2017年06月17日

レプリカベロニカ マークII3日目に

二日目の受付情報の入力、確認後、家を出る。
梅雨真っ盛りのはずなのに、公演期間中は好天に恵まれている。
お釣りの両替をしようと銀行に入るも、15時までと言われる。
銀行の受付ってそんなに早く終わるんだっけ・・・?
カレースタンドに入って確認するとどのカレーもにんにく入りで断念。
肩を落としながら、小屋入り。

本番。
自分的に納得がいかない。
それでも、お客様の温かい拍手。
現在の映画の報告も昨日に引き続き。

終演後、食事に出かける。
芝居の話。
この作品の持つテーマをどこまで感じているのかという話。
深い部分をきちんと表現していきたい役者がここにいる。

帰宅して、明日は2ステだから、制作も手を付ける。
昨日までのようにとりあえず寝ちゃうという事はもうできない。
明日も、明後日も2ステ。
日程は5日だから、折り返し地点を過ぎたけれど。
ステージ数は7ステだから、明日の昼公演が終わらないと折り返しの気分にならない。

監督に映画の再編集の確認をしたけれど。
まだ、実寸計算までは出来ていない様子だった。
ちょっとだけ心配になる。
明日明後日には、見えてくると良いのだけれど・・・。

今回の舞台作品の持っているテーマ、モチーフについて帰りの電車で考え続ける。
主軸となる物語は、実は二つある。
そして、そこには、表のテーマがどんとあるわけだけれど。
その裏に流れているもう一つのテーマこそが、この作品の骨格なはずだ。
そこをどうやって、強く打ち出すことが出来るのか。
自分で出来る範囲が狭くて、悩ましくもあり。

やれやれ。
そんなことばかり考えている。

舞台はあと2日4ステ。
届けなくてはいけないものは、届けるのだ。

さて、もう一考。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 01:56| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

レプリカベロニカマークII二日目に

二日目。遅入り。
体を休めてから、初日売り上げの記録など確認してから家を出る。
小屋入りして、体を温めてから本番。
遅入りは、身体は休まるけれど、逆にその事で影響も出る。
疲れ切った状態でゲネプロ、初日を体感しているから、元気な体だと違和感が残るのだ。
いつもよりも、身体がキレて動くときの方が実は怪我をしやすい。
そして、頭もいつもよりもクリアな分、余計なことまで考えられる。
さすがにベテランと呼ばれるようになってからは、そこまで計算して板の上に立っているけれど。
それでも、各役者が、今日は注意していかなくちゃだなと考えているのがわかる。

満員の客席に囲まれて、二日目の本番を迎える。
劇中での自分の役割に徹する。

カーテンコール。
クラウドファンディングのご協力へのお礼と、映画の状況をご報告。

ネット上の感想をみつけて、リプライを繰り返す。
舞台は、口コミこそ、最大のパブ。
良い感想も悪い感想も、全てが、舞台の周知に繋がっていく。
感想を書いてくださった皆様に感謝の言葉を残す。

高校時代の友人と、食事に向かう。
様々な話。
高校時代もまぁ、よくばかやってたやつだけれども。
時々、足を運んでくれる。
舞台や、アーティストを応援したりしている。
話すと、わりに、面白い話にいつも広がっていく。
いつか、一緒に面白いことが出来たら、皆、驚くだろうなぁなんて思う。

ほぼほぼ終電近く。
電車に揺られて帰宅。
監督も、映画再編集前の映像チェックをしておいたらしく。
あとは、編集ポイントをまとめてくれるかどうかだ。

こんな日々は良い。
芝居と酒と映画と。友人とお客様と、月夜。

毎日本番だったら良いのに。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 14:13| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

レプリカベロニカマークII初日に

劇場入りして準備から、ゲネプロ。
リハーサルでのミスを修正して、休憩してから本番に備える。
ほんの15分程度の睡眠をとると、すっきりする。
そして、ようやく初日を迎えた。

お客様の前。
それまでの全ての稽古、リハーサルにはいなかった観客という存在。
芝居は自己の中で完結するものではなく、人に観てもらって初めて成立するものだと実感する。
お客様に届けるというスタンス。
おいらたちは、舞台でこれを体の芯まで学んでいる。

終演して、ロビーで挨拶を重ねるとそこに加藤P。
再編集の状況などを確認。
実際に、どうやって納品するのかなども確認しておく。
同時進行で映画の再編集が続いている。
踏ん張り時なのだ。

二日目、三日目は、遅入りだから、日中に編集しないか監督に確認する。
監督は、驚いて、いや、その時間で考えておくから大丈夫!と一言。
少し心配だけれど、今は芝居に集中しろという事か。
どこまで、修正案を煮詰めておいてくれるかで、格段に変わる。
編集に入らないのであれば、監督がより具体的に考えてくれる他に手がない。
それが出来るようなファイルは製作してあるけれど・・・。
信じるほかはない。

初日打ち上げに行く。
いつもはいないメンバー。
映画はどうなってるかなんて質問も、やはり出てくる。
まぁ、なんというか、なんというか。

さて。
二日目だ。
芝居が待っている。
初日の受付の確認作業などをして、ようやく今に至る。

今日もあの板の上に立つ。
体の芯まで、あの板の上で受信しよう。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 14:35| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする