2017年04月13日

共感の向こうの光

フィギュアスケート選手の浅田真央選手が引退表明をした。
凄いなぁと思うのは、引退発表がテレビ速報で流れた瞬間だった。
国民的スターだったんだなぁと、つくづく思った。
子供のころから知っているから、というのもあるけれど。
ここまで、愛されるというのは、やはり才能だし、それは、フィギュアの技術だけで説明できるものではない。
生き方そのものを、皆が共有していたからだと思う。
何度となく逆境が訪れた選手生活をどうしても思い出してしまう。
そのたびごとの、彼女の戦い方こそ、愛された原因じゃないかと思う。

おいらは、Hiphopの素養がないし、いまいち、わからない。
間違いなく、おいらと同世代が始めた音楽活動の一環なのだけれど。
自分の体に落ちてこなかった。
ただ、最近のフリースタイルの番組を見て、興味が出てきていた。
それは、そのLIVEや、戦っている場所が、意外に自分のやってきたことと近いと感じることがあったからだ。
ああ、なんか、同じような部分で、苦しんだり、こだわったりしてるんだなぁなんて、感じていた。
そのHiphop用語で、わからない言葉が、何度も出てくる。
パンチラインだの、フロウだの、ライムだの、普段使わない言葉は、どうしても響いてこない。
彼らにとっては、日常的に使われている言葉で、更に、誰でも知っている言葉にまで発展させたいだろうと思う。
その中で、「レペゼン」という言葉があって、これは、一体、何を言ってるんだろう?と気にしていた。

ご存知の通り、おいらの場合、とにかく、知らなくちゃだめだなと、先に思ってしまう。
まず知って、そのあとで、記憶にとどめるのかどうかは別の話だけど。
だから、案の定、レペゼンって、どんな意味なのか調べてしまった。
これは、「代表して・・」とか、「代表する・・・」とか、そういう意味だと知った。
まぁ、それだけだと、ちょっとなんか軽すぎるし、「代表」って言えばいい。
あえて「レペゼン」って言うという事は、代表というニュアンスだけではズレるのだと思う。

いわゆる集団の代表とはどうやら、ちょっとニュアンスが違った。
例えば、レペゼン川崎!と言ったら、川崎代表!って意味ではない。
川崎に住む、自分の周りの、自分の生活圏の、悪ガキたちを背負っているんだ。
そういうニュアンスが、どうやら、レペゼンには入っている。
今、活躍している彼らには、バックボーンがあって、そのバックボーンをさらけ出しながら、RAPをしている。
中には犯罪歴や、家族、民族的なルーツまで、全て叩き込む。
そういう中で、勝手に俺は代表して言うぜ!ということにはならない。
シンプルに「代表して・・・」と説明してしまうと、口にしてしまうと、どうしてもニュアンスが変わるとはそういう事だ。

確かに、自分の十代の頃を思い出したり、自分が憧れた人を思うと、とても腑に落ちた。
彼らは、自分のことを表現しながら、同時に、リスナーにとっての代表を演じてくれていた。
普通に生きる人が言いづらいようなことまで、堂々と口にしてくれた。
文化人のような頭から出る言葉ではなく、生活から出てくる生々しい言葉をそこで発していた。
自分であると同時に、アイコンになっていた。
カリスマと言う言い方をしたりもしたけれど、もっと、なんというか近い。
身近に感じる、共感。

詩人の吉本隆明さんが、名作とは、「誰もが俺にしかわからないと思ってしまう作品」と書いていたのを、思い出す。
共感を生む表現と言うのは間違いなくあって、そこにしか名作は生まれないのだろう。
いつの間にか、自分を投影してしまうような表現は、いつの間にか自分の物語に変容するからだ。

浅田真央選手は、その精神的な強さに憧れながら。
同時に、皆が、自分だったらどうするだろう?なんて考えさせる部分があった。
お母さんの不幸、成長とともに変わる体格の変化、怪我との戦い。
そのたびごとに、彼女は、強く選択してきた。
その姿を見て、自分なら、こんな選択できたかな?と、何度も考えさせられた。

彼女は別に、レペゼンじゃない。
日本代表だけれどね。
けれど、その姿勢は、うちの母親さえ「ちゃん」づけで呼ぶような身近な存在であり続けた。
いわゆる、アスリートというだけの存在ではなかった。
日本全国民的に共感を繰り返していた。

役者や、物語の世界に生きている。
だから、まったく関係がなさそうだけれど。
どうやら、まったく関係がないわけがないようだ。
人は一人で生きているようで。
実は、そうでもない。
真央ちゃんは、選手を引退したのではない。
恐らく、アイコンから、降りたのだと思う。
彼女はスケートを続けるし、まだまだ若い。
これからは、誰かの期待で滑るのではなく、自分の滑りたい演技をやっていくのだ。
何かを終えたというよりも、何かを始めるということだ。

共感は素晴らしい。
だって、想像とは言え、相手の立場になって、物事を考えられるのだから。
レペゼンと口にして、同じような悪ガキたちを背負って言葉を吐き出す時。
目の前が真っ暗だった、何人もの人間に、光を見せたのだと思う。
その光は、規模の差こそあれ、同じ共感だし、近い表現なのだと思う。

自分は誰かの共感を生んでいるだろうか?
それをもし持っていないのだとすれば、おいらは、なんのために存在しているのだろう?
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 05:43| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

やれるだけ

朝起きると、整音済みデータの2mixが到着していた。
2mixとはつまり、ステレオ音源だ。
これを聞きこんでおいて、TCをメモしておかなくてはいけない。
0415のMAで音声が完成するまでに自分の出来ることは決まった。
エンドロールの完成と、音声のチェック。
どこまで出来るだろうか?
まぁ、やるしかないのだけれど。

とりあえず作業的には昨日の続きからしたかったけれど。
どうしても我慢できずに、やはり音声を聞いてしまう。
流石に最初から最後まで通してだと時間がかかりすぎるので、ピンポイントで。
思い出しながら、確認するべきところだけチェックしていく。
やはり、モニタースピーカーとは全然、出音が違う。
・・・ということは、ヘッドフォンだと更に違うし、オーディオインターフェースをかませたらもっと変わる。
さてはて、どこを基準にしていくか迄考えなくちゃだ。
なんとなく、テレビのスピーカーでチェックしてみたいという思いもあるけれど・・・。
特にスピーカーによって低音が消えてしまうのが痛いな。

とりあえず、今日チェックしておこうと思った箇所だけチェックして。
昨日の作業の続きに入る。
舞台の次回公演の速報だけ更新して、ようやくこの時間。
まだ、作業工程は続くけれど、開けたらもう水曜か・・・。
身体が二つか、もしくは、寝ないで済む身体になったらなぁなんて思うけれど。
それはそれで、なんとなく、つまらない人間になりそうだからなぁ。

まぁ、余裕余裕と、つぶやいてりゃ、なんとかなるだろう。
そんな感じの方が多分、うまくいくと思う。

まぁ、あと一息だから。
ここにきて、色々作業が重なったのは、ちょっと想定外な部分も多いけれど。
だからと言って、別に、やることだけは変わらない。

エンジニアのげんちゃん。
一週間の作業で、体力を使い果たして、風邪をひいたとか・・・。 
キツかったのは、想像に難くない。
BLOGを読むと、椅子に座ったまま眠ってしまって、起きて作業を続けるような日々だったと。
ろくに布団で寝ずの作業をしてくださったという事だ。
すごい集中力だ・・・。
自分の作品といえるまでやりたい。そうおっしゃっていたことを思い出す。
とりあえず、整えておきますよというスタンスだったら、絶対にこうはならない。
おいらも、やれる範囲でいいですよなんて、伝えていたのに。
知らず知らずのうちに、期待という大きなプレッシャーをかけていたかもしれないと反省。

でも、きっと、そういうものなんだ。
撮影の時もカラコレでも編集でも、整音でも。
結局、何かを削ってしまう。
それは、もしかしたら、日本人の持つ国民性かもしれない。
音楽のトオルさんもそうだけれど、ただやるっていうのは、むしろ難しい。
やり込んでしまう。
おいらは、日本人のそんな職人体質が大好きだし、尊敬している。
わかっているのに、わかっている以上な部分まで手を伸ばしてしまう。
多分、それは誰かのためじゃなくて、自分を納得させるためだ。

まぁ、だから。
おいらも、やれるだけやりますよー。
なんて、言いながら、作業を続けるんだ。
サラリとね。
自分が納得できれば、それでいいのだ。

雨の良く降った日。
夜には満月が顔を出していたなぁ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:37| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

君の記号が僕の道

少し間違うと、何かが〆切を迎えてしまう。
同時進行と言いながら、自分の中でプライオリティを明確にしなくてはいけない。
今、一番緊急な作業はコレ、その次がコレ、そう何度も小さく言葉に出す。
もちろん、ペース配分はしながらだけれど。
まぁ、なんとかなるか!なんて、どこかで、楽観することも大事なこと。
完璧主義者過ぎると、どこかで、詰まってしまう。
拘りは大事だけれど、同時に、余力があったほうがいい。
偶然起きたことに柔軟に対応できるぐらいの余裕が生まれないから。

今日は地道にデザイン関連の作業。
コンセプトが固まるまで時間がかかるのは仕方がない。
そこを越えてしまえば、どんどんイメージの肉付けをしていくだけだ。
そういう時は、自分の中で、ふわっとしたやわらかい感じで対応する。
拘るのは、仕上げの段階で十分だ。
今日はここまで。
今の時点のデータを一応送って、おしまい。

少しだけ、ポゥッとしている。
今週に入って、急に。
なんだろう、この感じ。
満月の月光にでも当てられたのかな?
ちょっとわからないけれど。

芝居なんかやっていると、年に1~2度、なんとなく、そういう感じになる。
仲間はたくさんいるし、たくさんの人から力を頂いているのも充分に理解しているのに。
そういうこととは、まったく別にして、ひどく孤独感を感じてしまうような感覚だ。
多分、本質的に、誰だって本当はひとりぼっちなのだと、どこかで理解してしまっている。
それは、他者を演じたり、他の表現に出会う度に、理解を深めていくこと。
自分の心のありようさえ、本当は誰も理解できていない。
ましてや、誰かの気持ちを本当の意味で理解なんか出来るはずがないのだ。
だから、誰だって、本当はひとりぼっちなんだ。
だからこそ、人は友達を作って、恋人を作って、家族を持つのだけれど。
そういうのとは、また別。
ただ、なんとなく、孤独感のようなものが、すぅっと、身体に落ちてくる。

強い子なもので、そこで、酒に溺れるわけでも、誰かにすがるわけでもなく。
そういう日は、もう、従順なまでに、その感覚に自分を委ねていく。
普段はポジティブな自分でも、ネガティブな部分もじわじわ浮かんでくる。
そんな状態をむしろ、どこか楽しんだりもする。
まったく、性癖みたいなものだ。
けれど、それをきちんと肉体感覚に宿しておかないと、たぶん、役者はからっぽになると思っている。

昔から、奇跡って思われているようなことを、現実にしちゃうようなことが好きだった。
もう、それは遥か小学生のころぐらいからかもしれない。
誰もが無理だよと、言った頃に、無理じゃないんだ!と、ひっくり返すようなこと。
今までも、何度かそんなことがあったんだけれど。
この映画は、ちょっと、規格外に、奇跡が重なってきた。
クラウドファンディングから始まって、美術の材料集め、ロケ地の確保、撮影、整音。映画製作そのもの。
これは、さすがに難しいか・・・と思えた頃に、何度も何度も大逆転を起こしてきた。
この映画は何が起こるかわからないぜ。なんて聞いて、本当にそう思った。
その全ての奇跡が、一つボタンを掛け違えてしまえば実現しなかったことだ。
ぎりぎりの綱渡り。

奇跡は偶然の重なりから生まれるけれど。
本当に偶然なのだろうか?
偶然だとすれば、出来すぎてやしないか?
かと言って、必然と言うには、不確定な要素が多すぎるよ。
これは、なんなのだろう?
その答えは、確か、あの本の中に書いてあったっけ。

ああ、そうか。
あの町に、続けざまに通いすぎたんだ。
だからか。
おいらが、強い自分でいられるのは、君のおかげだよ。
よしくんの眠る街は、いつも、おいらに何かを教えてくれる。

この世の中の全ての人に否定されても。
それでも、自分の足で歩けるだろうか?
殆どの人が歩くどころか立つことさえままならないんじゃないだろうか。
でも、実は、それすら対幻想に過ぎない。
それじゃ、自分はからっぽなのかと聞かれたら、それも違う。
やはり、ここに何かがある。
自分の胸に手を当てて、孤独をあえて引き受けながら、ちょっと無理に笑ってみる。

さてと。
自分のタスクを全うしよう。
今週も、時間はどんどん過ぎていくのだから。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:49| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする