2017年07月15日

青天井の現実

バックアップ作業を地道に続ける。
残り時間1時間半・・って出てから、記憶がない。
そのまま眠ってしまったようだ。
ただのバックアップは、待ち時間があるだけでやることがないのが困る。
100GBを越えてくると、コピーするにも、時間がかかってしょうがない。
最終的にテラバイトなんていう数字になるんだから、やれやれだ。
読み出しスピードと転送スピードと書き込みスピード。
どこか一つ弱い所があれば、スピードは減算されていく。
目覚めたら、EDITデータと現場写真データ合わせて500GBの転送が終わってた。
今晩は、カラコレデータでも転送するかな?800GBぐらいあるはずだけれど。
転送が始まってからも作業は出来るけれど、基本的にはやらないようにしている。
変なエラーだけは避けたいから。

実際に映画上映をすれば、このデータはいらなくなるのかもしれない。
でも、記録として、全ての情報を保存しておきたい。
だから、バックアップの一つを、記録として作成する。
最終的には、DCP以外の全てのデータを保存するためのものだ。

今、過去の名作を4Kデジタルリマスタリングされて上映!なんていうのもある。
あれは、過去の35mmフィルムを4Kでスキャニングして再度カラーコレクションをかけている。
もちろん、音源ももう一度、デジタル化して取り込んで、ドルビーや5.1chにマスタリングしなおしている。
だから、実際の撮影当時のフィルムや録音データというよりも、上映素材からやっているのだと思う。
凄い世の中になったものだ。
その気になれば、フルカラー版七人の侍を製作することだってできるのだ。
白黒の画像から、色データを予測するソフトもあるから、あの膨大な3時間半に及ぶフィルムを解析していけばいい。
そう考えれば、DCPが出来た時点で、データの保存なんかいらないかもなぁとも思うけれどね。
芸術家は結果が出たら材料など処分してしまうしさ。
それでも、カットしてしまったデータも音声も全て保存しておく。
いつか、どこかで、役立つ日が来る可能性だってあると思うから。

コピー可能なソフトウェアのビジネスがいかに効率が良いのかは、社会人であれば、誰もが知っている。
いわゆるコンテンツビジネスというやつだ。
小説、漫画、映像、アニメ、そういうソフトウェアは、一度完成すれば、その後、無限に広がる。
役者なんかをやっていると、その作品に思いを込めてばかりで、そういうことに気付かなくなっていくけれど。
一般社会に出れば、その凄さというのは、一般常識だ。
例えば小説というソフトウェアは、人気に火が付けば、永遠に広がっていく。
単行本で売れて、文庫本で売れて、続編が売れて、映像化されて、DVD化されて、翻訳版が出版されて。
どこまでもどこまでも、優秀なソフトウェアは、広がっていく。
最初に書いた小説から始まったわけだけれど。
それ以降は、いわゆる原価がかかっていないのと同じだからだ。

舞台という興行と映画の興行はここが圧倒的に違う。
舞台ももちろん追加公演があるし、DVD化だってあるのだけれど。
やはり、映画とは展開力が違いすぎる。
追加公演だって、キャスティングが変われば再度稽古が必要になってくるし。
再演だって、書き直し、演出しなおしになっていく。
劇場の大きさで、当然、大道具を変えたり、演出が変わったりする。
いわゆる、舞台公演はハードウェアに依存する部分が多すぎるのだ。
だからこそ、貴重ともいえるし、一回性の芸術と言われるのだろう。

映画という興行は全く違う。
一つ完成された映画があれば、それは無限にコピーされる。
そして、世界中のどこの映画館でも、上映が可能なのだ。
だから、なんだよ?と聞かれそうだけれど、少し考えればその凄さがわかる。

例えば、「SEVEN GIRLS」が特に話題になることもなく、ただ上映に向かうとすれば。
100席以下の単館映画館で、レイトショー1週間などがリアリティのある上映計画になる。
もちろん、そこから少しずつ、小規模単館映画館で上映してくれるところを渡っていくかもだけれど。
実は、その規模だと、80席と考えても、600席以下になる。
この数字は、劇団の動員から考えても、実はいつもの舞台と変わらないのだ。
もちろん、舞台に比べて映画の方がメディアが多く、話題も広がりやすいからそれだけでもメリットだけれど。
実際に作品を目にする人が、その後のDVDなどを度外視すれば、大して人数が変わらない計算になる。
そして、その可能性もかなり高い確率である。
舞台に比べて、チケット単価も安いのだから、興行としては、劇団以下の興行なのだ。

けれど、そこから考えて欲しい。
例えば、どこかの映画祭で話題になったと、上映館が150席の映画館になるかもしれない。
その上、上映期間が1週間から2週間になったとする。
更に、レイトショーだけではなく、一日4回の上映になったとする。
すると、一気に、1.5×2×4で12倍の、キャパシティーに広がるのだ。
原価が同じまま、12倍の売り上げというのは、商売をやっている人から見たら垂涎の数字だと思う。
粗利率がどんどん、青天井で上がっていくのだから。
その600席から、7200席まで一気に増えるのだ。
例えば、その上映が話題を呼び、連日満員になって、他の映画館から声がかかったとする。
20の映画館で上映されることが例えば決まったとすれば。
当初の上映計画から、240倍ものキャパシティーに広がっていくのだ。14万以上の座席数。
もちろん、平日昼間の動員などは、映画館だって苦戦しているわけだけれど。
それでも、座席数がどんどん無限に広がっていくのはイメージできると思う。
流行っている映画が、動員100万人突破!とか、興行成績うん億円突破とか、つまりそういう意味なのだ。
そして、もちろん、それは、日本国内にとどまらない。
海外映画祭で話題になれば、どこか別の国でも上映されるかもしれないし、それが同じように広がるかもしれないのだ。
DVDやネット配信などの二次制作の前段階で、一度火が付けば青天井に広がっていく。

ちなみにそれはそんなに珍しいことではない。
世界30か国以上上映の日本映画っていうのは、毎年あるのだ。
あまり、日本では報道されなかったりするけれど。
よく見ると、映画ポスターやHPに書かれていたりする。

10倍とか20倍とかの数字なら誰だってイメージできると思うけれど。
200倍とか、7000倍とか、20000倍と言われても、そんな成長率はなかなか理解しがたい。
このSEVEN GIRLSのように、大手映画会社が絡んでいない映画であれば、元が小さいだけにそういうことが起こる。
映画とはつまり、そういうビジネスなのだ。
コンテンツビジネスそのものだ。
製作費に億という金額を投入できるのも、コンテンツの持つ力を知っているからこそだ。

もちろん、大きな製作費を使って、興行で大失敗する作品だってある。
あるいは、きっと話題になると思っていたけれど、人知れず単館上映しておしまいな映画もたくさんある。

興行的な成功を目指すというよりも。
おいらは、これが続いていくような結果になってほしい。
もちろん、興行的に結局、話題にもならず単館レイトショーのみだとしても。
どこかで誰かがそれを見て、別の展開をすることもあるだろう。
ただ、たぶん、わかりやすい結果は興行なんだろうなぁ。

こんな風にビジネスの話で書けば、なんだか、きな臭くなるなぁと思ったけれど。
とっても現実感のある話だし、とっても大事なことだ。
おいらは、一人でも多くの人にこの作品を観て欲しいなぁと願っているけれど。
ただ願うのではなくて、それをするには、それがどういう意味なのか、そこまでちゃんと現実的に考えたい。
そして、この映画は、未来のためにあるのだという事も、ちゃんと忘れたくないのだ。

現実的な数字の前にいるけれど。
思っていることは、別に、夢でも何でもない。
一人でも多くの人に観てもらいたいという思いを、ちゃんと、現実で考えたい。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 14:29| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

バトン

映画には世界を平和にできる力があるんだという言葉はとてもとても重いものだ。
これを読んで、反戦映画を創ってしまうとすれば、それは少し意味が違うと思う。
恐らくそれは恋愛映画でも、エンターテイメント作品でも、その役割を全うできる。
映画文化の持つ根底の部分をきっと、話しているんだと思った。

たった一つのセリフが書けない時がある。

おいらも台本やシナリオを書いたことがあるけれど。
物語を編んでいくことは、そんなに簡単なことではない。
監督なんか、1時間で原稿用紙20枚も書いてしまう時もあるのに。
書けない時は、たった一つのセリフが出てこなくて、何日もかかったり。
せっかく、書いたのに、気にくわなくて、すべて削除してしまうことがある。
1日でも早く台本が欲しいと、おいらなんかは、急かすようにしているけれど。
急かしながら、いつも、申し訳ないなぁ。急いで急げることじゃないなぁと思っている。

面白いのは、何日も悩んで出てきたセリフと、流れで、ノリで出てきたセリフが結局は等価だという事だ。
どっちが大事でもなく、どっちの方が重いという事もなく、どちらにも同じだけ意味がある。
そのセリフが出てきた過程なんか、実は、作品にとってなんの関係もない。
これは、作曲家なんかも同じだよと、何度も聞いた。
あっさりできた曲も、苦しんで生まれた曲も、そこに価値の差はない。
更に言えば、はたから見たら、ほとんどわからないことの方が多い。
ここ、苦労したんだなぁってわかる時もあるけれど、それは少ないケースだ。
とんでもないセリフを、パッと思い浮かんだりもすることがあるのは、何度も聞いている。
それどころか、舞台本番中に、こっちに直して!と突然思いついて言われたことだってあるのだ。

じゃあ、何に苦しんでいるんだ?
なんで、ノリで、やりすごさないんだ?
という事になりそうだけれど。
そこに、やっぱり、根底がある。
黒澤監督の遺言と同じように、根底があるのだ。

その作品のテーマ。意義。意味。そして、その映画が持つべき匂い。
目には見えないし、言葉にもしないけれど、それは作品の軸として、常に流れている。
それがあるから、ノリで書ける。
軸がしっかりしていれば、いるほど、実は、書ける。
その軸の中で、登場人物の持つ役割が固まっていれば、更に、スピードが出る。
それでも、どうしても、書けない瞬間が来る。
それは、根底の部分に近寄った時だ。
軸を決めて、その周りを固めている時は、どんどん書けたとしても。
不思議なことに、そこから真に迫るほど、筆が止まることがある。
少なくても、自分はそうだ。

思えばおいらが鑑賞した黒澤監督の映画には、常に、そういうものが流れていた。
多分、そこから一歩も外れないで、創作していたはずだ。
エンターテイメント作品が何本もあるけれど、ただのチャンバラ映画ではない。
大林監督だって、ただの恋愛映画じゃなかったはずだ。
別に、テーマを前面に持ってきた社会派作品なわけではないけれど。
シナリオの最初の1文字目から、最後の1文字まで、自分の軸というものからは外れていないはずだ。

作家は多かれ少なかれ、そういうものを持っていると、思っている。
監督の持つ人間観というか、人間賛歌は、少なくてもおいらはいつも大事にしているつもりだ。

図らずもこのプロジェクトを立ち上げてから今日まで。
スタッフ的な役割をすることまで、全て覚悟して、やってきたけれど。
編集・・・エディターという作業は、役者であることと同じぐらい作品性に関わる作業だったと今更ながら思う。
その経験があるから、黒澤監督の遺言は、それまでのおいらとは違った意味で読んでいるじゃないだろうか?

全てのセリフ。全てのカット。全てのシーン。その繋ぎ。
そこに、根底がある。

それは、いつか叶うはずの、世界平和への道に繋がっているモノだ。
そのバトンを持たぬのであれば、創作をするべきではない。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:55| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

準備の準備

色々と苦労して練習しておいたのに全くならなかった・・・。
ふぅ。
今日はここまでだな。
まだまだ時間はあるのだから。
地道に構築していくことが一番だ。
毎日少しずつやる作業、じっくりと取り組む作業。
自分の中でタスクを決めないとだ。

再度、書き出しをする日が来るかもしれないし。

これまでの全てのデータのバックアップの準備もした。
撮影データ、音楽、カラコレ後の映像、字幕データ、MAデータ、スチール、編集データ。
字幕を付けた、オリジナル版完パケ、再編集版A完パケ、B完パケ。
そして、オリジナル版の字幕なし完パケも、そろそろ製作しておくか・・・。
製作データも入れられるのであれば、入れておく。
とにかく全てのデータを入れたパッケージを一つ。
そのHDDがあれば、急においらがインドに旅立ってもなんとかなる。
旅立つわけじゃないけれど。

それにしても撮影データとカラコレだけで、2TBぐらいありそうだ・・・。

カラコレ前まではPCのデータ領域で何とかやりくりできたけれど。
カラコレ後の編集は常に外部ストレージを繋げないと編集できなくなった。
映像編集のネックはやはり、データの量だ。
そう考えると、4Kなんて素材で編集している人たちに驚愕する。
撮影データだけで、どれだけの量になるか、想像しただけでも恐ろしい。
編集マシンは、仮想ファイルでなんとかなっても、データ量そのものはどうにもならない。
アップコンバートでも十分な気がするけれど。
4Kで、HDRとかだと、すごいんだろうなぁ。

時計を観ると、いつも暗算してしまう毎日。
向こうは、今、夕方の何時だなぁ・・・なんて考えてしまう。
どんな時間帯に、プログラマーたちは映像を確認するのだろう?
朝のテンションでは、中々、集中できそうにないし。
何本か見るのであれば、順番でも、審査が変わってしまいそうだけれど。
もちろん、審査をしている人は、そんなことぐらいでは揺らがない視点を持っているのだとは思う。
自分がその役割だったら・・・やっぱり、そうだからだ。
時差ってすごいなぁ。日本では深夜だけれど、今、SEVEN GIRLSを観ていてもおかしくないんだもんなぁ。
地球は丸くて、丸の上に、おいらたちは寄生している。

多分。海外に出している以上。
英語のHPを製作した方が良い。
何がどうなるかわからないし、どこかからアクセスがあるのかもしれないのだから。
それも、日本語でベーシックなものを作ってから考えようとのんびりしているけれど。

「君の名は」「シンゴジラ」「この世界の片隅に」などなど。
最近、話題になった作品のHPを観ていく。
今はもうDVDの宣伝モードに入っているから参考にならない部分もあるけれど。
なるほどなぁと思わせる部分、キャッチを一つずつみつけていく。
無意識に訴えるような、何かが必ずあるはずだから。

うまくいかないこともたくさんあるけれど。
地味な一歩でもいいから、少しずつ進め。
その先にしか未来はないのだから。

当たり前に、それをやるのだよ。やるしかないのだよ!
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:06| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする