2017年05月15日

あたたかい心

よくうちの舞台を観たお客様から言われることがある。
心があたたかくなった。あたたかい気持ちを頂いた。
不思議なもので、全然違うお客様、全然違う作品でも、必ずそんな言葉をどこかで耳にする。

「熱い心」とかとも違う。
メッセージ性の強い、例えばパンクバンドなんかは、あいつら熱い!なんて良く言うわけです。
でも、それとはやっぱり違う。
「熱い」と「あたたかい」は、似ているし効果も同じだけれど、全く違う。
熱いって言葉のちょっとぬるいやつってことでもない。

この暖かさの正体ってなんなのだろう?と考える。
もちろん、一律に全て同じ意味なわけでもないのだと思う。
それこそ、小学校の運動会を見に行って心が温かくなるような種類の言葉の時もあっただろうし。
ストーリーにあたたかい気持ちになったり、音楽になったり、様々なケースがあったと思うわけです。
あったはずなのだけれど、やっぱり、出てくる言葉が同じ。
これは、やはり、正体があるんじゃないか?と、おいらは考えています。

表現方法も多種多様だと思うのですよ。
それこそ、もちろん、やさしい言葉をかけている姿は、あたたかさを感じるわけですけれども。
あえて苦言を言っていたり、厳しい態度の中に、あたたかさを感じることだってあるわけです。
「落ち込む」を例えば表現するのであれば、最大の表現は「明るさ」だと思っているのですけれども。
その明るさの中に「落ち込み」が見えることが、たぶん、芝居の面白さなんだよなって思ってるのです。
もちろん、明るさを究極まで暗くすることで、落ち込みを見せることも出来ますけれど・・・。
だから、あたたかさを表現しようとすれば、例えば「寒さ」で表現していることさえあるはずなのです。
作品が違えば、当然、そういう事が起きるわけです。
かつてブルーハーツがパンクロックを「やさしい歌」と表現したけれど、そのぐらい表現は幅があるわけです。

だとすれば。
やはり、一つは監督の持つ資質の一つなんだろうなぁと思うのです。
その台本を書き、演出をする人の元々持つあたたかさのようなものが、作品ににじんでいる。
お客様へのサービス精神であるとか、そっと隠しているテーマであるとか。
そういうものの根源に、何か、そういうものがあると思うのです。

ただ、それはどうやったら伝わるんだろう?
そんなことを今、漠然と考えています。
役者だからね。
もちろん、作品を演じるのであれば、目一杯、作品の根っこにあるものを引っ張り上げるのですけれども。
演じながら、その物語だけじゃない作品の持つ根っこのようなものは意識しているのです、いつも。
でも、そういうことだけではなくて。
まだ監督の作品に触れたことのない人にどうやって伝えていけばいいんだろう?

もちろん、例えばこのBLOGだって、そういう意味がなくはないです。
自分の中にある本当の言葉で何かを書けば、きっと、どこかで何かが伝わるだろうと。
それはきっと、監督の資質というよりもおいらの資質なのだけれども。
とは言え、この作品について真摯に書いていけば、真摯に向き合っていけば。
きっと、少しだけでも伝わるんじゃないかとは思っているわけです。

でもきっともっとストレートな。
まっすぐ直球な伝え方もあるような気がするんだよなぁ。

この「あたたかさ」は、いつもの舞台のように、映画の中からもにじみでているから。
それだけは、たくさんの人に伝えたいなぁとか思っているわけです。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:46| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

他者が書くから帯になる

ちょこちょこと仮のHPの構築をいじっている。
あっという間に全部やってしまうよりも、行きつつ戻りつつ。
基本的には、写真を配置してみたりしている。

文章的な部分こそ、やはり一番大事なのだなぁと思う。
実際、クラウドファンディングのページの完成までにも時間をかけた。
何度も文章を推敲して、漏れていることがないか何度も確認した。

一番大事なことは、いかに、客観的になれるのかだ。
例えば、小説の帯にある文章を、作家が書くことは殆どない。
それは、創作者だからだ。
その小説で伝えたいこと、テーマ、思っていること。
そういうことをどうしても、帯に書いてしまう。
それは、その作品の主観でしかない。
だから、帯でも宣伝コピーでも、創作者以外の人が書くことになる。

その作品の一番の売りはどこなのか?
その作品のどこをアピールするべきなのか?
コンセプトをどう伝えるのか?
どんな言葉で表せば、人をキャッチできるのか。
それは、創作とは全く別の脳で、出てくるものだ。

それに、「最高傑作!」とか、「必ず泣く!」なんて言葉は、絶対に創作者から出てこない。
小劇場の劇団のチラシは、実はその辺が大問題だと思う。
規模が小さいから、創作者の目が細かい部分まで届く分、どうしてもプロデュースの観点が弱くなる。
キャッチコピーは、やはり作品の外からその作品を観た人からしか出てこないものなのだと思う。

邦画のキャッチコピーなんかを色々と見て回ったけど。
誇大広告なんじゃないか?と思うぐらい、派手にアピールしている。
「日本映画史上、もっとも・・・うんぬん」的なキャッチコピーなんて、なんでもなく、ザラに書いてある。
監督や脚本家と、営業部、宣伝部が完全に切り離れている証拠だろう。
作家も監督も、なかなか、そんなことは書けないし、書いたら恥ずかしいと思うだろう。
いや、コピーライターが作ったとしても、そんなこと書くなよ・・・なんて思う監督も多くいるはずだ。
やはり、人が観たくなる部分。自分が観て強調したい部分を単純に強くアピールする。
そういう視点が、やはりプロモーションには不可欠なんだ。

だから、文章的な部分は後回しになる。
監督から出てくる言葉はどうしても控えめになってしまうだろうし。
おいらから出てくる言葉だって、完全な客観とはいいがたい。
そこを切り離して、営業面、宣伝面まで考えて。
色々なものを用意して、プロデューサーさんが、決定するのが一番じゃないだろうか。

全米が泣いた・・・じゃないけれど。
まぁ、今やそんなのギャグになりつつあるんだけれど。
一年間で何本、今年度ハリウッド最高傑作が上演されるんだよ!ってツッコミたくもなるけれど。
それは、当たり前で、映画を宣伝する人は、より効果的で耳に残る言葉を常に探しているだけという事だ。
そういう感覚だって、実際にはとっても大事で、ちゃんと持っているべきことだ。
もちろん、作品と乖離しすぎてしまえば、逆効果にもなるのだけれど。

役者が必ず土曜日になるとテレビに出ている。
その日に、その週に、封切になる映画の宣伝をしている。
余り大げさに言えない役者もいるけれど。
凄く面白いんだ!ということをうまく伝えようとしている。
多分、役者って、それが出来る。
主観と客観を出入りしているのが、いわゆる役者だからだ。
完全にではないにしても、かなりのレベルで出来るはずだ。
心の中では自分の芝居の反省をしていても、それが出来るのが本当の役者だ。

多分、監督が恥ずかしくて、読めないぐらいの宣伝文の方が実際は良いのだろうと思う。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:39| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

バズる。

もうすでに若干古くなっている言葉なんだろうか?
「バズる」なんていう言葉がある。
口コミを意味するBUZZから派生している言葉で、いわゆるSNSなどで一気に拡散されたりしたときに使われていた。

ここ何年かで、WEBマーケティングやらSNSマーケティングで、爆発的に売れたり知名度が上がった商品がある。
そういう時に、バズった!なんて使われるわけだけれど。
当然、そういうのを観て、企業も、広告代理店も、プランナーも、全員が、バズる戦略を立て始めた。
そして、それから、しばらく時間が経過しているわけだけれど。

結果的に、どうやら、意図的にバズることっていうのは、出来ないってことで良いんじゃないだろうか?

もちろん、話題性がある企画を立てて、それが一時的に広がるという事はあるようだけれど。
宣伝になる、売り上げになる、知名度が上がる、・・・というところまで実は出来ていないように思う。
もちろん、数少ない例外はあるけれど、現実的には、宣伝費をつぎ込んで、ネットメディアで拡散して。
そういう積み重ねで、バズってる風の宣伝をして、更にそれを口コミで広めてもらおうという作戦に思える。
純粋な口コミだけで、どんどん広がっていったなんて言うのは、本当に数える程度なのだと思う。
そして、結局は、その企画や商品が、ホンモノじゃないと、一瞬で消えていく。

理由は簡単で、実は、SNSにおいて、宣伝されることをユーザーは嫌っているってことでいいんじゃないだろうか。

SNSというのは双方向メディアで合って、一方的な宣伝というのは、どこか押しつけがましくなってしまう。
SNSユーザーは、基本的に自分で見つけて、見つけたことを周りの人にシェアしたいというのが本質だ。
受け取ることがあるとすれば、フォローしている友人からの情報であって、企業の宣伝ではない。
それは、見かけても自分で見つけたというカタルシスすらない。
SNS内の宣伝というのは、ステマ騒動の時も思ったけれど、実は正反対のものな気がしている。

だから、もっとフォーラム的な。
その商品について話したくなるような。
そういう方がきっとSNSには向いているんだと思う。

このBLOGも、毎日更新しているけれど。
映画の宣伝だとしたら、恐らく、目について嫌になっている人もいるかもしれない。
これは、むしろ、宣伝というよりも、活動報告というか・・・に近い。
まだ公開予定も決まっていないのに、宣伝する必要性がないものだから。
だから、許されているようなものだけれど。
実際に、後悔が決まった後に、更新し続けると悪質な宣伝にみられてしまう可能性がある。
その場合は、書いている内容や、思いなど関係なく、そう受け取られてしまう状況になってるってことだ。

いちいち、めんどくさい性格だと思われそうだけれど。
今は、漠然とそんなことを思っている。
映画公開が決まって、その話題がバズったら、ものすごいことだけれど。
バズることを、むやみやたらに期待してはいけない。
バズっている振りは不可能じゃないだろうけれど、慎重になるべきだ。

宣伝ではない。
恐らく「共感」
シンパシーが、きっと、カギを握ってくるんじゃないかと思っている。
続きを読む
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:50| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする