2017年02月21日

達成から一年

2016年2月21日
前の週に舞台「声はきこえているか」の公演を終えて、翌週の稽古場だった。
その日は舞台の反省会で、先のチームの反省会の最中だった。
徐々にメンバーが全員集まりかけていて、翌日が最終日を迎えることに皆がそわそわしていた。
2015年12月25日に始まったクラウドファンディングの最終日を翌日に控えていたのだ。
最終週、毎日のように驚くほどのご支援が集まり、うなぎ上りに、達成まで支援金が上昇していた。
そして、その反省会の最中に、達成したとのメッセージがおいらに届いたのである。
おいらは、そこにいた皆の前で。
「おめでとうございます。セブンガールズ映画化決定です!」
そう、伝えたのです。
・・・劇団始まって以来じゃないかと思うほどの、歓声と喜びが稽古場に溢れかえったのを今でも思い出す。
おいらと監督だけは、淡々と、さあ、大変だぜ・・・という苦笑いをしていたのでした。

2017年2月21日
あれからあっという間に1年の日が過ぎた。
あの達成した次の日の締め日も、支援は増え続けて、〆切と同時に、おいらはこの企画を推し進めてきた。
実際の映画撮影に動き始めてから、1年という事なのだなぁ。
実際、翌日からもうロケハンに向けて動き始めていたのだから。
自分でやろうと言い出して、クラウドファンディングを始めたわけだし。
たくさんの支援してくださった皆様への恩返しもあるわけだし。
その責任を全部背負ってやるわいと、あの日に思ったのだけれど。
もちろん、それを降ろすようなことは一瞬もしていないけれど。
結局、たくさんのたくさんの人の力をお借りして、なんとかなんとか、ここに辿り着いたなぁという思いがある。

同じ2月3周目の稽古の昨日は、稽古場でのレコーディングだもんな。
たった1年で、変われば変わるものだ。
あの日から1年だねぇなんて、誰も口にしなかったから気づいてないんだなぁなんて思ってた。
たったの1年だ。
たったのだけど、ものすごい1年だ。

アフレコを終えて、無事、朝にはデータを送ることが出来たのに。
さっき、連絡が入って、データリンクがうまくいっていないという。
おかげさまで、再度書き出して、今、アップロード中。
KORNさんの仕事の速さは熟知しているけれど、出展に間に合うかギリギリだのに。くそぉ・・・。
ラフミックス版を頂いて、それを映像に合わせて書き出してから納品しなくちゃいけない。
そう考えれば22日の夜には受領したいのだ。

そんな締め日に音楽監督が立ち会えたらという話も一度出たのだけれど。
くっそぉ!おいらに車と免許があれば行くのだけれど。
もちろん、完パケ版じゃないけれど、せっかく海外映画祭に出すのだから少しでもクオリティを上げたいのだ。
他の手段がないかじたばたしつつ、考えている。
恐らくは難しいか。

加藤Pからは、海外に出展する際の添付する情報のテンプレートが来た。
キャッチコピーや、あらすじなんかを添付するのだ。
もちろん、そのまま使用するわけじゃなくて、編集して英訳してつけることになる。
監督に相談したら、明日やってみるとのことで、なんとか収まった。
文面が変わっちゃうし、おいらがやっても良いと伝えたけれど、そこは監督がやってくれるなら最高だ。
そういえば、テンプレートにDCPの形式があった。
ちょっと感動してしまった。
23日に納品する版を更に良いものに出来たらと思うばかりだ。

不思議なめぐりあわせだけれど。
2016年同様。
2017年も、2月23日から、更に新しい動きが始まるという事だろうか。
まぁ、もう始まっているのだけれど。
去年の今日と同じように、締め日に向かって、おいらは頑張っている。
クラウドファンディングというネットの世界から、実際の映画製作に広がったように。
今度は映画製作から、海外への発表に広げようとしている。

去年の歓喜の瞬間をもう一度見たいなぁと、本気で思っている。
それが出来ないわけがないと、本気で信じている。
いつかは、夢だったことが現実になる瞬間をおいらたちは確かに過ごしてきたのだから。
それがどんな歓喜になるのかもわからないけれど。

まだまだやれることは残っている。
少しでも少しでも先に進むために。

あの日を、もっともっと、たくさん迎えるために。
続きを読む
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:47| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

アフレコ

モバイルスタジオ史上、最重量。
スタジオ機材一式、インターフェース、シナリオ4部、ヘッドフォン2つ。
かなり頑丈に出来ているバッグとは言え、心配この上ない。
それを抱えて、稽古場に辿り着く。

時間と同時に稽古場に飛び込んで、スタジオを作る。
頭の中でスタジオ設計は済ませておいた。
まず、稽古場の6畳足らずの部屋の、ロッカーなどを撤去する。
音が溜まりそうな空間の少し手前に大き目の布を画鋲でぶらさげる。
ぴっちりではなく、まるで砂漠の遊牧民のテントのようにだらりとだ。
そこを起点に壁を覆っていく。
3畳ぐらいの毛布で囲ったブースを設置していく。

ある程度、おいらの設計がメンバーに伝わったところで、今度はコンソール部分の設置。
机になるラックを並べて、まずPCの位置を定める。
そこから監督用モニタを接続、コントローラーを接続、インターフェースを接続。
PCから、演者用のHDMIを伸ばして、持ってきてもらった液晶に接続する。
インターフェースからは、マイクを接続。ラインアウトから稽古場のステレオの外部入力に接続。
ヘッドフォンアウトには二股をかまして、2つのヘッドフォンを接続。
ステレオは、いつでも音が出せる状態にして、そこに劇団員の持ってきた役者用ヘッドフォンを接続。
マイクスタンドにマイクを設置して、譜面台に台本をセット。
そこから電源を入れて、演者用セットを、ブースに移動。
マルチモニタ環境で、かつ、毛布ブースの中に、映像も音声もマイクも送りこめた。
見た目は手作り感が満載だけど、機材的にも音響学的にも、想像以上に優秀。
反響音もほぼ殺し切った。
簡易スタジオだけれど、完全にレコーディングスタジオのそれになっていた。
スタジオを知る織田氏は、小野寺、これ、すごいわ。よく考えたわとお褒めの言葉。

監督到着前にマイクのチェック、録音レベルのチェック。
時間が限られているメンバーから、録音していく。
監督到着と同時に、ヨーイドンで、どんどん録音していく。
その数、約200のファイルだった。
もちろん、複数テイクのセリフもあるし、「え?」なんかの一言も含めてだ。
それにしても、まぁ、よくそれだけ録音したものだ。

優先順位的に、元々アフレコ前提のシーンから録音していく。
役者から、「これ、画面見るんですか?台本観るんですか?」なんて面白い質問も。
いや、セリフ覚えて画面見て!って監督のセリフに思わず笑ってしまう。
アフレコもアテレコも、やったことなんかない役者たちなんだから。
実はちょっとずれたところでスピードが同じならこっちでタイミングをずらせるから心配ない。
それでも、口や体の動きに合わせないとって、必死になっている。

シーンによっては、役者にまずそのシーン全体を見せてからの収録も出来た。
キャラクターを思い出すために、別のシーンを観てもらって、この雰囲気でやってとかも出来た。
でも、それは、ほんの数シーンだけだった。
こればかりは、本当に申し訳ない・・・。
おいらは、役者だから役者の気持ちがわかる。
本来なら前後のシーンも含めて、芝居を見てから、録音に挑みたいはずだ。
ここは、こういう感情を入れてセリフを言わないと…という準備をするには前後が関係するからだ。
でも、時間の制約があるから、中々、全部そういうわけにはいかなかった。

おいら自身の収録もしなくてはいけなかった。
織田氏に操作を教えながらの収録。
レコーディングエンジニアと役者の切り替えがなかなか出来ない。
芝居に集中したくても出来ないタイミングもあったけど。
なんとか乗り切った。
集中していくぞと思った瞬間に、小野寺!パソコン変になったぁ~!って言われた時はそのままラリアットしそうになったけど。
かといって、結局、頼れるのはこいつだけだ。

もっと申し訳なかったのは、殆どの役者が、待ち時間との戦いだったことだ。
録音できるのは一人。
全員一緒に入ってどんどん出来るわけじゃない。
まぁ、大人数を入れたり3人4人入れて、一人ずつ声をもらったりもしたけれど。
それでも、この登場人物数の物語じゃ、当然、待っている人の方が多いのだ。
中には、来てもらって、待ってもらって、結局、なんの録音もなかったメンバーもいる。
本当、申し訳なくて、合わす顔がないよ。
頑張ったのだけれど、最後まで行かなかった。
優先順に、録音していくしかなかったよ。
せっかく来たのに、映像すら確認できなかったんだもんね。何人かは。

MAのKORNさんのプロのマイキングは難しいけれど。
そしてやっぱり、質感が少しずれている場合もあったけれど。
おいらのやれる範囲の収録はしたつもりだ。
監督にも、チェックは入れてもらった。
むしろ現場では、少し部屋なりがあったから、アフレコ部分には少しだけリバーブをかけないといけないかもしれないけど。
基本的には素直でクリアな音声を収録できたはずだ。
さっき、確認したら、マイクチェックの時から、結局興奮して、大声出してる箇所があったけど。
まぁ、そこは今度直せばいいだろう。

…っていうか、監督。
アフレコでセリフ変えてたのは、どういうつもりだ?
あれほど、字幕製作の〆切が過ぎていると説明したのに。
なぜ、今日になって、あっさりセリフを変えるとか言えるんだ?
怒られないか、なんというか、冷や冷やするんですけれど・・・。
まぁ、日本語のセリフと英訳が全然違う意味なんて言うのはよくあるこどなんだろうけれど…。
そして、まだまだ映画をよくしようとクリエイションしているのだから、おいらも、あまり強く言えない。そこは。
基本的には監督がやりたいようにやってほしいのが第一だ。
なんの制約もなく、監督の創りたいものになってほしい。
だから、ここ、セリフ変えたいとか出てきたときは、結局、やっちゃいましょうになっちゃう。

ダッシュでそのまま帰宅して、データの整理。
RECの設定なのか、Premiereで録音するとそうなのか、なぜかモノラル音がステレオデータに収録されている。
でもLにしか音源が入ってないからアフレコ音源はすべて左に寄ってしまっている。
録音中に気づいたけど、もう調べる時間も惜しいから帰宅して、全部直した。
一つずつモノラルに切り離して、張りなおしていく。
ここにきて、地道だなぁと思いながら、口とのタイミングが合ってなければコマ送りで合わせていく。
しかも、今日の音声を全て差し替えてから、書き出しをして圧縮をして、その上、明日の朝データ転送を約束している。
間に合うのかよ!と叫びながら稽古場から直帰してさっきまで踏ん張って。
実は、今、無事アップロード中。
なんとか、約束は守れそうな気配。
エラーが出なければだけれども。

役者たちは今、アフレコを体験して、どんなことを思っているかな。
役者たちは今、少しとは言え初めて目にした映像を、どんなふうに思っているかな。
すでにそこに、映画らしきものがあって、自分がその中に生きていることを。
帰宅してからどんなふうにかみしめているだろう?

もうすぐアップロードも70%。
このまま寝ちゃうか、終わるのを待つか。
ここまでくれば同じだけど。
まぁ、今は興奮気味で、どっと疲れるのも目に見えている。

録音できなかった部分をどうするのか。
まさかの来週延長なのか。
そこは、熟考しよう。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:19| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

アフレコ前夜

編集に伴って変更があったので修正したシナリオがある。
字幕製作に提出しているシナリオだから、これが変更する可能性は限りなく低い。
これをまずプリントアウトする。
監督用、エディター用、俳優用、予備の4部。
そのうちの一部と蛍光ペンを用意して、PCとテレビを繋げる。

テレビのスピーカで、再度モニタする。
PCのスピーカよりも更に、音質が悪い。
オーディオインターフェース経由のヘッドフォンで聴いた後だと余りにも貧弱な音声。
その状況下で、どの程度セリフが聴こえないか、ダメか、チェックしていく。
ヘッドフォンなら聞こえるけれど、一番貧弱なスピーカで確認しようと思った。
どこをアフレコするのか、全て書き出しておくだけで、アフレコがスムーズになる。
優先順位は、ない音声から、修正、ノイズで、演出的なアフレコがあるならそれは最後になる。
基本的には芝居をした時の音声を生かした方が良いというのが大抵の意見だけれど。
意外にも、監督や音楽監督は、そこまで気にしていない様子だった。
スムーズに進めばいいなぁと思うけれど、どこまで行けるかの勝負になる。

一巡終わって、主なシーンを、今度はインターフェース経由のヘッドフォンで確認していく。
やはり、テレビのスピーカと比べて、確実に聞こえなかった部分が聴こえてくる。
そして、ノイズが乗った音は、ヘッドフォンを通してしか聞こえない。
テレビでは普通の声だったのに、ヘッドフォンだと、ザラザラだったり、他の音が乗っていたりする。
両方で確認しておきたかったのはそういう事だ。
明日を越えれば、今度はいつアフレコ出来るかもわからない。

明日は本来なら頭のシーンから順番にアフレコしたいところだけれど。
時間の制約がある俳優もいる。
この俳優のアフレコだけ先に済ませて、そのあとは順番で・・・という流れになっていくだろう。
時間をみて、場合によっては若干滑舌の甘いぐらいの箇所などは、飛ばしてしまうかもしれない。
流れでわかる部分も多いから、あえて修正しない方向もある。
長時間待機してくれる俳優もいるけれど、そこに甘えるようなこともしたくない。
とにかく、映像として成立するだけの音声を優先的にまずRECするしかない。

もししっかりやれるなら。
そのシーンに登場している役者を全員ブースに呼んで。
シーンを丸々観てもらう。
その時、監督にはヘッドフォンで確認してもらう。
その中から、これとこれは、録音とピックアップして、どんどん録音する。
そんなやり方だったら、余すことなく、全ての音声収録が出来るのだけれど。
時間を思えば仕方ないか・・・。
役者に、じゃぁ、このセリフだけ、アフレコお願いと言って、その部分だけ見てもらうのもなんだか申し訳ない気持ちも。
監督は映像を確認してくれているだろうか。忙しいからアフレコ当日にと思っているかもしれない。

なぜなら、役者たちのほとんどが、未だ、編集後の映像はおろか、撮影した映像すら見たことがないのだ。
どんな映像でそれをどんなふうに編集して、それがどんな形になっているのか。
もう、想像の世界にしかないはずだ。
だから、ちゃんとシーンごと見てもらって、前のシーンとのつながりや、後ろのシーンへの受け渡しも知って。
その上でのアフレコが本当は望ましいんじゃないかという思いがある。
準備、休憩を含めれば、6~7時間しかないのだから、さすがにそこまでは厳しいだろうなぁと思う。
まぁ、役者の中には、映画館で観るまで観たくないというメンバーもいるから行って来いだけれど。

まぁ、まずはやってみるまでだ。
ブースのっ作成からになるけれど、それが早く終われば終わるほどRECする時間も増える。
殆どの俳優は待ち時間ばかりになるだろうけれど、それはそれで。
ちょっとだけ見たら、全部、観たくなっちゃうだろうなぁ・・・。

さて。
荷物をまとめて。
耳掃除をしてから眠ろう。
明日は耳の疲労が激しいのはわかりきっている。
それにしても、シナリオ4部を含めた荷物は大きそうだ。

やれるだけやろう。
順調に進むと思うな。
トラブルも含めて。
とにかく、ほんの一歩でも前に進んだ作品を海外に運ぶんだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:30| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする