2018年07月17日

ここで野垂れ死ぬのか、それとも生きるのか、自分で決めな!

ura_iromihon.jpg
チラシの裏面。下の白い部分が、言わゆる白帯の部分。
ここが、映画館によって変わったり、あるいは真っ白のままで映画館のハンコが押される。
いくつもの上映館が決まっている場合は、白帯のままの方が多いのだろうか?
映画館のポスターをみても、基本的に上映情報は書かれていない。
ラベルシールが貼られていて、そこに上映日や映画館の名前が記載されている。
常設してあるポスターを貼る場所には、大抵、掲示板そのものに映画館名が記載されていたりする。

赤字に白のタイトルロゴ。
表面と対象にしてある。
赤字は膨張色。暖色。血肉の色。
仮チラシは舞台と兼用だったけれど、映画単独では、ロゴイメージを裏面にそのまま反映させた。

昔、自分が映画のチラシが好きで、舞台のチラシの参考に集めていた時期は、ほぼ裏面は白黒だった。
マイナーな映画や、単館の外国映画、名画座のチラシなんかは入手しづらくて、わざわざ取りに行った記憶がある。
あの頃は大抵が裏面は単色で、それぞれに工夫がされていた。
何人もの推薦文がみっちり書かれているようなチラシもあって、読み物としても面白かった。
理由は多分シンプルで、データ入稿になり印刷技術が向上して、実は裏面カラーでも値段がさして変わらなくなった。
今回頼んだ印刷屋さんも、同じ枚数を表4色裏1色と、表4色裏1色で、値段が同じだった。
昔は両面カラーなんて、かなり贅沢な挑戦だったけれど、今は変わらない。
さすがに片面印刷であれば、少し安くなるけれど、チラシで片面というのは少ない。

プロデューサーからもらったサンプルのチラシと、自分で集めたりしたチラシとの情報を見て。
今のトレンドは、裏面に、実際の映像を切り出した画像と、あらすじ、そしてキャプションで構成されていた。
キャプションは客観的な視点による、映画の見所の紹介。
今、映画館でチラシを手にすれば、ほとんどがこの形式で、それを工夫して並べている。
縦書きだったり、横書きだったり、映画に見合ったデザインにしている。
カラーになった分、ビジュアル面でのデザインや映画イメージが重要になった。
逆に言えば、文字情報が多くても、それほど読んでもらえなくなったのかもしれない。
何故かと言えば、詳しい情報は、スマフォやPC経由で、WEBでの確認が中心になったからだ。
文字情報をチラシにみっちり書いて読まれないよりも、WEBやSNSに誘導した方が良いという事。

よくあるキャプションは・・・。
○○という映画を撮影し大絶賛を受けた○○監督の最新作は・・・から始まって。
出演は、○○で大好評だった今もっとも注目されている○○とか。
原作は、コアなファンを持ち、今も大人気の○○。
●●年の歳月をかけ、ついに完成した。
みたいな、とても本人だったら恥ずかしくて書けないほど、作品を持ち上げまくっているやつだ。
本当に信じられないほど、殆どの作品が有名無名に関わらず同じようなことを書いている。
大絶賛されていようがいまいが、注目されていようがいまいが、コアなファンがいるいないに関わらずだ。
掲載しなくてはいけない情報がいくつかあって、それをキャプションとして一つの文章にまとめると似てしまうのかもしれない。
実は書いているのは全部同じライターさんなんじゃないか?って思うような文章。
限られた文字数の中で、情報を詰め込んでいるのだから仕方ないと言えば仕方ないけれど。

「セブンガールズ」は、おかげさまで、そういう冠情報があまりない。
あっても、監督の連載していた漫画「かぶく者」や「泣きめし今日子」なんだけれど、それも書かれていない。
シンプルにこの映画を人に薦めるなら・・・という視点だけの文章になっている。
ちょっと、面白い映画が出来ちゃってるぜって言う文章は、意外に少ない。
これが、面白いものを探している人、面白い映画を探している層に届けばなぁ・・と思っている。
昔のマイナー映画で、シベリア超特急というシリーズがあったのだけれど。
文芸坐だか名画座でチラシを手にした時は驚いたんだよなぁ。
やけにエキセントリックで、書かれている文章も興味深いもので、確か4コマ漫画が描かれていた記憶がある。
白黒印刷の中で、工夫に工夫を重ねすぎちゃったみたいなのだった。
あれは、確実にファンを増やしていったはずだなぁ。
それほど、かっこつけていないのも、またとってもかっこよかった。
今回書かれた文章は、こういう感じで!と思っていた物にとても近くて、必要な情報もあって、とっても気に入っている。
あ、なんか、面白そうだぞ。と感じてもらえるようなワクワクした内容になっている。

そして、あらすじ、キャプション、それぞれの表題には、劇中のセリフをピックアップしてある。
それ以外に大枠組みでもキャッチのように、セリフを一つ。
全部で、劇中のセリフを3つ配置してある。
実はセリフは本当に数え上げたらきりがないほど、素晴らしいセリフが多い。
演じている役者はひょっとしたら気付いていないんじゃないかって言うセリフもある。
その中からむしろ、消去法で選んでいった。
例えば関西弁のセリフは、やっぱりこういう場所には似合わないかもなぁと外したりもした。
関西が舞台の映画に見えてしまうというだけで、消去法で消えていった。
PVの「パンパン小屋の女たち」は、名台詞集のようなもので、最後に浮かび上がるテロップもそうだったりする。
消去法で選択しながら、結果的に、ダブルミーニングになるようなセリフのピックアップになった。

「ここで野垂れ死ぬのか、それとも生きるのか、自分で決めな!」

大枠で選んだセリフは、映画の中の登場人物たちのことでもありながら。
とてつもない山を登ることを選択した自分たちのことでもある。
自分で決めて、自分たちで映画を製作していくその覚悟でもある。
他の二つも同じように、製作した自分たちと、パンパン小屋の女たちの、両方にかかったセリフだ。
偶然そうなったわけじゃないはずだ。
監督がシナリオを書いている中で、意図的に仕掛けてあるセリフだ。

このセリフは刺さるなぁと、おいらは思っている。
逆を言えば、このセリフが刺さらない人には、セブンガールズの本当の良さなんかわかるのかよ!とさえ思う。
作家が魂を込めて、何度も書き直して、産み出したセリフほど力強く深い意味を内包しているものはない。
まぁ、それは言い過ぎとしても、このセリフで、ピンとくる人は絶対にいると思っている。

経済的に恵まれていて、先進国の仲間入りを果たしている現代の日本。
スラムと呼ばれる地帯が、もっとも少ない国と言われている日本。
そこでは、中々、こういう最低の場所からの作品は生まれづらい。
是枝監督が、そういう作品を製作して、カンヌを受賞したのも、何かの時代の風潮なのかもしれない。
一見の感じは豊かでも、どこかで差が生まれて、精神的な貧しさに苦しんでいる人も生まれている。
心のどこかに、穴が空いているような、そんな感覚を抱えている人は少なくないはずだ。
彼ら彼女らも、今、平和な時代を戦っている。
きっと、そんな人の心に、ストンと刺さる、そういうセリフをチョイス出来ているはずだと思っている。

今年の邦画は豊作だ。
そういわれる作品群の一つになれたらなぁ。
セブンガールズは、充分その可能性がある映画だと信じている。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:41| Comment(0) | 映画公開への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

戦争が終わってから、女たちは戦った

omote_iromion.jpg
試写会から初の皆との顔合わせ。
チラシの残り枚数を確認して、優先順位的に配布先予定を組むつもりが、まさかのチラシ残数100枚以下・・・。
かなり落ち込む。
先週、確認した枚数と、全然ずれていた・・・。
なんとか、監督や役者の手持ち分だけ、配布できたけれど、街中での宣伝計画などは持ち越し。
増刷を頼んだとしても・・・2週間遅れてしまう・・・。
う~ん。何がずれたのか、結局わからないけれど。
万という単位で印刷して、千という単位で用意していたはずなのに。
宣伝できるところがあればどこでもしたいけれど、当然、優先順位というものがある。
どこから宣伝していって、足りないなら増刷などなど、勢いに任せるのではなくある程度のコントロール。
そこが出来ていないという自分がとっても腹立たしい。
肝心な宣伝したい場所が後回しになってしまうような計画性では駄目だ。
こういうところが、自分のダメなところなんだ。

写真は、本チラシの表面。
仮チラシも、本ポスターも、メインビジュアルはこれに決まった。
何人が気付くかはわからないけれど、タイトル「セブンガールズ」なのに8人の女たち。
気付いた人には、作品を観てから大きな意図だとわかるようになっている。
白地に赤いロゴ。
純白とすこしだけ濃い赤。
全てに意味と意図が込められている。
この8人の女たちが、セブンガールズと呼ばれるようになる。
それが、この作品だ。

キャッチコピーが、本チラシの上部に。
「戦争が終わってから、女たちは戦った」
考えて、考えて、それでも足りないぐらい絞り出して。
シナリオから、セリフの抽出もして。
キャッチコピーの候補のリストを作成して、その中から選ばれた。
ひねり出されたキャッチコピーは全てに愛着があるけれど。
その中でも、一番、作品がストレートに伝わるキャッチになった。
「戦争」という強いワードが、最初にあるのも、大きな理由になった。

舞台のチラシだと、様々な慣例というものがある。
例えば、タイトルと劇団名を上部に記載するのが慣例だ。
宣伝場所が折込やラックが多いから、上部にタイトルがある方がキャッチーなのだ。
映画のチラシは平置きが多く、ラックも上部だけが出ているものは余り見かけないからそういう慣例はない。
それに、舞台のチラシは表面に、劇場名と日程を絶対に記載しなさいと言われる。
表はビジュアルで、裏は情報と割り切った方が実は個人的に好きなのだけれど、まず必ず言われる。
けれど、映画のチラシは、日程も劇場名も、どこにも掲載しない。
裏面下部にある白帯と呼ばれる部分に、後から印刷したり、ハンコを押したりする。
演劇と違って、様々な劇場で上映する可能性がある映画は、本チラシに、日程も劇場も掲載しない。
だから、映画のチラシの方が演劇よりもよりビジュアル的に優れているし、コレクターが多い。
映画のチラシを額縁に入れて飾るような喫茶店が存在するのは、こういう情報が少ない部分にもあるかもしれない。

少し悩んだけれど、本チラシのどこにも劇団のロゴは記載していない。
それは、映画を劇団の宣伝にしてはいけないという明確な意思でもある。
映画は映画で大成功を願っているわけで。
もちろん、映画で劇団に興味を持ってくださる方がいれば、自分で調べたり、リンクを辿ってくださる。
情報を押し売りするのではなくて、最低限の情報の開示の方が良いからだ。
自分で調べて辿り着いてくださった方は、きっと本当に足を運んでくださる。
興味がない方はそもそもロゴなんて意味がない。
そういうことだ。
もちろん、舞台にだって来て欲しいけれど、別のモノなのだから。

恐らく、役者たちもいつもとは少し感触が変わってくる。
舞台やるんですとチラシを手渡すことと。
映画に出ているんですとチラシを手渡すこと。
ニュアンスが少し違ってくるはずで。
いつもより、より多く配ることが出来るかもしれない。
10月に連続で、舞台の公演も控えているから、舞台のチラシも配るようになる前にある程度配布出来たら。

この本チラシ。
上映館のK’sシネマでは、すでに配られているそうです。
実は、今朝、こっそりK’sシネマで映画を観てやろうと出かけたのだけれど。
電車の中で観ようと思っていた作品が満席になったことを知り、Uターンで戻ってきた。
新宿で暇をつぶして他の作品を観ることも考えたけど・・・。
さすがに、それは時間の無駄になりそうだなと断念。
まだまだこれから新宿には行くことになる。
ちなみに試写会をやったユーロライブにもあるはずです。
他にもみかけたら、ぜひ、教えてくださいませ。

色々な人が手に取ってくださったらいいなぁ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 17:01| Comment(0) | 映画公開への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

今日より明日

一気に集中してみるも。
耳の限界。本日ここまで。
まぁ、自分なりにあの辺までってとこは越えている。
けれど、これでいいのかなぁという疑問も・・・。
まぁ、まだこれからだ。
1~2周はしないといけない。

稽古前日だ。
試写会を終えて初の稽古。
決起会をして、それから初めて皆と顔を合わせる。
映画を観て感動して、舞台挨拶をして感動して、決起会で笑いあった。
あれから、初めて顔を合わせる。
それぞれ、この映画についてきっと考え方が変わったり熟成されていると思う。
稽古にも熱が入り始める頃だ。

この3連休。
今日より明日。
明日より明後日。
どんどん気温が上がっていくのだという。
今日、外を歩いただけで、汗だくになったのに。
明日はどんなふうになってしまうのだろう。
稽古場は、どんな熱気を孕んでいるだろう。

朝一で作業の続きをやればいい。
もう耳が無理なら。
ヘッドフォンは、想像以上にいストレスがかかる。
稽古までに一周目が終わるといいのだけれど。

正直、不安だってあった。
人に観てもらう直前まで。
もちろん自信だってあるし、希望だってある。
けれど、ディティールまで含めて、ここは成立するか?とか細かい部分まで含めて。
色々なことを考えてしまう。
クラウドファンディングで支援してくださった皆様だからホームの環境なのにも関わらず。
支援してくださった方々が、ガッカリしないように、そう思っていたって。
実際にどんな反応になるかなんてわからない。
まして、映画でも、興行は水物で、日によって反応は変わるという。
自分がそうなのだから、きっと監督なんかもっとだったはずだ。
大丈夫といくら自分に言い聞かせたって、自然と緊張していく。

その緊張が解けた。
そして、次にやることが見えた。
作品を共有する人が増えた。
役者たちも、映画になったセブンガールズを知った。

明日はどんな日になるかな?
暑い日になることは間違いないけれど。

皆の中にある熱量を、しっかりと、感じてみたい。
一週間経過して、どういう感じだろうなぁ?
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 05:06| Comment(0) | 映画公開への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする