2018年06月17日

印刷物集中

たんたんと印刷物に集中する。
ピックアップする映像からの画像の切り出し、シナリオからのセリフ。
PVをいくつか編集していたことが幸いして、すぐに探し出せる。
それにしても、時間は限られている。
来週中には仮稿を、全て一度確認してもらいたい。
入稿までにチェックをしてもらって、直しをして・・・というスケジュールを考えればギリギリになっていく。
いや、多分、どんなスケジュールでもギリギリにはなってしまうのだけれど。
限界まで追い込む以上は。

舞台で仮チラシを折り込んだのは本当に良かった。
あれで、なんとなくイメージがわかっているから。
本チラシと本ポスターの舞台との違いは、白帯というのが、一番下の部分に入ることだ。
映画の場合、様々な映画館での上映が考えられる。
だから、最下部に白帯を入れて、そこに映画館の情報を後から加えられるようにする。
単館なら関係ないと思う人もいるかもしれないけれど、そんなことはない。
単館であれば、印刷時に映画館名も印刷してしまえばいいけれど。
その後、上映館が増えていくことなんて、よくあることなのだ。
その時に、チラシのデータがあれば、すぐに追加注文だって出来る。

仮チラシとの違いは、やはり内容になってくる。
仮チラシは、劇団の舞台で折り込むものだから、舞台の告知も一緒に印刷してある。
それどころか、舞台写真と映画の写真で、同じシーンのモノを並べた。
映画単体の本チラシに舞台の写真なんて必要がない。
映画のあらすじと、その出自を簡潔にまとめなくてはいけない。
いかに客観的になって、興味を持ってくださる人が一人でも増えるかどうか。
そこに意識を集中させていく。
まず、足を運んでくださらない事には、何も意味がない。

映像の画像を切り出す。
2Kのアメリカンビスタは、2048×1080。
映像の場合はRGBだ。3つの色を混ぜたら、白くなる。
これを切り出すと、72dpiで切り出される。
dpiというのは、ドットパーインチ、つまり1インチあたりに72ドットということになる。
これが、印刷物だとまったく通じない。
72dpiは、自らが光るモニターだからこそ通じる解像度だ。
印刷用に変換するには、通常300dpiと言われる。
そのぐらいないと、スカスカで色が薄く見えたり鮮明じゃなくなったりする。
300dpiで2048×1080だと、B5サイズ縦使いだと幅が2周りぐらい足りなくなる。
思い切って、解像度を250dpiぐらいに落とすしか、映像の切り出しを前面にすることは厳しい。
さらに、色もRGBから、CMYKに変換しなくてはいけない。
4つの色を混ぜると黒になる。
だから多少の色味の変化が起きる。
今のアプリケーションは優秀で、一瞬分からないぐらいまでになっているけれど。
素材を切り出したら、切り出したで、一つ一つ、そういう調整をしていかなくてはいけない。

本ポスターの仮稿まで済ませて、チラシのイメージを固めて素材を揃えて。
ある程度イメージ通りに並べるところまでで、限界点。
今日は流石にこれ以上は出てこない。

明日は稽古。
どうも、稽古の前に、まさかまさかの作業がありそうな気配も。
さて、どうなることやら。
特に時間の連絡も来ないままだったけれど・・・。

明日だな。
うん。明日だ。

急に涼しい日々。
今週は雨が続くようだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 05:31| Comment(0) | 映画公開への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

PV第8弾公開


ロシアW杯で観たい試合があるものの健康診断前日。
流石に寝不足で行ったら、どんな数値が出てしまうか心配。
必要な検査材料の用意が終わった時点で早めに就寝。
その就寝前に、PVの第8弾を公開する。
各SNSにて、その公開のお知らせをしていく。

朝起きて、健康診断に向かいながらチェックする。
アクセス頻度、それぞれのSNS。
たった30秒でも、編集したから愛着がある。
どのぐらいの人が観てくださっているかなぁと気になる。
もうこのシリーズの7本目。
終わりが見えるという事は、次はどうするか考えるという事。
考えるにしては、どうにも、他のことも残っているか。
なるようになる・・・というわけにもいかない。

健康診断は、いつも終わった後、なんだか具合が悪くなる。
血を抜かれたから眠いのか、バリウム検査の後の下剤で脱水症状なのか。
少しふらつきながら、何度かトイレに行き、やっと帰宅。
血の気を抜かれただけで、これだけら情けない。
とりあえず休む。仕方なし。

起きてから、作業を再開していて、あ、BLOGを忘れていたと気付く。
ネットに接続して、色々チェックがてらようやく、書き始めた次第。

昨日の就寝前に、高校時代の同級生と、何往復かのチャットをした。
映画関連の仕事をしているから、お知らせがてらだ。
今日は、高校時代の親友の命日。
そういう日に偶然だけど連絡を取っている。もう25年だ。
なんとなく、あいつがどこかから応援してくれているような気分だ。
存在を感じながら。
今もここにいる。

君は、なんて言うだろう?
そういえば、昨晩、君とあの頃に良く歌った音楽が流れていたよ。

小さな違和感。
まだ採血の時の小さな絆創膏が貼ったままだった。
はがして、捨てる。

自分は生きていることを少しだけ実感する。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 19:45| Comment(0) | 映画公開への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

着実に進んでいることだけが頼りだ

ロシアW杯開幕の日。
開催国が快勝したようだ。

デザイン作業。
悩みつつ、行きつ戻りつ。
とりあえず、今日はここまでだ。
今の時点のサンプルだけ送って終える。

自分のまったく個人的な健康診断のスケジュールを失念していた・・・。
こんなに時間がない時期に決めてしまっていたなんて、なんという不覚か。
まあ、仕方がない。

試写会招待葉書の未着の連絡がいくつか。
クラウドファンディング時から住所が変わっていた方もいる。
それだけの時間が経過しているという事だ。
郵便の転送依頼が切れていると思っていなかった方も。
これから、まだ何人か出てくるかもしれない。
予備で印刷しているハガキで対応していく。

本チラシ、本ポスター、まだ悩んでいる。
シンプルな方がいいのか、詳しいほうがいいのか。
とにかく、そっちもサンプルを早めにプロデューサーに送って確認してもらわないと。
なかなか、考えがまとまらないままだ。
つくづく健康診断の日をミスったなぁと思う。

泣いても笑っても時間は限られている。
6月は勝負なのだ!
よし!
今日はここまで!!
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:04| Comment(0) | 映画公開への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする