2016年12月05日

稽古場で二人で編集をしている

稽古がはじまる前に監督と待ち合わせ。
稽古場に入り、昨日の編集の続き。
まずは、昨日の編集を観て、直していく。
昨日はかなり進んだので、その作業も長くかかる。
けれど、これも大事な作業。
熱くなって作業している時のモノと、翌日冷静に見た時の感覚では、全く違うからだ。
違うテンションで2度確認することは大事なことだ。

確認作業が終わるなり一服入れてから編集を進める。
先週は3日編集に入り、連日になっている。
おかげで、編集作業にも慣れてきて、こうして欲しいと言われてすぐに対応できるようになってきている。
本当は、今日の編集で60分まで行きたいなぁと思っていたけれど。
56分ぐらいになる。
まずまずといったところなんだろうか。
この最初の編集でラストシーンまで行ったときに、実際に、どのぐらいの尺になっているか。
1ページ1分で進んできたけれど、ここにきて、少しそのペースをオーヴァーしている。
表現することが多いからなのか、当初の時間間隔からずれてきているのかはわからない。
そればっかりは、最後まで行ってから、頭から見てになる。
全体感をチェックしないとわからないことも多いのだ。

本来、シナリオは、冊子になっている。
1ページと言えば、冊子の片側になる。本と同じだ。
見開きで2ページ。
でも、今回の作品は、冊子にしていないから、通常のシナリオの2ページ分が1ページになる。
その上、通常の映画であれば1ページ2分で計算するという。
つまり、通常の映画の4分の情報が1分に入っていることになる。
これは、前にも書いたことだけれど。
でも、逆を言えば、8時間の映画と変わらないだけの編集時間がかかるということかもしれない。
かなりスピードは上がってきているけれど、編集点がとても多い。
それこそ、アメリカのテレビドラマや、ハリウッドのように、瞬間的なカットだってある。
リアルタイムなスイッチングでも、専門のハードウェアでもなく、PCでマウス作業。
その上、複数人数でのマルチエディットでもない。
この分量、並べるだけでも大変な作業なのに。
それでも、間もなく編集開始から60分が見えてきたことは勇気になる。
少しずつの積み重ねだけれど、ここまで来た。
まだまだやることはあるけれど、確実に前進していることもまた確かだ。

ぼちぼち、メンバーがそろってきたから作業を終える。
稽古が待っている。
ああ、今日はあと2時間ぐらいやりたかったなぁという思いもあるけれど。
なぜか、今日は、想像以上に疲れていた。

稽古が終わり、週に一度の酒を入れる。
稽古場の鍵を開けてくれたメンバーは、来週もあるならと鍵を渡しに来た。
3時間以上、何もすることが出来ないのはつらいという。
おいらには、その感覚がわからない。
監督の音楽のレコーディングでも、スタジオでもミックスでも。
なんにもやることがなくても、何時間でもそれを見学してきた。
まぁ、あんまり見てほしいとも思わないけれど。
おいらなら、ずっと遠くから見てるけどなぁ。
でも、そういうものなんだとも思う。それが普通なのかもしれない。
見方によっては、ただの作業なのだから。

帰宅して、今日の編集作業の整理をした。
どうしても、音声データがずれたり、切ってないままの部分が残っている。
とにかく、映像として確認できるだけの状態にしてあるのだ。
更にシーケンスもトラック数が増えているから、ABトラックにまとめていく。
ガイド音声のずれも、修正を加えていく。
すっかり、この整理や直しの作業にも慣れてきた。
監督がいなくても出来ることは、監督がいない時間に全てやっておきたい。

監督は、恐らく最後まで編集してから、もう一度頭からチェックする。
そのあとからしか、他のスタッフさんにも見せたくないのだろうなぁと思う。
もちろん、劇団員にももう気楽に見せられるような長さではなくなった。
いつかのように、観たい!と言われても、もう、ごめんというしかできない。
つまり、もう監督とエディターしか、この映像は確認できない日々になるということだ。

果たして今週は何回ぐらい編集できるだろうか?
予定しているスケジュールでいえば、1~2週間押しているように思う。
年内に形にしてまとめたいという思いがある。
だからこそ、今週来週の20日前にどこまで行けるかが、その後の流れを明らかにすると思う。

もちろん、他のやり方だってある。
ある程度、やっておいて、監督が直すというのが一番早いのもわかっている。
でも、それはあえて、やらないでいる。
おいらは、監督の思う通りの映像にしたい。
おいらが選んで並べて、OKが出たら、それはもう、監督のチョイスが入らなくなる。
監督がこうなるといいんだけどなぁと言った時に、応えられる準備だけはするけれど。

ある意味では、おいらは、監督にひどく強いている。
監督の持てる力を、感覚を、100%以上出してくれるように、追い込んでいると言ってもいい。
意外に、監督の周りにはそういう人がいない。
そして、監督は、人からの提案を、基本的に受け入れる。
全然違ったり、意味が変わったりしない以上は、どんな提案でも引き受けて、その上で自分の物にもできる人だ。
結果的に、ここはお任せするよという部分を、いくらでも持てるような人なのだ。
だから、様々な仕事で、監督の周りには優秀なクリエイターが集まる。
そして、監督は、信頼して任せるのだ。
でも、おいらだけは違う。
劇団の制作も含めて、任せようとしても、お願いする。
おいらは、常に、監督の120%を要求し続けている。
だから、監督にとって、小野寺隆一は、ひどく疲れる存在のはずだ。
18年間、常に、それを要求してきたのだから。

舞台なら、演出の仕事を。
映画なら、監督の仕事を。
そこに集中できるように他の細かいことは全部引き受けてもいい。
その代わり、その仕事だけは、それでいいんですか?と、何度も繰り返し確認をしてきた。
・・・酷い奴だなぁと思う。

ただ。
この監督の持てる感覚が映画になった時。
映像感覚が結実した時。
それは、新しい何かが生まれる時だと、おいらは信じているだけだ。
酷いし、つらいだろうし、大変だけど、それでも、強いる。
そして、その手助けを全力でしていく。
全て、いいですね!とは、絶対に言わない。
これ、良くないですねも、もう18年間、言い続けてきた。

そして、近くやってくるであろう日が待ち遠しい。
よし、これをまず、プロデューサーに持っていこう。
そんな粗編集版の完成の日だ。

2016年のうちに。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:59| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

編み棒を動かすように

編集作業の準備をしていると、ふと孤独感を強烈に感じることがある。
これはきっと作家たちは誰もが持っているものなのかもしれない。
特にこの映画の企画は、皆で取り組もうと進んできただけに、なんだか急に一人になった気分だ。

真の映画製作は、編集からなのだと思う。
撮影までは準備だ。
おいらたちは、その撮影の準備を徹底的にやった。
そして、基本的には俳優集団で、撮影が終われば、どうしても終わった感じになる。
けれど、実際は違う。
撮影された映像はただの映像でしかない。
この映像を、映画作品にしていくのが今の段階だ。

映像を切って並べて、時には入れ替えて、物語を整理していく。
効果音が乗って、音楽が乗って、セリフが乗って、タイトルが出て、テロップが出て。
整音して、色調整が入って、最後の書き出しまで作品は都度都度アップデートしていく。
撮影現場で、バックアップしてくれたメンバーももちろん、今は何もできない。
なんとなく、孤独に作業をしているような気分になってくる。

もちろん、実際には一人ではない。
監督が当然いるし、音楽監督や撮影監督、MA、効果音、様々な人の手が入ってくる。
自分はその一部分でしかない。
それも、核心部分ですらない。
エディターなのだから、ただただエディットを繰り返すのみだ。

高校時代に、編み物が好きな同級生がいた。
男子高校生で編み物が好きというのも珍しかった。
おいらは、おばあちゃんが編み物をよくしていたので、触ったことがあるけれど。
とてもじゃないけど、自分で出来る作業じゃないなぁとつくづく思った。
編み棒を動かす細かい手つきを観ているだけで、ちょっと、ぞっとした。
編み物をしている人が良く言うことがある。
自分のセーターは編めない。誰かのセーターだから編める。
これは、ものすごく真理をついているなぁと、芝居をしてから思った。
人は自分が大好きなようでいて、意外に自分のためには、地道に頑張ることが出来ない。
本当に頑張れるのは、誰かのための時だけだ。
十代のころ、限界を超えて頑張るには、もう自分のためでは体が動かなくなって、初めて理解できた。

そんなおいらが、編み物のようなことをしている。
地道に、編み棒を動かし続けている。
これはやっぱり、自分のためじゃないなぁとつくづく思う。
編集しながら、そこに登場している役者が少しでもよく映ったらいいなぁなんて考える。
いや、むしろ、役者なんかよりもこの映画を観てくださる方が、少しでもわかりやすくなればとか、楽しめればとか。
そんなことばかり考えているからこそ、この指が動く。
それがなかったら、こんな作業なんか、きっと出来ない。

このなんというか。
この思いの持っていく場所がどうしてもわからなくなることがある。
小野寺、一生懸命すぎて笑っちゃうんだよねなんて言われて、おいらも一緒に笑うんだけど。
後になって、滑稽なんだなぁ、おいらは。と、つくづく思ったりする。
気持ちで動いているとしか言えない状態だけれど、その気持ちようなものの持っていき方に不安を覚えることもある。
まぁ、そんなものを持とうが持つまいが、のしのしと前進してしまう性分なのだけれど。
それでも、やっぱり、不格好な自分を強烈に自覚することがある。

格好良く立ち居ふるまえればいいんだけどね。
どうもそうならないなぁ。
とにかく、今、この予算で最大限に出来ることを全てやる。
プロフェッショナルな作業をよりよくするために、それが入る前に出来ることは全てやる。
応援してくれた支援してくれた人の思いにだけは絶対に応えていく。
それ以上でもそれ以下でもないのだけれど。
世界が急速に狭くなっていって、苦しくなる。

なるほど。
これが、編集に立ち向かっていく、第一の壁っぽいぞ。
そんな風に思い始めている。
技術的な壁が待っていると思っていたのだけれど。
想像以上に、色々なことを出来る。
むしろ、技術的なことは、進歩を感じながらできるから、それほどの壁になっていない。
ただ、今、壁があるとすれば、孤独なことだけだ。
観てもらうまで、どんなことをやってるか、誰もわからないんだもの。
そして、そうなればそうなるほど、一人だけ不格好なんじゃないかなんて思い始めるもの。

全員で必死になって、クラウドファンディングに挑んで、撮影準備をして、撮影をした日々を思うと。
当たり前にそうなるんだなぁと、今になって理解する。
もうちょっと早めにそうなるってわかってたんだから、理解しておけって話だけれども。
もちろん、楽しんでいる部分だってたくさんあるんだけどさ。

監督もそうだろう。
作家はいつだって孤独だったはずだ。
一人でペンを動かし続けることは、そういうことだ。
小野寺あたりに、書け書けとあおられながらさ。

凄い映画にするんだぁ。
絶対にしてやる。
出演者が出演者なのに、泣いちゃうぐらいすごくしてやるんだ。
それしかない。
それ以外にない。

監督が、役者たちが。
大絶賛されたら。
そう思う以外に、前に進む方法はない。

編み棒を動かすように。
ほんの数ミリ、マウスを動かす。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 05:26| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

北風が奪ったもの

前日は信じられないほど、暖かい日だったのに、午後になって北風が吹いた。
あっという間に北風は、暖かい空気をどこかに吹き飛ばした。
夜には風が穏やかになって、昼よりもまだ寒さを感じなかったけれど。
一度下がった気温が元に戻ることなく、この夜を迎えたのだから、明日の朝は、寒くなるだろう。

師走のあわただしい空気を感じる。

先代のPCの時に、PCバッグを買った。
当時の14インチA4タイプ用のPCバッグだ。
劇場に制作でPCの持ち込みが必要だったからだ。
PCを買い替えた今もそのPCバッグを使用している。
これが、おいらのモバイルスタジオだ。

けれど、今のPCは、15.6型。
先代よりも、薄くて軽いけれど、ワイド画面になった分、広くなっている。
モニタ周りの額縁が狭くなったからギリギリ入るけれど、蓋が気づくと空きそうになっていることがあった。
これにPCを入れて、編集に向かっている。
けれど、少し心配になってきた。
このPCに入っているデータは、たくさんの思いが詰まったデータなのだ。
何かが起こってからでは、悔やむに悔やみきれない。
バックアップは取ってあるけれど、PCにトラブルが起きれば、編集さえできなくなる。

本当は、欲しいPCバッグがあった。
まぁ、昔からずっといいなぁと思っていたやつ。
でも、ちょっとお高めだ。
買おうと思えば買えるけれど、そこに力を入れるのもどうかと思った。
楽天とamazonとYahoo!ショッピングが、同時に、年末セールを開催している。
このタイミングで、買っておかないと、公開すると思って、新しいPCバッグを購入する。
届けば、モバイルスタジオが、また一つアップデートされる。
劇場への持ち込みもあるから、長く使えて、頑丈なものにした。

最近は、バックパックが流行っている。
リュックサックというよりも、ランドセルに近い鞄だ。
そのタイプにしようかと思っていたけれど、結局、リュックタイプにした。
どう考えても、そちらの方が頑丈そうだったからに過ぎない。
ずっと肩掛けタイプで、いつも重さに四苦八苦していたけれど。
ようやく、負担も減るだろう。
外部モニタや、コントローラ。場合によっては外部HDDも運ぶ可能性があるから容量の大きい奴を。
劇場入りも少しだけ楽になるはずだ。
最近は、バッグに入らなくて、ポケットまで物を詰め込んでいたからさ。
それがなくなるだけでも、随分違うだろう。

今週は、編集に入れる日数が少なくなりそうだ。
目標としている日程に間に合わなくなるぐらい、厳しい。
とにかくぼおっとしてられないから、今日も、音の当て込みをする。
思ったよりも時間がかかっている。
一つのシーンに、数種類の音声がある。
それぞれ、違うから、その中からピックアップして貼り付けていく。
引きならともかく、アップだった場合、同時収録の音声じゃないと口の動きと合わない。
とても繊細な仕事になっている。
編集ができない分、次に編集にはいる頃には、それまでのシーンの音声だけでも貼り付けておきたい。
タイトルも、出来ればアップデートしたい。
でも、次回公演の準備もそろそろ差し迫っている。
やはり、次回公演の準備もおいらがやるしかないか・・・。

自分が二人いれば。
1日が48時間あれば。
或いは、眠らないで済む身体だったら。
そんなことを考えてしまうけれど。
まぁ、考えるだけ無駄だ。
だったら、一つでも多くのセリフを貼り付けていった方が良い。

明日の朝は寒い。
寒い日は、気づくと体力を消耗している。
外が寒い分、体内ではエネルギーを燃やし続ける。
気を付けないといけない。

電車でも、周囲でも、咳をしている人や、マスクをしている人がたくさんいる。
幸い、うつっていない。
いや、どこかでうつっていたかもしれないけれど、気づかなかったのかもしれない。
それとも、アドレナリンが出ていて、免疫力があがっているのかな?
今、風邪をひくわけにいかないもんな。

自分で自分に鞭を打つ。
自分で自分にご褒美もあげる。
そうやって、進むのだ。
例え、その足が遅くとも、確実に一歩は進んでいるのだから。
そして、少しでも、効率が良くなったり、楽になる方法を見つけていこう。

いつか。
この編集の日々を思い出す日が来るだろう。
その時、どんな思い出なのかな?

冷たい朝がやってくる。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:17| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

耳が痛いのは

昨日に引き続き、音を貼り付けていく。
一つの音のファイルに最大で8chの音が入っている。
一つずつ聞けば、どれがエアーマイクで、どれがピンマイクなのかはすぐにわかる。
もちろん、近くに立っていれば、ピンマイク二人分の声を拾っていたりするけれど・・・。
それぞれを切り取って、狙っている音のデータだけにしていく。
口とのタイミングは、機械的に同期を書けたり、手動で動かしたりだ。
今日、ちょっと便利なショートカットを見つけて、また一段、作業が早くなった。

購入したPCバッグはだめだった。
ネットで買うとこれが起きる。
書いてあるサイズなら平気なはずなのだけれど・・・。
内容量はまた少し違っていたりする。
PCがはみ出た。
はぁ・・・。ため息。
次の編集に間に合わせたいのになぁ。

音の貼り付けは必要以上に疲労する。
耳に集中している分どうしても、疲れていく。
こればっかりはしょうがない。
ピンマイクになると、服に擦れる音や、呼吸音まで入っている。
その情報量に、耳がどうしてもついていかない。

今日やっていた個所は、きっとトオルさんが音楽を入れるなぁという箇所。
どんな音が流れるだろう?
音楽次第で、小さな擦過音などもノイズになったり消えたりする。
曲のもつ周波数帯域にどれぐらいかぶるのか。それで変わったりもするのだ。
音の定位でも、変わったりする。
音の世界は深すぎて、ついていけないぐらいだ。
そこまでくれば、もうMAの仕事だろうから気にせずに進む。
頭の中では、それでも、どんな音が流れるかなぁと、想像してしまう。

今日、編集できたそうだ。
けれど、調整できたタイミングが遅くて、おいらがPCを持ち運んでいなかった。
前の日に編集できそうなら教えてほしいと伝えてあったのだけれど、そういうことも起きる。
監督だって、忙しいし、タイミングが常に合うわけではない。
もちろん、監督も時間がないと認識しているから少しでも進めたがっている。
こうなったら、毎日PCを持ち運ぶか?
それはそれで、大きなリスクを伴うと思うけれど・・・。
どっちが良いのか、微妙な問題だ。

去年のこの時期。
クラウドファンディングの準備に追われていた。
あの時も確か、編集に四苦八苦していた。
クラウドファンディングに掲載するPVを作成していたのだ。
結果的にあのPVが大きな力を持った。
あの時は、ほとんど、なにもわからないまま、編集作業をしていたのを覚えている。
あのころに比べたらどれだけ成長したことだろう。
クリスマスまでに、クラウドファンディングの公開をすると息巻いていたのだ。
今となっては懐かしい。
まだ、クラウドファンディングってなんだろう?なんて人もたくさんいたっけな。

そう考えれば、大した奇跡の連続だよ。
この経験、この学び、この連続した奇跡。
何かが起きるに決まっているとやっぱり思う。
おいら、最初からそう信じて進んでる。
この企画は何かを起こすよ。
今は、世界の端っこで、ひとりぽっちの言葉でしかないけれど。
後から、きっと、わかる。

世に出すということは、同時に、覚悟のいることだ。
今まで知らなかった人たちに知られることなのだから。
どんな名作でも、口さがない連中は必ずいる。
ましてや、知っている俳優が一人も出演していないこの映画を悪く叩く人だってきっと出てくるだろう。
或いは、出演者がどこかで叩かれることだってあるかもしれない。
それが、世に出るってことだ。
そんなことは、全部わかって、世に出そうとしている。
とっくに覚悟している。
いや、むしろ、楽しみにしている。
こんなもん映画じゃねえよ!ぐらい、言ってくれる人がいたら、おいらなんか喜んでしまうかもしれない。
どんな感想でもいい。
どんなことを言われても書かれてもいい。
今更、その程度でメソメソするような、ガキじゃない。
それが、世に出るということ。それが、知られるということなのだから。
だったら、思いっきり、こいつらのことを知ってほしいぞって思う。
言いたいこと、書きたいこと、どんどん書かれるほど、知られているってことなんだから。

だから、自分たちの方法を貫いた方がいい。
どうせ知られるなら、擦り寄る必要なんかない。
その方が、ちゃんと、知ってもらえる。
気取らずに、いつもの、自分たちの作品の取り組み方をそのまま出せばいいんだ。

耳が痛い。

今日はどうやらここまでだ。
耳が痛いのは、編集で集中していたからだし、ヘッドフォンをしていたからだ。
何か言われて、耳が痛くなることなんか、もう、早々ないよ。
続きを読む
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:35| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

あの月を食べちゃいたい

今日の月はなんだかドンブリみたいで。
ちょうどその上にカスミのような雲なんかかかっていたから。
まるで、ほかほかのかつ丼のような月だった。

失敗したネット購入のPCバッグの返品処理をする。
ちゃんとバッグのサイズも確認したし、入ると書かれていたのに入らなかった。
その旨をきちんと伝えたところ、無事、返品が出来た。
胸をなでおろす。
けれど、調べたけれど、うちでは入るんです・・・とメールに。
どうして、これだけ入らなかったんだろう。
不思議だ・・・。

気持ちを切り替えて、PCバッグを見に行く。
今は、固定したスタジオではなくて、移動しながらの編集。
そのPCを守るのがPCバッグだとすれば、これほど大事なものはない。
今のバッグだと、大きさが違うから自然と上部の蓋のマジックテープがはがれていく。
自分でも気づかないうちに上部解放のまま歩いている場合もあるということだ。
その時、小雨でも降っていたらと思うとぞっとする。
やはり、移動スタジオの肝なのだから、なるべく早く手に入れた方が良い。

大手家電ショップのPCバッグ売り場を梯子する。
今は、ビジネスマンでもラップトップを鞄に入れているのが当たり前の時代。
PCバッグというよりも、すでにビジネスバッグにその機能が統合されている。
ただし、ビジネスマンのPCは、14インチか、それ以下が普通だ。
やはり、ビジネスバッグを観ると、14インチがメインだとわかる。
それ以上の大きめのビジネスバッグだと、むしろ、2~3日の出張対応!なんて書いてある。
楽屋に持っていくこともあることを思えば、それの方が良いかなんて思うけれど。
そこまで大きいバッグには抵抗があるし、やはり、大きくなればそれだけ多機能になって、値段も上がる。
ちょうど良いところに落ち着く製品がなかなか見つからない。

とにかく、丈夫で、安全で、PCが収まって、出来れば運ぶのが苦にならなければよい。
そのうえで、外部モニタや、ヘッドフォンなどの周辺機器が入る容量があれば。
結局、ビジネスバッグタイプは諦めて、やっぱりリュックタイプにした。
でも、このリュックタイプは、どちらかと言えばカメラバッグだ。
一眼レフなどのカメラを入れられるリュック。
いくつかのスペースに区切られていて、豊富にポケット類が付いている。
その上、とっさの時のレインコートも隠しポケットに入っている。
サイズも容量も申し分なかった。
おいらは、余り気にしないタイプとは言え、見た目も一応考えて、色もチョイスした。

明日は編集。
今週は編集できる時間が少ない。
ラインプロデューサーからもその後の編集はどうですか?と連絡が入った。
監督も、時間がないのを熟知している。
帰宅して、音の貼り付けの続き。
そのうえで、大きな段落ごとにロックをかけておく。
これで、中盤の編集に心置きなく入れるだろう。

このBLOGを書いたら、PCバッグに初めて、このPCをセッティングしていく。
さて、どのぐらい収まりが良いか。
忘れ物をしないように、全ての荷物を移さないとだな。

監督とここまで一緒にいるのはいつ以来だろう?
たぶん、ショートフィルム企画か、その後のPV撮影の編集のころ以来じゃないだろうか。
そういえば、あの頃の監督はいまのおいらぐらいの年齢だったんじゃないかなぁ。
もう一度、こうやって編集作業を一緒にするなんて思ってもいなかった。
あの時は、おいらは、編集なんかできないで、ただ監督と二人で見ているだけだったけれど。

明日の編集が終わって。
ある程度、その整理が付いたら、1月の公演の準備に入らないとだ。
時間は限られている。
出来ることもエネルギーだって限られている。

やっていくしかない。

そういえば、かつ丼、食べてないなぁ。
そういえば、牛丼も、天丼も食べてないなぁ。
お月様。
ドンブリのようなお月様。
さすがに、見るだけじゃ、エネルギーにはならないよ。

明日あたり、食べちゃおうかな。

さて。
明日の準備をしよう。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:24| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする