2018年02月18日

氷上の演技

フィギュアスケートが今回のオリンピックも素晴らしかった。
いや、まだ女子もあるから過去形じゃいけないか・・・。
羽生選手には、スイッチがある。
演じている羽生選手は、違う何者かになっている。

フィギュアを観ていると、いつも、はっとするのだけれど。
次の演技は・・・とか、演じるとか、そういうアナウンスが何度も出てくること。
アスリートたちのスポーツであるはずなのに。
アスリートたちが演じるという表現で紹介されている。
氷上の演技と、評される。
プロスケーターによるアイスショーは、間違いなく演技だけれど。
オリンピックや競技フィギュアは、れっきとしたスポーツで、テクニカルな採点で結果が出る。
それでも、演じるという言葉がしっくりきているなぁと思う。
浅田真央選手や、高橋大輔選手を初めて見た時に、ああ、演じてると感じた。
確かに、スポーツ的な側面もあるけれど、確実に演技的な要素があると思う。
もちろん、全ての選手が演じていると感じるわけではないのだけれど。

「演じる」という言葉は、きっと、俳優だとか、現場にいる人ほど、難しい言葉だ。
定義が広すぎるような気もするし、俳優それぞれのスタンス次第で意味が変わってくる。
ある役者が演じているつもりでも、別の役者から観れば何も演じていないなんてこともあるってことだ。
それでも、曖昧な表現として「演じる」という言葉を使用する場面なんて殆どない。
誰もが共通認識だという前提で誰もが「演じる」という言葉を使っている。
そして、使いながら、結局、何をもって「演じる」なのか、ハッキリとしていない。

先日の深夜番組で、某ベテラン女優さんが、女優と言われたくないと発言していた。
ぶっちゃけて言えば、1~2本映画に出ただけで、女優なんて言ってる人と一緒にされたくないとまで。
まぁ、よくぞそこまでずけずけと本音を言えるなぁと感心したのだけれど、とてもよくわかった。
その女優さんにとって、演じることや、人前に立つということは、スタンスがハッキリしているのだと思う。
映画に出演すれば悩むし、苦しむし、考えるし、そして演じるわけだけれど。
そうやって演じたところで、まだ、それを生き方にまでしていないという事なのだと思う。
事実、そのベテラン女優さんは、音楽でも舞踊でも、有名無名は関係なく、認めている人と接している。
同じ表現の世界にいる人という意味で、共感を持っているのがすごくわかることで。
だからこそ、女優という言葉が、やけに軽く感じてしまうのだろうなぁと思う。

「演じる」とは、演技だけの言葉ではない。
芝居をすることが演じることだと、勘違いしがちだけど、芝居も含んでいるだけだ。
演歌、演芸、演劇、演奏、演技、演舞、演武。
つまり、芝居だけの言葉ではなくて、あらゆる「人に見せる」行為を指す。
そして、どれも、極めるほど、人の心を動かす。
他者になりきることを演じることだなんて、胸を張って口にする人もいるけれど。
そもそも、芝居だけの言葉じゃない。
どんなに他者になっていても、人の心を動かす力がなければ「演じる」とは言えない。

時に日本人は、ストイックなアスリートこそ素晴らしいという方向に行きがちだ。
パフォーマンスが見えるスポーツ選手に厳しい意見が出ることはよくあること。
けれど、高度なレベルに達すると、その境界線は曖昧になっていく。
イチロー選手がバッターボックスでいつもの動きをすれば、感動してしまう。
あれは、パフォーマンスじゃないと言われるかもしれないけれど。
いつもの動きが、積み重ねることで、パフォーマンスとして成立したものだと思う。
そして、人の心を動かしているのだとすれば、「演じる」で良いのではないだろうか。
ボクシングだって、アングルがある選手は人気になっていく。
モハメッド・アリ選手の試合や、言葉たちは、まさに「演じる」の極みなのかもしれない。
長嶋茂雄さんが、空振りが豪快に見えるように、大きめのキャップをかぶっていたなんて有名な話だ。
本当に高度なレベルというのは、ストイックに、人の心を動かすことを考える人なんじゃないだろうか。
つまり「演じる」とは、そういうことなのだと思う。

間違いなく。
「演じる」スイッチを入れていた。
花束を拾い集める少女たちさえ、手拍子してしまうほど、周囲を巻き込んでいたのだから。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:27| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

縦書き

今、少しWORDをいじっているのだけれど、どうもWORDは扱いづらい。
あんまり慣れていないから、改行ルールとか、よくわからなかったりする。
とは言え、使えなくちゃ何もできない。

ワードプロセッサは、実は、昔から触っている。
母親がタイプライター検定を持っていて、昔からタイプの仕事をしていたこともあって。
ワープロの登場で、ワープロの仕事も少ししていた。
それで、おさがりで、熱転写プリンター一体型の、東芝RUPOをもらった。
舞台を始めてすぐの頃は、このワープロを使って台本を書いたり資料を作成したりした。
ワープロは、専用機だけあって、とっても使いやすかった。
今のWORDに比べれば機能は限定されているかもしれないけれど、キーボードに機能も書かれていたし。
ルビをふりたければ、ルビボタンを押せばいいというわかりやすさはありがたかった。
殆ど、マニュアルを見ないでも、罫線を引いたり出来た。

でもその頃から、いずれ、ワープロは専用機の時代からソフトウェアになると言われていた。
まぁ、それはワープロだけじゃなくて、全ての機械的なものに言えることだけれど・・・。
ハードウェアの時代は、いずれソフトウェアの時代になると父親も言っていた。
父は、それこそ、ハードウェアの仕事をしていたから、そういうことに敏感だった。

ワープロと言えば一太郎、別に高機能じゃなくて良ければテキストエディタという時代にもなったけれど。
結局、Microsoftのofficeは、あっという間にスタンダードになった。
何と言ったって、殆どの会社のパソコンに、インストールされているのだから。
とは言え、基本的に、英語圏で作成されたソフト。
縦書きなんかはとっても弱いし、ルビを入れたり、日本語的な作業はややこしいことになった。
でも、スタンダードになってしまうと、その強さは計り知れない。
相手から届く文書もWORD形式、相手から求められるのもWORD形式。
これじゃ、WORDを使わないわけにもいかなくなった。

監督の舞台の台本は、長い期間手書きだった。
キーボードで書くのなんか、まともなもの書けると思えないと言っていた時期もあった。
それが、PCになって、WORDで書くようになったら、もう手書きなんか想像も出来ないらしい。
それまでは、書き直しになれば、消しゴムで何文字も消したり、書き直したりしていたのだから。
特に、行の挿入なんかは、圧倒的にやりやすくなる。
手書きだと行の挿入をするには、それ以降の行を一度消さなくちゃいけないのだから。
まして、まるまるシーンごとコピーして、移動させることなんかも出来る。
より、自分の思った通りの、構成をしやすくなるはずだ。
恐らく、手書きには手書きにしかない何かがあるのだろうと思うけれど。
そのメリットを越えるほど、頭の中の文章をすぐに実現できるようになったはずだ。

「セブンガールズ」の製作過程で、最初に監督にシナリオを書いてもらっていた時。
おいらは、スタッフさんに初稿をPDFに変換して送った。
WORDだと、ヴァージョン違いや、OS違いで、問題が起きるといけないと思った。
ところが、すぐに返信で、WORDでください!と連絡があった。
映像の世界のシナリオなんかは、印刷に出したりするわけだけれど。
ほとんど、WORDで作成されていると知った。

今でも、台本もシナリオも、縦書きだ。
横書きの台本なんて、お笑い芸人のネタ台本ぐらいなんじゃないだろうか?
少なくても、舞台でも映像の現場でも横書きの台本を手渡された経験がない。
印刷用のシナリオエディターとかあるのかなとも思ったけれど。
どうやら、WORD形式が一番、間違いがないようだ。
実は監督もWORDだけど、縦書きモードにして台本を書いている。

慣れないんだけれど。
WORDも、もっと使いこなせるようにならないとなぁと思う。
アウトラインプロセッサなんて、いまだに使用したことがないもんな・・・。
縦書きとか、未だに、こいつ融通が利かないなって思うけれど。
ビジネスシーンでは、ほとんど、横書きだから、やっぱり進化が遅いと思う。
行きたいところにカーソルが移動できなかったり散々だよ。

まぁ、そんなに大した作業をしているわけでもないのだけれど。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 17:39| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

同日

先日撮影に行ったMVのショートVerがYoutubeで公開されていた。
劇団員が、何人も登場しているのだけれど、全員解るだろうか・・・。
意外に、見落としてしまったりする人もいるのかな?
完全版は、恐らくCDの特典DVDとかになるのだと思います、はい。

MVを撮影された金井純一監督のSNSで、公開されていることを知り、すぐに観た。
とっても、楽しい撮影だったのだけれど、その感じが出ているといいなぁと思っていて。
自分でも想像していないほど、笑顔になっている場面があって、さすがだなぁと思った。

金井監督のもう一つの映像作品。
テレビドラマの「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」の第6話の放映も今日だった。
これまでで一番しっとりした回。
劇団を応援してくださる皆様も、劇団員の坂崎愛を中心に展開していくような回で、お楽しみできたのでは・・・。
その回の最後、急展開。
は?どうなっちゃうんだ?という息つく暇もなく、次回予告。
まったく次回予告を観ても、次回タイトルを観ても、どんな話になるか不明だと思いますけれども・・・。
その予告に、おいらや、他の劇団員が地上波のテレビ画面に登場したのはお気づきでしたでしょうか?

思わず、あの日の撮影を思い出して笑ってしまったのだけれど。
その後、ちょっと不安になってTwitterなんかで、検索してみると。
予告ふざけんな!な人がいなくて、一安心。
むしろ、来週が楽しみという人がたくさんいて、ほっこりしています。
ハッシュタグで、そんな情報をチラチラ見ていたら、脚本家の土屋さんのこんなTweetを発見・・・。


げ…現場でどうなったかは、まだ知らないんだなぁと、冷や汗。
ぜひ、来週までにGYAO!にて、予習してお楽しみくださいませ。
小野寺、安藤、織田、金子の4人が、予告の感じでいきなり登場しています。

今まで数は少ないけれど、何度か地上波で自分を観たけれど。
いつも、反省ばかりしてしまったりするのだけれど。
今回の予告はなんだか、珍しく、笑ってしまった。
金井監督の映像を信頼しているというのもあるけれど。
あ、あそこもちゃんと使うのか!から始まって・・・。
仕上がりの噂も小耳に入っているので、楽しみで仕方がない。
まぁ、自分というよりも、自分以外のメンバーが楽しみというのもあるからなのだけれど。

まさか、同日にとは思っていなかった。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:14| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする