2018年02月06日

負けない方法

スポーツであるとか、将棋や囲碁であるとか。
勝負事というのは、勝利という目標がある。
けれど、芸事には、勝ちも負けもない。
そもそも、他の作品と比較されるために作られた作品などどこにもない。

それでも、負けたねとか、勝ったねとか、第三者から言われてしまうケースは意外に多い。
自分たちは、全然、そんなつもりはなくてもだ。

バンドをやっていた時に、対バン形式というのがあった。
有名なバンドたちがやっているようなイベントとは違う。
ライブハウスがブッキングして、色々なバンドがそれぞれの持ち時間の演奏をする。
そうすると、自然と、競い合うような空気が生まれる。
明確な勝ち負けなんかつけようがないのに、当人同士でも、勝ったなとか、口にしていた。

実は、絶対に勝つ方法というのは多分ない。
その時の体調、お客様の乗り、偶然の要素。
そういうものも関係してくる以上、絶対の公式なんかない。
会場が全て自分たちのファンで、かつ体調管理も練習も完璧だとしても。
勝率がかなり高くなるというだけで、絶対にはならない。
限りなく、そうやって100%に近づけていくことしかできない。

でも、負けない方法というのはある。
これは、どうやっても、負けることがないというやり方だ。
それは、実は、意外にシンプルで、自分たちはこうなんだ!というものをしっかりと持つだけだ。
そうなると、勝負する相手は、自分になる。
そもそも、他の何かと勝負していないのだから、負けることはない。
自分はこれをやる。
たったそれだけで、負けるという感覚はなくなる。
誰かに何かを言われても、いや、そういうことじゃないんだよ。ということになる。
まるで、戦っている相手が違うんだから、当たり前なのだけれど。

自分たちはこうなんだ!というものを持つだけか?
・・・と思うかもしれないけれど。
実は、これが何よりも難しいことでもある。
持っていたつもりでも、簡単なことで、いなくなったりもする。
そして、ある意味、バンドや劇団など、集団であれば、リーダー次第の所がある。
リーダーが、確固たる方向性を持って、引っ張っていない限り、そこまで行けない。
でも、リーダーだって人間だし、揺れるときは揺れる。
やはり、簡単ではないのだ。

監督ももちろん人間だ。
だから、揺れる時もあるし、強い時も弱い時もある。
それでも、劇団でも映画でも。
俺たちがやるならこれだろ?っていう所だけは、ぶれずに持ち続けてくれていた。
そんなのは当たり前というだろうし、それが責任だろ?って言うのだろうけれど。
どこかと比較するよりも、自分たちの中で勝負し続けてこれたのは、それがあるからで。
どこにも負けないよっていうものを、長い年月をかけて、作り上げてこれた。

今、多分、そこについて、再度考えるような時間が来ている。
自分たちが持っている、それを。
監督が持ち続けてくれたモノだけではなく。
もう一度、腹の底に持てるように。

そんな苦しみ方をしている。
負けない方法をおいらたちは、知っているからだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:07| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

製図板

新しい季節が始まると思って家を出る。
いきなり自動販売機で当たりが出る。
よし、幸先良いスタート。

稽古場に着くと、別班の稽古・・・ミーティングの時間を利用して、別作業。
頭の中で組み立てて映像にしたものを展開していくような作業。
限られた中で、どこまで出来るかの勝負。
知っていることを集めて。
図面を引くのは久々。
電気設計をしていた父は、製図板にいつも向かっていたなぁなんて思いながら。
最低限だけれど、工夫の利いた奴を。

今日も自分の班は、一人メンバーが所用にて欠席。先週とは別の役者。
代役を立てたり、やりようはあるけれど、役者からの提案で、解釈稽古。
台本の解釈を共有していく作業。
聞かれたことに、丁寧に答えるようにする。
伝わり方が間違えれば、解釈の意味がない。
自分はどうやればいいか?という言葉に、自分だけでは出来ないと思うとか。
どうしても、抽象的というか、全体感の話に進んでしまう。
微妙なバランス感覚を全員で共有して、綱渡りしながら、作品の空気が出来ていけばいい。

その後の稽古の時も、多少、作業を続けて。
途中で切り上げて、見学する。
苦しんでいる仲間を観る。
でも、本当の意味で苦しんでいるのはテクニカルな部分ではない。
作品に向かう姿勢の部分とか、根本の部分で苦しんでいるのが手に取るようにわかる。
それぞれの班で、責任もプレッシャーも違う。
良い方向に進めばいい。
今は、そういう時期というだけだ。

何かを伝える。
伝わった相手が、そのまま受け取らない場合もある。
自分に都合の良い解釈をしてしまうというのは、実は良くある話だ。
その場合は、結局、伝えているけれど、伝わっていない。
よほど注意しないと、いつの間にか、違う形になっていく。
結局、言葉なんてものは道具でしかない。
考えていること、感じていることを、そのままテレパシーで送れたら、ズレなんか生まれない。
それが出来ないから、言葉という道具を駆使する。
それでも、言葉の意味を汲み取る時に、別の形にされてしまう場合がある。
相手の目を見て、息遣いを聞いて、初めて伝わるようなことは、解釈なんてチンケなことは出来ない。

呑みに行く。
フラストレーションが溜まっている人もいる。
シンプルに酒を楽しむ人もいる。
頭の中の情報がうまく整理できていなくて、話しながら整理する人がいる。
そういう中で、何かを共有していく。
そこに、余計な解釈はない。
いや、あるのかもしれないけれど。

そこにとどまることを良しとしない。
常に変化を求めている。
それがどこに向かうかわからないとしても、変化を求める。
なんとなく進んでいくことが一番気持ちが悪い。

今日もいくつかは進んだ。
よし、来週は、どこまで進もうか?
全体を思う。
バランスを思う。

大丈夫。
幸先の良いスタートを切っている。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:16| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

立春大吉

立春。
一年の始まりだ。
正月が、月を基準とした一年の始まりとすれば、立春は太陽を基準とした一年の始まり。
ここから何かが始まるんじゃないか。
最近、そんなことを予感していて、そういう日になればなぁなんて思っている。

先日、大物芸能人が独立の発表をした。
予想通り、会見の中で触れられた恋愛の話ばかりが話題になっているけれど。
実は、もっとすごい会見なんじゃないかって思っている。
ここまでの大物が独立する記者会見をするなんてあっただろうか?
それに、独立して会社を興したけれど、その会社が、制作会社だという。
プロダクションではなくて、制作会社だという発表。
アーティストとマネージメントの関係性から考えたいという発言。
そのどれもが、これまでの俳優という仕事と、これからの俳優という仕事に境界線を創っているように見える。
この人は立ち上がったんだ!と、おいらは、思った。
どう考えても自分からあえて、いばらの道に進んだようにしか見えない。

これはきっと、一人の話ではない。
何人もの俳優たちが、これからを考えて、何かできないかと考えていて。
そういう中で、実際の行動に移す人が少しずつ現れていって。
そして、影響力の強い人が、ついに立ち上がった。
そういう事なのだと思う。
実際、その製作会社は数年前に設立されていて、すでにいくつかの舞台を制作している。
いつか、このブログで取り上げた俳優のインタビューでも、近いものを感じた。
俳優たちは、きっと、横でも縦でも、色々な人が話をしながら、良い方向について考えていたはずで。
そういう全体の雰囲気の中から、起きたことなのだと思う。
もちろん、恋愛関係の問題の公表もあっての、会見なのだろうけれど、それだけではないと感じる。

時代はすでに進んでいて、旧来のやり方では、通用しないことが増えている。
それはきっと、俳優とプロダクションの関係性においても同じはずだ。
例えば、SNSの隆盛は、様々なことを変えている。
俳優自身が、ブログを書き、Twitterでつぶやく。
不謹慎な書き込みでマイナスイメージにならないように、マネージャー管理の時代が長かったけれど。
本人かどうか?ネットの住民はすぐに気づくようになり、投稿前のチェックぐらいまで敷居が下がった。
それでも、それさえ拒否して、自分の言葉で自分の判断で発言するアーティストも増えた。
芸人やミュージシャンにはフィルターはないから、タレントもそういう方向になっていく。
中には、タレントが隠れてやっている裏アカウントを見つける人たちまでいる。
更に逆転現象が起きていて、Instagramのフォロワー数で、仕事が変わるようになっているらしい。
モデルはフォロワー数で、ギャランティまで変わることがあるとかが普通になってきた。
「芸能人」というよりも「インフルエンサー」としての価値を見られるようになっている。
そういう時代になれば、マネージメントだって大きく変わっていかなくちゃいけない。
ついに、あの事務所がネットの写真解禁!なんてニュースになっているけれど、遅すぎるぐらいだ。
そして、今まで禁止だったという事自体が、管理不能だと宣言しているようなものだ。

誰かが、こうやって売っていくというやり方は、もう見透かされてしまっている。
明らかに、セルフプロデュースの時代になっている。
今回の独立の発表は、このセルフプロデュースの流れの一つの到達点のようにも思える。
事務所にいたままだったらできないような舞台にまで立つような動きも出るかもしれない。

小劇場という世界に長くいて。
芸能界という場所にいる人とも近くにいて。
面白いなぁ、不思議だなぁと感じることもたくさんあって。
更に、その小劇場のやり方を、たくさん流用して、映画製作までした。
やりたいことをやると、女優まで電動工具を手にして、ロケ地を探し回って。
それも実は、その大きな流れの一つなんじゃないかなぁと感じる。
デジタルの革新で、映像製作のボーダーラインは大きく変わっている。
大手映画会社製作も、テレビ局製作も、制作会社製作も、自主製作も、境界が曖昧になっている。
資本の大きさだけでは、エンターテイメントの深さを測れなくなっている。
資本が大きくなっても、やれることの幅は増えるようで、小回りが利かなくなることもたくさんある。

多分、これから、どんどんそういうことが起きていく。
興行会社的考え方ではなく、クリエイター的発想が、強くなっていく。

おいらなんか、世界の端っこにいる人間だけれど。
自分をしっかりと持って、堂々とここに立っていようと思う。
有名無名関係なく、時代の流れの中で、俳優個人の意思や覚悟が大事になっていく。
創られたヒーローがなくなるわけではないけれど。

セブンガールズという映画が何かを打ち破ったら面白いのに。
こんな映画はあり得ないと、たくさんの人に言われているけれど。
限られた狭い世界でもいいから、大きな事件になったら面白いなぁと思う。

さて。
今日から、一年かけて、太陽の周りを一周する。
物凄いスピードでだ。
地球に立っているから気付かないだけで、とんでもない距離を移動している。
秒速30kmなんて、想像も出来ない。
それどころか、太陽系自体も、銀河系の中で公転しているんだから。

立春大吉。
新しいことが始まる。
始点に立っている。
何もしなくても、秒速で移動しているんだ。
立ち上がった人を見て。
自分も、強く進むと改めて誓う日にしよう。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 05:14| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする