2017年08月12日

整える夏

昼を過ぎてから体を清めて出かける。
正月以来の神社まで。

明らかに電車内はいつもとは様子が違う。
時間帯にもよるのだろうけれど、いつものような焦燥感がない。

街を歩けば、盆休みをとる飲食店も多く。
人の数も、想像以上に少ない。
帰省ラッシュの報道が毎日のように流れているけれど。
あれだけの車に乗った数の人が都内から離れているのだ。
自然、都内が閑散としてくる。
実は、都内の、子供向けではない寺社巡りには、ちょうど良い季節なのかもしれない。

神社には、何人かの参拝客。
その後ろに回って、二拍二礼。
きちんと、心の中で住所と名前を言って、今日までのお礼とお願いをする。
不思議なことだけれど、心の中をすぅっと、何か一本の糸が走るような感じがする。
空にいる神様にお願いをしているようで、心の中にある無意識を整えているようだ。

参拝が終わると、神社のわきから、ノラが2匹。
トコトコ歩いて、石垣の上に丸くなった。
2匹は別の柄なのだけれど。
なぜか、実家で飼っている2匹と同じ2つの柄のノラ。
なんでまた、同じ柄の2匹なんだろうと、笑っちゃうけれど。
実家の猫と同じように片方だけが太っていた。
当たり前のように、実家にいる猫の名前を呼びながら近づいた。
人に慣れているのか全然逃げようとしない。
目をつぶって、無視する様は、まるで、実家の猫とそっくりだ。

あいつらもノラだったかもしれないんだよなぁ。

実家の二匹は、母親が拾ってきた猫だ。
母親は、おいらが拾った黒猫を飼っていて、病気で亡くした後にすぐに拾ってきた。
だから、考えてみたら、あの黒猫を拾わなかったら、あいつらも拾われてすらいない。
人生・・・ならぬ猫生ってのがあるとして。
なんというか、何が幸せなのかもわからないけれど。
こうして、神社で、人に声をかけられる猫生も、まぁまぁ悪くはなさそうだ。

猫に声をかけていると、神社の戸が閉まった。
そんなギリギリの時間だったんだなぁと思いながら、神社を後にする。

往来に人は少ない。
夕方だというのに日が高い。
ゆっくりと歩く。
涼しい日で良かった。

こんな夏も悪くない。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 16:47| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ガキの頃の自分がみてそう思うか

芝居を始めたばかりの頃。こんなおいらでも憧れる先輩が何人もいた。
その時、おいらが憧れた先輩は当時で、50代であったり、30代であったり。
まぁ、10代の頃のおいらから見れば、大大先輩たちだった。

その当時、自分が30歳を過ぎるころまで芝居を続けると想像すらできなかった。
ただ、かっこいいこの人たちのようになりたいと、憧れた。
正直、ここに名前を書いたところで、まったく世間的な知名度はないけれど。
その頃、メディアで活躍していた俳優よりも、何本も観た映画の出演者よりもかっこよかった。

当時も、もちろん、若い劇団は山のようにあった。
大学劇団もあったし、先輩の劇団もあったし、他にもたくさんあった。
でも、あまり、そういう劇団に憧れることはなかった。
単純に年齢的な開きというわけでもないと思う。
なぜなら、それは、自分以外の他の観客を観ても、そうだったからだ。
もちろん、若い劇団で満員になっている劇団もあったけれど。
ほんの一瞬の話題や、若狭の勢いで盛り上がって動員しているだけで、心から応援されてるようには見えなかった。
でも、おいらが憧れる先輩たちの公演に来ているお客様はちょっと違っていたと思う。
おいらのように若い連中が憧れ、古くからのファンが愛していた。

おいらは20代で前方公演墳に参加したのだけれど。
その頃は、ただただお客様に、たくさん応援していただいていたなぁと思う。
でも、実は、それは、演劇という場においては、ダメなんじゃないかって思っている。
本来ならステージの上の役者が、お客様の人生に花を添えなくちゃいけないのに。
おいらたちが、何かをお客様にプレゼントしなくちゃいけないのに。
ただただ、頑張ってねと言われるという状況というのは、やはり抜け出さないといけないとずっと思っていた。

いつだろう?
35歳を過ぎた頃から、ちょっとだけ空気が変わったなと感じた。
もちろん、応援してくださる方がいて、頑張ってと言ってくださる方もいるのだけれど。
でも、自分から何かをお客様に届けているなぁと実感できるような公演になった。
若いお客様から、声をかけていただいて、あ、昔の自分みたいだ!と感じたこともあった。
ようやく一歩目だなぁと思ったのを覚えている。
本来の役者がやるべき場所に到達するには時間がかかるのだ。きっと。

もちろん、若さと、その力は素晴らしい。
そして、それをショービジネスにまで昇華するということはずっと続いていることだ。
それは、実は芸ではなくて、パーソナリティの勝負だし、別の何かだ。
そして、悲しいかな、そのショーにはタイムリミットがある。
タイムリミットを過ぎれば、当たり前のように、別の新しいタレントが現れるようにシステムが出来ている。
それでも残ることが出来る人は、ちゃんと、考えて行動してきた人だけだ。

AKB48から始まった、いわゆる地下アイドルとかの一連の流れがあるけれど。
「卒業」というワードが出てから、ちょっと見る目が変わった。
彼女たちがアイドルになりたくて、頑張っていると思っていたのだけれど。
「その後」も考えてアイドルをやっているという事に、ちょっと感心したからだ。
ある一人は女優を。ある一人は歌手を。ある一人はモデルを。或いはタレントを。
タイムリミットのあるアイドルの先まで、想定して活動していた。
もちろん、全員が成功しているわけではないし、するはずもない。
そして、アイドルとは違って、芸を持たなくてはいけない。
まぁ、アイドルも芸は持っているけれど、一番の武器はやはり芸ではないもの。

それで、彼女たちは卒業というワードを使い始めた。
おいらが偉いなぁと思うのは、卒業しますと宣言して、それからも舞台に立っていることだ。
そして、ちゃんと舞台上から、お客様に今日が最後ですよと挨拶までしていること。
よく見てみると、実は何人も脱退しているメンバーというのがいるらしいのだけれど。
ちゃんと事前に告知して、ちゃんと舞台で挨拶している人は、脱退ではなく卒業と言っている。
卒業式をちゃんとやっているという事なんだと思う。
そして、きっと、卒業してから、あれはバブルのようだったと思っているんじゃないだろうか。

だから、今。
実は、本当に面白い所まで来ている。
これを最大限に、活用しないといけない。
この映画の企画が海外プロモーションを終えていよいよ国内プロモーションから公開に移っていくとして。
その中で、今の自分たちの立ち位置というか、それを考えなくてはいけない。
正直、おいらたちが10代20代であれば、こいつら勢いで映画創ったぞ!だけでも良いと思う。
でも、きっと、世間的に見たらそうじゃない。
むしろ平均で40歳を超える集団が、何を思ったか映画を創りだしたということだ。
なんか、一見、クレイジーだけど。
確かな何かを掴んでから、そこに挑戦したという事なのだから。

どうかしている連中の映画。

それでいいんじゃないだろうか。
それは、実は、かっこいいんだぜと、自分たちがまず思うべきじゃないだろうか。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:19| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

はみだしものの吹き溜まり

はみだしものは、必ずいる。
どんなに社会が成熟したとしても、社会保障が全てを救えるわけではない。
例えば、一見、裕福で自由でなんだって手に出来る少年の心がはみだすことだってあるのだから。

おいらが青少年の頃、そんなはみだしものたちが、向かう場所なんて限られていたと思う。
暴走族、ゲームセンター、ライブハウス。
当時のライブハウスは、なんというか、悪そうなやつがたくさんいた。
夏だろうが、上から下まで真っ黒な服を着て、サングラスをかけて。
近寄りがたい雰囲気をぷんぷん漂わせていたし、実際に喧嘩だって目にすることがあった。

おいらより上の世代の、小劇場俳優に聞くと、演劇畑もそういう所があったらしい。
元族の役者なんて、山のようにいたみたいだ。
確かに一種異様な雰囲気を持った役者って、先輩の中にたくさんいた。
大学の演劇サークル出身の劇団が増えると、それは減っていったと聞いた。

こんな風に書くと、なんというか、はみだしものたちの吹き溜まりのように思えるかもしれない。
でも、その吹き溜まりだったことは、たぶん、否定できない。
逆に言えば、そんなはみだしものたちが、演劇や、ロックンロールを通して、生き方を学ぶという自浄作用さえあった。
そこで知り合った仲間と、実際に仕事を始めたり、音楽や演劇のために始めた仕事が本職になった人も多い。
そういう中で、演劇や音楽を続ける人間が残っていく。

今、ライブハウスは、想像以上にクリーンな場所になった。
おいらがバンドを始めた頃には既に、そういう雰囲気が漂っていた。
バンドマンたちはお洒落だし、喧嘩なんかしたらすぐに骨折してしまいそうな華奢なバンドマンも多かった。
吹き溜まりではすでになくなっていて、とてもシンプルに音楽に向かっている子たちが多かった。
もちろん、それは悪い事でも何でもない。

その頃から、アウトローたちが集まる場所は、クラブに移動していた。
はみだしものたちが消えてしまったわけではない。
不思議なもので、アウトローたちが集まりだしたとたんに、そこは魅力的になって行く。
ロックンロールはどこか古臭くなって、クラブミュージックこそ、かっこよいと思われるようになる。
はみだしものだけが持っている、かっこよさっていうがあって、若いほど、そのかっこよさに敏感になる。

それは、コンプレックスと、それに立ち向かう姿勢だ。
自分がはみ出し者で、でもそこから抜け出したくて、必死にもがいて戦い続ける。
青いかもしれないけれど、それがただの表現から、そして本質の表出に繋げていく。
愛だの恋だの友情だのと、歯の浮くようなことをやってるその向こうで。
自分のいる場所が見つからない連中が、生きる場所を探している姿は、余りにもリアルだ。
アウトローにしかもちえない魅力は、今も、続いている。

なんというか。
若いときはそれだけで、持つけれど。
ある一定の年齢を超えると、それだけでは済まなくなる。
若さだけが持つ特権的なパワーを失った瞬間に、自分が問われていく。
コンプレックスと、芸は、実はなんの関係もないのだと気付く。
表現は、全てを表すけれど、それを支える芸はとても地味で地道なことなのだから。

面白いのは、そのまま続けていくと。
35歳を過ぎたあたりから、もう一度、はみだしものの雰囲気をまとう事だ。
音楽も演劇もダンスも、或いは、他の分野でも。
あ、社会にうまく適合できてないぞ?という空気が、35歳を過ぎると出てくる。
すでに若さだけで、そのゴリゴリとした空気を出すようなことはないし。
そこをテーマに表現をすることはないのだけれど。
存在そのものが、社会適合していないのだから。

それは続けた者だけがまとうことが出来る、空気。

お金を出したって、買えない経験。

それを、自覚してるのかな。
ちゃんと、おいらは、社会から見た自分たちへの視線を、理解できているのかな?
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 08:34| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする