2018年01月16日

プロットの隙間

監督は作家で、劇団の主宰でもある。
だから、何度かプロットと呼ばれるものを目にしてきた。

通常、役者がプロットを読む機会って余りないのかもしれない。
オファーが来るときは、すでに役が決まっていて、台本が用意されている場合が殆どだからだ。
台本があれば、プロットなんて必要じゃない。
あるとすれば、台本を用意できていない、小劇場なんかでの客演を誘われたときだろうか?
自分が、客演を誘われたときは、台本を見せて欲しいとお願いするのだけれど。
台本がなくて、プロットみたいなものを見せてもらって断ったことがある。
でも、あれも、特殊なケースだと思う。

作家は、作品を書く前にアウトラインというものを書く。
オフィスで使用している人は知らない人が多いのだけれど。
実は、MicrosoftのOfficeに入っているWORDには、アウトラインプロセッサが内蔵されている。
アウトラインというのは、つまり作品の骨格のことで、いわゆるプロットと呼ばれるものに一番近い。
監督は、漫画原作や、映像企画、そういう仕事の話でプロットをまず書くことがあって。
時々、それを見せてくれたりする。
ちなみに、舞台の台本のプロットはあまり見せてくれないけれど・・・。

プロットには、実は形式がない。
それぞれの作家が、それぞれのやり方で書く、用意したものだ。
時々、ネットで検索すると、プロットの意訳が「あらすじ」なんて出てくるけれど、それは間違い。
あらすじはあくまでも、あらすじだし、章を立ててないのだとすれば、アウトラインにすらならない。
いわゆる、作品の設計図のことで、あらすじだけでは、作品はまとまりがないものになりかねない。
ネタバレや設定も含んだものじゃないと、プロットにならない。

書き方なんか自由だし、決まったものなんかないけれど、大体、こんな感じというのはある。
作品のテーマ、登場人物のプロファイル、物語の展開、設定と裏設定、章に分けたあらすじ、雑記。
大体、このぐらいのことが、簡潔に書かれたものだ。
全部の人もいるし、この中のいくつかの人もいるし、分量もそれぞれだ。絵を描く人もいる。
登場人物設定に拘る人は、びっしりとプロファイルを書き込むし。
5~6行の説明にまとめて、あとは書きながらディティールを膨らませていく人もいる。
それがどんな物語で、どんな風に展開するのか。
書いていて、まとまりがなくなりそうになったら読んでみるような。
そんな資料になる。

おいらの一番好きな映画で「SMOKE」という作品がある。
その作品のシナリオは文庫化されて発売されているのだけれど・・・。
シナリオと原作と一緒に、「役者のためのノート」という章があった。
そこには、登場人物の説明が、散文的に書かれていて。
ああ、これは素敵なノートだなぁと感心したのを覚えている。

セブンガールズでは、それも用意した。
撮影期間が短いから、スタッフさん用に作品資料を詳細に用意しておいた。
シナリオの分量が多いという事もあった。
登場人物の設定集、10を超えるエピソード集。
そういうものをひとまとめにしたものだ。
もちろん、これはシナリオを用意した後に書かれたものなのだけれど・・・。
とてもプロットに近いものだったと思う。
舞台台本のシナリオ化だったから、そこまでプロットを用意していたわけでもないと思うのだけれど。
舞台にはなかったエピソードや設定が追加されていて、恐らく、それは監督は用意していたはずだ。

1つのプロットに、1週間以上はかかるんじゃないだろうか。
実は作品を書くよりも時間がかかるのかもしれない。
書き始めれば早い作家も、書き始める前の準備に時間がかかるなんてよくあることだ。
監督もある時期から、まだ書き始められないという期間が出来るようになった。
それは、必要な情報、テーマが見つかっていないという意味だった。
でも、そこがしっかりしているほど、作品の骨格が太くなって、作品に深みが出た。

バンドをやっていた時に、いくつもの詩を書いた。
書き始めればあっという間に書けるのだけれど。
書く前の準備に時間がかかった。
一枚の紙に、テーマを決めて、思い浮かんだワードをどんどん書いていくのだ。
「正月」がテーマなら、かがみもち、たこあげ、おとしだま・・・と、どんどん書いていく。
テーマが「夜」とか「恋愛」とか「かっこいい」とか、形のない場合だってある。
発想が飛躍するまで、単語だけではなく、文章も含めて、どんどんワードを出していく。
出し切ってから、印象に残っている言葉で、詩を書くようにしていた。
思えば、あの準備も、プロットの一つだったのかもしれない。
自分から出たとは思えないような、発想の飛躍が出ることがあって、それを待っていた。

それはある意味、作家なりの、自分の無意識に対するアプローチだ。
発想やひらめきは、決して、意識から出るものではない。
色々と考えがまとまらない時期に、それを出力してまとめていく。
まとめながら、何かが降ってくるのを待っているのかもしれない。

きっと、映画も舞台も。
そのプロットを練っている時の、隙間から生まれた何かを拾い上げていくような表現なのだと思う。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:15| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

裏のある動き

稽古日。
急ぐ必要はないし、かと言って、切り上げる必要もない。
そういう日。

自分の班では、今週も特定箇所のディティールを詰めていく。
その役が、どうしてそこにいるのか。
その時に、なんで振り向くのか。
その人に、なんで話しかけるのか?
そういう裏を創りながらディティールを探していく。

実は、役者は段取りと言って、裏を作らなくても動ける。
ここで右を向いて手を挙げてから喋って。と言われれば、それはそれで出来てしまう。
意味がなければないほど、逆にやりやすいという人もいるぐらいだ。
意味なんかない。ただ右を向きたくなっただけ。
日常でもそういう事は普通に起こりうることだ。
それに、裏があろうがなかろうが、観ている人には、それほど大きく伝わらない。
伝わることもあるけれど、そこまで大きな違いにはならない。

それでも、その段取りを段取りではなくすることも出来る。
それが、裏を作っておくという作業だ。
右を向けと言われたときに、どうして右を向くのか、理由を自分なりに探しておく。
そういう裏を創っていく作業は、演じている役が深くならないと中々出来ない。
一般的な人間であれば誰もがする動きであれば、裏を創る理由なんてないからだ。
そういう個性を持った人間が、こういう精神状態で、こういうことが起きたら、右を向くよね。
と、そこまで行ければ、裏が出来たことになる。
裏が出来れば、段取りは段取りじゃなくなり、流れになっていく。
流れになれば、不思議なもので、意識せずに動けるようにまでなっていく。
意味がないほどやりやすいという役者もいるけれど、裏があればやりやすい以前にそのままそこに存在できる。

そういう裏が作れない場合は、色々な理由がある。
根本的に台本に問題がある場合もあるし、役者の想像力の欠如もある。
無意識的な癖が邪魔をすることもあるし、固定概念が邪魔をすることもある。
シンプルに、まだその役を掴みきっていない場合は、裏なんかは、中々作れない。
舞台の演出家はそこまで役者と一緒にやる場合も多いけれど。
映像の現場に行くと、そこは役者の仕事でしょ?と言われてしまったりもする。
監督の場合は、最低限のラインまでは役者が作ってこないと演出にならないとはっきりと言う。

ここは、もう、脳の中の90%が、このことしか考えてないっていう作り方でいいんじゃない?
みたいなことを自分で口にしている瞬間があって、驚いた。
これはもう段取りでもないし、目に見えるものでもないのだけれど。
そういう意識を持つことで、視線が決まったりすることがあって。
なんか、曖昧なようで具体的だけど、実は目に見えない抽象のような言葉が出てきた。
そういう言葉を自分の口から、いつから出せるようになっていたのだろう?
監督と芝居を作り続けていた経験の中で触れたことなのかもしれない。

そのまま別班の稽古に代役で参加する。
じっくりと稽古できる貴重な時間だった。
もちろん、代役と言いつつこっそり自分なりの稽古はしているのだけれど。
相手役は本役で、苦しんでいるのだから、余り余計なことは出来ない。
その苦しんでいる時間が何とも羨ましかったりする。
頭の中ではわかっていても、出来ない。
そういう苦しみにはまることは、そんなに悪い事じゃない。
課題が明確になる方が、先に進みやすいのだから。

飲み屋に向かう。
先日の撮影のこと、稽古のこと、中々稽古に入れない班のこと。
色々と話す。
全て、笑いながらだけど、それぞれが真剣だった。
自分の参加していない班についても真剣に意見を言い合う。
それこそ、20年間やり続けたことだ。
正しいのか間違っているのか、それぞれの意見なんてわからない。
でも、人の意見を聞き、自分の意見を口にすることは、とっても建設的で。
思わぬ収穫が、たくさん落ちている。
一人で考えていただけでは出てこないような収穫だ。

時間などあっという間に進む。
気付けば、2月、3月となっているだろう。
時間はあるけれど、時間は早いのだ。
のんびりはしないけれど、焦ることもしない。
そういうバランスの上に今、立っている。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:34| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

何もしなくても

役者でありながら、製作過程、編集まで関わったことで強く思ったことが幾つかある。
その中でも、もっとも重要だなと思うようなことがあって、それは自分の軸になりうることだ。

編集過程を通して、強く分かったことの一つがある。
目立とうとして、カットされてしまう役者と。
何もしなくても目立っている役者は、大きく違うという事だ。
役者やタレントは、なんとかカメラのアングルの範囲内に入ろうとする。
それはそうだ。映らないと、仕事をする意味がないのだから。
でも、その映ろうという意識は、意外に編集過程では、邪魔になる場合がある。
撮りたい絵があるし、繋ぎたい編集がある。ピックアップしたい場所がある。
そういう時に、なるべくそぎ落としてソリッドにしたくなる。
そうなると、余計なものがあるほど、カットしていく。
体の向き一つで、ああ、蛇足だなぁと思えてしまう。

でも、何もしなくても目立ってしまう役者と言うのも確実に存在する。
それは、まず、作品世界の中に生きている役者だ。
想定外に、画面の端に映っていても、なんの違和感もない。
大勢での芝居でも、なんだか芝居が立っている。
映りたくてそこに存在している役者と、画面の中で生きている役者では根本が違う。
生きているのであれば、風景としてそこにあってもおかしくない。
そしてそういう積み重ねがあると、大勢のシーンのリアクションでも説得力が出てくる。
ああ、この人、どんな反応するのかな?と目がついつい行ってしまう。

だから、何もしなくても目立つ・・・という言い方は少し違うのかもしれない。
要するに少しでもいい位置に立って目立とうとするようなことをしないということなだけだ。
キャラクターが立っていれば、自然と目につく。
もちろん、映っていなくては、どんなにそこで生きても仕方がないのだけれど・・・。
それでも、押さえで撮影しておいらカットの方が良いという場合があって。
そういうケースを並べていくと、ああ、この役者はそういうのが多いなぁと発見したりする。
想定外のカットには、こういう役者がちゃんと芝居を創ってくれてたというケースが多い。

さらっと良い仕事をしている役者って言うのがいるぞと、ハッキリわかった。
ただ、売れている役者が全員そうなのかと言ったら違うと思う。
映り方がわかっていて、上手に映り込みに行っているタレントとかもたくさんいるはずだ。
バラエティなんかを観ても、リポーターでも芸人さんでも、映りに行ってるなぁってわかる人がいる。
そして、それがあまり嫌味でもないし、むしろ、プロだなぁと感じたりする。
でも、映画やドラマはどうだろうなぁ・・・。
と思っていたら、意外に売れている俳優でも、そういうことが上手い役者もたくさんいるってわかった。
好みもあるけれど、良い悪いとかではなくて、売れている人の中にはそこの意識が強い人がたくさんいる。
いや、むしろその意識だけが猛烈に強い人もたくさんいるんだなぁとわかった。
いわゆる売れる売れないと、仕事の範囲はまったく違う話だという事なのだろうなぁ。
名前を売るという個人事業主なのだから、そこも大事だ。

ただ、そういうことを全て超えちゃっている人も絶対にいる。
そこに生きているというのとも違って。
少しでも目立とうという意識とも全然違う。
ただ、そこに立っているだけで、目が行ってしまう存在感のある人。
もちろん、共演者との比較もあるかもしれないから、相対的なものかもしれないけれど。
絵にした時に、確実に力がある場合と、そうじゃない場合がある。
こればっかりは生まれ持ったものだよという人もいる。
たとえば、圧倒的にかわいい女の子であれば、つい目が行くのだから。
でも、生まれ持ったものとは違った、存在感というのもあると思う。
修羅場をくぐった男は、なんとなく周りの男が尊敬してしまうようなことに似ている。
その人が歩くだけで、目が行く。
そういう存在感って言うのがある。
経験値であったり、精神世界という意味でちょっと違う次元に立っているような感じがあったり。
そういう事なのだと思う。

経験、稽古、思考。
それを高めれば、辿り着ける場所がある。
でも、普通じゃ多分ダメだ。
色々な視点を知って、色々な思考をして、自分に向き合えるかどうかだ。

そういう人こそ、本当の「何もしなくても」だ。
そして、それは、おいらにとって永遠の理想だ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:19| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする