2017年03月27日

整音作業リスタート

朝起きて、書き出し完了を確認してからPCをバッグに詰め込んでいく。
シャワーで無理やり目を開けてからすぐに出かける。
あの町に、あの人に、会いに行く。

ロータリーに泊まっている大きな車。
運転席を覗くと懐かしい顔がそこにあった。
思わず笑顔になる。
お久しぶりです!
そういいながら、あっという間にいつかの日に戻っている自分。
KORNさんの助手さんと、一緒に車に乗り込んで、移動する。

到着すると、記憶が少しずつ戻ってくる。
玄関には山積みになったMOTUのオーディオインターフェースがあって、その上に電動工具。
日本のどこを探しても、こんな人はいないよなぁと思う。
スタジオに入ると、あの時と同じように自作のコンソール。
ありとあらゆる部分に、自らの手を入れてある。
市販製品に劣らぬクオリティで、大きなコントローラーが組んである。

コンソールにスポンジをひいて、助手さんのMACを置く。
音声のアウトプットをモニタースピーカーに接続。
おいらが持っていった液晶モニタとも接続して、作業が始まった。

全体を観て、トラックを把握しながら整理していく。
あっという間に、その全体感を理解していく。自分なりに解釈していく。
基本となるシーンを指定すると、そこに合わせていく。
トラック整理しているなぁと思っていたのに、気付けば、整音作業に入っていた。
それまで奥にあった音が前に出てきたり、バランスがどんどん変わっていくことを耳で感じていた。
わ!と、声が出たのは、明らかに音声の質感が変わった瞬間だった。
アフレコ収録したクリアな音声が、あの時に撮影した現場の音声に間違いなく近づいたのが分かった。
思わず立ち上がって、画面をのぞき込むと、丁寧に、何をどうしたのか教えてくださる。

EQを持ち上げて、どこに何がいるのか当たりをつけてから、逆につまんでいく。
音の幅を狭くするために、子音の部分だけコンプを当てていく。
足音が鳴る前だけを少し伸ばしておく。
とにかく、細かい作業を一つしていくたびに、音声が馴染んでいくのが手に取るようにわかる。
正直、おいらがそこにいても出来ることなんかほとんどないのだけれど。
明らかに音声が混ざっていくのが、手に取るようにわかった。
すごい。

今、音楽のレコーディングといえば、当然、PCが基本だ。
デジタル化された音声データをPC上のソフトウェアで、加工していく。
今は、それが普通になったから、自分のPCで、自分で加工してしまう人がほとんどだ。
インディーズと呼ばれる世界の自主運営バンドたちは、今や自分のPCで録音から加工までしてしまうようになった。
今回お願いしたエンジニアさんは、それこそ、つまみをいじり、テープに録音した経験のある方だ。
だから、音の根本がわかっている。音とは波で、その波をどうすれば、どうなるのか把握している。
デジタルな画面でグラフィカルなイコライザーを見ながらいじるのではない。
形は違えど、ツマミをいくつか持ち上げてみてから、当たりをつけていくことを、デジタル上でもやっていた。

確実に景色が変わった。

いつまでに、この整音作業を終わらせるのか日程を伝えると、サラリと、行けますよなんていう。
おいらは、その作業に。そしてディティールまで修正していくことに。そして作品に向かう姿勢に。
あっという間に、強い信頼を覚えた。
関わる以上、ただ音をいじるのではなくて、自分の作品なのだと思えるまでやる。
きっぱりと、そう言い切っていた。

稽古だから、早めに辞する。
助手さんは残って、作業を観たいという。
一度、車で駅まで送ってくださった。
そのガレージの車の横には、釣り船が係留してある。
この船も手作りなのだという。
船を作る?
そんなこと、ありえるのだろうか。

稽古場に向かう電車の中、含み笑いが止まらない。
音がどんどん変わっていったあの感じが耳に残っていたから。

稽古をして、終わって、飲みに行くころ、連絡が来る。
ええ!この時間まで作業を続けてくださったんだ・・・。
あの集中力を維持していたんだなぁ。
今から自分のPCに、インストール大会を開催するという連絡。
用意したまましていなかったアップデートをしてみて、自分のPCで作業できるか確認してくださる。
もし、出来なかった場合は、助手さんのPCをそのまま貸し出すのだそうだ。
それは、助手さんから置いていきますと言ってくださった。
でも、自分のPCで作業できれば、コントローラー、フェダーまですべて使用できるようになる。
もし可能であればその方が良いに決まっている。

すごい。
もう、早く、次に行ける日程を探らないとと思っている。
聞きたいのだ。
その後、どうなっているか、聞きたくてうずうずしているのだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 08:25| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

テロップ作成

目覚めてすぐにテロップの製作に入る。
もちろん、今までもいくつかのテロップは貼り付けてあったけど、あれは仮だ。
なぜ、仮だったのかといえば、テロップを付けたまま色調整は出来ないからだ。
それをしてしまうと、文字にまで色調整が入ってしまう。
それも、カットごとに、調整具合が違うのだから、テロップがシーンごとに色が少しずつ変わってしまう。
なぜか、あのシーンだけテロップがオレンジがかってるなぁとか、そうなっちゃうのだ。

だから、事前に貼ってあるのは仮だった。
特にフォントも気にせずに、位置とタイミングと大きさだけを、確認してもらっていた。
それを色調整済みの映像に、同じ位置タイミングで、正式なテロップを貼り付けていく。
それぞれPhotoshopで作成し、今は文字データのままだけど、最終的に絵画データに変更する。
文字データのままだと機種依存フォントなどで、近しいフォントに変換される可能性がある。

テロップを一つ一つ、フォントを決めて貼っていく。
映像と重なる場合があるから、全てのフォントには薄くドロップシャドウをかける。
グローでもいいし、反色での枠でもいいのだけれど、字幕データが白い字に黒枠のはずだから避ける。
それと、色調整の前に外しておいたタイトルも配置する。
同じように、タイトルロゴも色調整されないように外してあったからだ。
音で決めたシビアなタイミングだから、まったく同じコマ数で配置していく。

全ての映画劇中でのカラコレ後の貼り付け後、同じようにカラコレ後に配置するいくつかのオブジェクトも配置する。
ちょっとしたマスクデータや、画像データなどだ。
もちろん、色調整された映像を再度切り出して、前回と同じ処理をして貼っていく。

それぞれが終わってから、今度は、エンドロールの製作に入った。
クレジットにはお世話になった皆様の名前を一つづつ入れていく。
古賀Pより、Photoshopで製作するのが普通ですよと言われたのでやはりPhotoshopで製作しているけれど。
印刷データなども製作しているおいらとしては、illustratorの方が、絶対にやりやすいんじゃないかと思う。
文字データなどの配置をしていくのであれば、確実にPhotoshopよりも特化しているから。
なにかいみがあるかもしれないから、とりあえず、Photoshopにしているけれど。
どこかのタイミングで、やっぱり、違うなとなれば変更するかもしれない。
結局のところ、どちらでもいいし、実はPhotoshopデータをillustratorで開くことも出来るはずだ。

最近のアニメのエンディングなどはとってもとっても派手で、名前にエフェクトを駆けたり、動かしたりする。
個人的にはそういう派手なエンディングは嫌いじゃなくて、どうするのかなぁと思っていたけれど。
なるべくシンプルにした方が良いとの監督の指示があったので、シンプルにしていく。
不思議なことだけれど、確かにオープニングに比べてエンディングはシンプルな場合が多い。
どちらも好きだし、まぁ、作成したのを監督が見て、どう思うかだけれど・・・。
まともに、スタッフロールを作ると、何度も自分の名前が出てきてしまうから、古賀Pがまとめてくださった役職がある。
ちょっと、面白いなぁと思った。
そんなことを考えたら、監督だったら、ギャグを入れかねないことに気づいて冷や冷やする。
ここは、面白いことを実は仕掛けられる場所だから、アイデアを出されかねないなぁ・・・。
まぁ、その時はその時だ。

まだスタッフロールの製作の途中だけれど、一旦作業をやめて、ビデオに配置する。
位置情報を開始位置からエンディング位置で指定すれば自動でアニメーションしていく。
想像よりも早いスピードになりそうだなぁ。
おいらがガキの頃は、映画館でスタッフロールが流れた瞬間に席を立つ人も多かったと思う。
香港映画はそれを逆手にとって、NG集を流したりしていた。
けれど、最近は、映画館でもスタッフロールが終わるまで席を立つ人も大分少なくなった。
スタッフロールの最後までが、映画なのだと、少しずつ理解されてきたのだと思う。

文字データを貼り付けた状態の映像を再度書き出す。
今日は、いつもよりも早いけれど、ここまで。
明日は午前中から整音作業で出かけなくてはいけない。
なんだったら、日常よりも早起きだ。
稽古もあるから、終わりの時間もある。
明日で、MA、整音作業の道筋が見えてくるはずだ。

テロップ作成は、すでに、DCP作成前の最終作業だ。
もう、完成はそこまで来ている。

まずは、明日だ。
明日が過ぎたら、景色が見えてくる。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:45| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

酒の席

自分に近しい人で支援いただいた方から、呑みの誘いがあった。
元々はMA周りで、時間を空けていた日だったけれどキャンセルになったから出かける。
もちろん、他の話もたくさん出たけれど、映画の話も色々と聞かれる。
楽しみにしてくださっているんだなぁと、実感する。

もう絵は出来ているし、音が出来れば、合わせていくだけだ。
だから、披露試写会を早めにしようと思えば不可能ではない。
けれど、それはやっぱり、まだ先の話になるだろう。
海外プロモーションから、国内上映について検討して、それからになるんじゃないだろうか?
聞かれたことには、もちろん、色々答えながらも。
まだあまり多くのことを口に出来ないもどかしさを感じる。
もちろん、その辺のことまで汲んで聞いていてくださったけれど。

改めて、この映画が誰のために、何のために進むのかを再確認する。

もちろん自分のためでもあるし、仲間のためでもあるし、監督のためでも、劇団のためでもある。
でもその向こうには、もっともっと、ずっとたくさんの人の思いがある。
映画に携わってくださった関係者の皆様や、支援してくださった方、家族、元劇団員、友人に至るまで。

帰宅して、PCを開こうと思っていたのに、どうしても、瞼が重い。
BLOG書かないとなぁとか、テロップの修正しなくちゃなぁという思いがあるのに。
座ることも出来ない。
別に、それほど、たくさん呑んだというつもりもないのだけれど。
長い電車で、一度寝てしまったのが良くなかったのかもしれない。

起きてから、少しして、BLOGを書いていないことに気づく。
なんというか、呑んでよかったなぁと今になって思う。
何かが足りないとすれば、そういうことなのだったかもしれない。

まだ自分が、芝居を始めたばかりのガキの頃は毎日のように飲んでいたと思う。
バンドをやっていた時も、結局、ことあるごとに酒を飲んだ。
それ以降は、結局、劇団員としかあまり呑んでいなかったように思う。
それが、ここのところ、撮影監督と飲んだり、立て続けに機会があって。
自分や身内以外の、素面ではない話が耳に入るというのは、刺激になった。

この映画に大きな期待をしてくださっている。
この映画を楽しみにしてくださっている。
仲間も、それ以外の人たちも。

ただ当たり前だけれど。
今、この映画に大きな自信を持っているのはおいらだけだ。
見たこともない映画に期待は持てても、自身なんか誰も持てないのは当然だけど。
皆、どこかで、期待の裏側に小さな不安も持っている。
どんな映画になっているのだろう?そう思いながら。

すごい映画になっているよ。
心でそう答えながら。
様々な視線を意識する。

そうやって、また、少しずつ作業を進めよう。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 17:00| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする