみる。
明日にはアドバイスも来るだろう。

もしやるとなったら。
ついに、劇団員が、映像を観る機会を持つことになるんだなぁ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:13| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする