2016年11月24日

編集三日目

編集三日目。
大きく進む。
大きくと言っても、15~20分程度だけれど・・・。
シーン数でみるとわずかだけれど、シナリオページ数にすればかなりの数字だ。
ページ数当たりの時間が出るかもしれないなぁという数字。

監督用のジョグホールコントローラは、開始から威力を発揮した。
監督にホイールで切り替えの位置を指示してもらえる。
ここで、切って。ここで差し替えて。
具体的に1コマずつ動かして指示をもらえるから、明確。
おいらがやって、これでどうですか?・・・ちょっと早い・・・どうですかね?・・・ちょっと遅い・・・
の繰り返しがなくなった分、かなり効率的に進んだと思う。
今日は対面で作業をしていたから、実際のシーケンス画面を監督は見ていない。
たぶん、それも見れたら、もっとホイールが活躍するはずだ。
となりに並んだときは、おいらもホイール操作が出来るようになるだろう。

ヘッドフォンも無事二股になった。
一点だけ、問題があった。
監督には耳が痛くなるから耳かけ式のヘッドフォンを渡して、自分はイヤフォンをしているのだけれど。
ポータブルプレーヤーについていたSONYのわりと良いイヤフォンなのが間違っていた。
ノイズキャンセラーが付いている密閉式だから、イヤフォンをつけると監督の指示が聴こえない。
しかも、やはりイヤフォンは耳が痛くなってくる。
100円ショップで、非常に性能の低いヘッドフォンを買った方が良い気がしてきた。
ちょっとそこは考え直そう。
最悪、監督のはヘッドセットだからマイクを繋げるっていう手もあるにはある。

今日はミラクルな編集点もいくつかあった。
おお!という奇跡的な繋がり。
狙い通りにならないか・・・と思った矢先に、別の方法でうまく繋がったりする。

映画だと、別に編集後の時間的制約はない。
ざっくりと120分という目標はあるけれど、映画に決まった時間などないのだ。
だから、思ったように編集して、思ったように仕上げれば良い。
けれど、今日は、随分、テンポを気にした。
それは、全体の尺という意味ではない。
いちいち間を空けておけば、意味が生まれてしまう。
圧倒的な情報量でどんどん進んでいくのがこの物語だしスタイルだ。
だから、出来る限り、テンポ感を失いたくないのだ。
かったるいなぁと感じたら、尺長をする。
通常のシナリオであれば、すでにこの行数であれば1時間を超えているかもしれない。
けれど、それでは、目指している作品にはならないのだ。
ヒーローズや、24、ERなどのアメリカドラマのテンポ感や情報量はとんでもない。
そこを目指しているわけではないけれど、情報量はそのまま、内容の濃さになることだってある。
ゆったりと進むような映画を目指してはいないのだ。
ジェットコースタームービーなんて言葉があるけれど、本当にテンポの良い映画って、意外に少ない。

どうしてもテンポ的に、ここを切りたい・・・
そんな場所に、思ってもいなかったカットを入れることで、随分とテンポが良くなる。
そんなことがいくつか起こった。
うまくいったときは、思わず、監督と二人で、うん!とうなづく。
同時にうなづく場面もだいぶ増えてきた。

まだ全体から見れば、20%というところかもしれないけれど。
ここから先は、しばらくは、カット数の少ない短いシーンが続く。
少なくてもおいらが目指していたシーンは終わった。
だから、次の編集では、かなり進むんじゃないかという予感がある。
仮に少ない時間だとしても、結構、良いところまで行く気がしている。

映像素材が、演技が、作品になっていってるよ。
セブンガールズという映画がどんどん組みあがっている。
最後のシーンまで編集しても、そこから更に、シーン順を組み替えたり、更に削ったりもあると思う。
だから、まだまだ完成は先だけれど、少なくても、今日は、起承転結の「起」までは達成したように思う。

今度の稽古日に仮にPCを稽古場に持ち込んでも・・・。
もう役者に観たいと言われても見せることは出来ないだろうな。
だって、もう見せられるような長さじゃないから。
それをしたら、稽古が出来なくなってしまう。
残念ながら役者は、編集中の作品を目にすることは出来ない。
もう、粗編集が終わるのを待ってもらうしかないだろう。

帰宅して、今日までの映像の整理をする。
あっという間にこんな時間だ。
集中していると時間が過ぎるのが早い。
今日、監督と9時間以上も作業したなんて、とても、思えない。

ああ、もっともっと時間が自由になったらいいのに。
或いは、眠らないでも生きていけたらいいのに。

今日はここまで。

次の編集のための準備作業も続けていかないとだ。

雪は積もるのだろうか?
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:12| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

仲冬の雪

雪の日。
朝、家を出た瞬間にちょっと引く。
50年以上ぶりの11月の雪にしては、吹雪のようなソレ。
雪は嫌いじゃないけれど、最終撮影に影響が出ないか心配になる。
積雪が残らないまでも、全ての葉が落ちているような景色になっていたらどうなってしまうだろう。
とにかく、考えないことにするしかないか・・・。
繋がらなければ、その時に考えるしかない。

前日の続きで夜から作業。
それまでの編集された部分の整理と、これから編集するシーンを並べる作業。
目標の場所まで第一段階で到達したから、次の目標までは並べておきたい。
起承転結でいうところの「承」
大抵の物語では一番長い部分になる。
ここをどうやってリズム良くみせられるかで作品の性質が変わる。
「転」と「結」が面白いのは当たり前なのだから。
転がる石のように、観ているだけで楽しいような「承」になるといいなぁ。
クライマックスに辿り着くまでの道だ。

並べていて気付いたこともある。
ああ、ここはシナリオ通りだと、絶対に繋がらないなというシーンが見つかった。
意図していた事と違う流れになっていた。
まぁ、こればっかりは仕方がない。
恐らく、シーンナンバーを変えるか、1シーンカットするしかないように思える。
監督がどっちで解決するのか・・・。
まぁ、後者になるだろう。

今まで一度も観ていないシーンを観て、ああ、こんな風になっていたかというのも多数見つかる。
やはりシーン単独で観て、面白いなぁと感じる場所が一か所でもないといけないと思った。
同時にシナリオのページ/分を現時点で確認してみる。
やはり1ページ当たり、約1分で現在の編集点まで続いている。
この1ページは、通常のシナリオの2ページ分の分量がある。
その上、通常のシナリオでは映画の場合1ページ大体2分だという。
つまり、この作品は通常の映画の4分ほどの情報が1分に詰まっていることになる。
この情報量を観覧したお客様がどれだけ理解していくれるのかが鍵だ。
あっという間に、過ぎていくのだから、ついていけないスピードである可能性もなくはない。
・・・とは言え、ついてこれないぐらいの情報量とスピードで進んで、このシーンぐらいから作品に感情移入していく・・・
そういう組み立てぐらいは実は計算しながらやっているのだけれど。
計算通りになるかどうかは、結局、観ていただくまではわからないのだ。

舞台は圧倒的な生々しさがある。
当たり前だ。
だって、お客様の目の前に、役者が立って息をしているのだから。
そこに同時に存在している以上、それ以上の生々しさなんてありえないと思う。
けれど、映像を観ると、それ以上の生々しさもあるんだなぁと気づく。
それは、リアルではなくて、リアリティの問題だ。
現実を虚構が軽く支配してしまうことは、実際の世界でもよくあることだ。
映像に残る役者を観て、やけに生々しく感じる瞬間が何度も訪れる。
・・・とは言え、それがずっと連続するわけではない。
舞台の持つ生々しさに迫るような、映画になるには、きっと編集を追い込んでからになる。
そして、観てくださる方が、感情移入して、作品に没入した時に、それは訪れるのだろう。

ほぼシナリオの半分までシーンを並べてから今日の作業を終えた。
深夜のコンビニに出かけると、すっかり雪のかけらもなく、路面凍結さえしていなかった。
寒いのは寒いけれど、玄関の真冬ともちょっと違った。

本当の冬が来る前に全ての撮影が終わる。
本当の冬に、編集が出来上がるだろう。
今はまだ途中で、道半ばだけれど。
これが出来上がって、どこかの知らない誰かが、どんなことを思うのか想像するだけで、楽しくなる。
これが出来上がって、日本を超えたどこかの国で、誰かが何を思うのか想像するだけで、ゾクゾクする。
没入してもらいたいなぁ。地球の裏側の人たちにも。

今週中に全てのシーンを並べておこう。
それだけで、編集の効率も上がっていくはずだ。
とりあえず、それを目標にしよう。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:29| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

パラレル人間

断髪に行く。
おいらは、髪が伸びるのが早い。
一か月前に撮影前の散髪に行って、撮影に挑んだ。
そして、最後の撮影前だから、もう一度散髪が必要だった。
俳優的には、髪が伸びるのが早いのはそれほど悪いことではないと思っているけれどもね。
撮影期間がとびとびになっているような作品はどうしているのだろう。
間で別作品を演じる俳優だってたくさんいる。
多少の違いなら意外に流れる映像だと気にならないこともあるのかもしれない。
ヘアメイクさんがいたって、細かい部分までは難しい場合もあるだろうなと思う。
思えば、テレビで多くの作品に出ているような俳優はいつも髪型が同じだ。

そのままどうせいつもより遅いならと大手家電ショップの書籍コーナーに。
タイトルの編集について考えている。
監督のイメージはなんとなく聞いた。
人に頼むのか、自分で何とかするのかだけれど、やる場合もあり得ると思う。
そうなると、Aftereffectsなんだなぁと思いながら、タイトルの様々なテクニック探し。
やっぱり、アプリケーションの専門書はどれも高価だった。
ちょっと思いついて、BOOKOFFで探してみたけど、古いヴァージョンのが数冊。
リファレンスマニュアルは、意外に手放さないものなのだなぁと改めて思う。

時間を見つけて、監督のイメージに近いものを作って見せるのが一番早い。
結果的に誰かに頼むとしても、このイメージと説明しやすいものまでは作れるはずだ。
まぁ、作れるかどうかもわからないけれど。
とりあえずなんでも、やってみるのが、おいらのやり方だ。
まぁ出来ないことが昔は多かったけれど、今は出来るようになっているのが大きい。
3DCGだって、やろうと思えばやれる時代なのだから。

・・・とは言え、時間の問題もある。
編集が第一だし、タイトルに時間を使えるわけじゃない。
あくまでも時間的余裕があれば。
そして、イメージが具体的ならということだけれど。

単純に、はじめから、人に頼もうという考えじゃなく。
出来ることがないか、探したいなというだけだ。
・・・まぁ、その中のかなりの割合が好奇心なのかもしれないけれど。

自分の中では、今、編集とタイトルと、最後の撮影が入り混じっている。
少しずつ、撮影のウェイトが高まっている。

もう一度、役者モードに少しずつ切り替えているのだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 11:06| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

クランクアップ

朝一で集合して、街中での撮影をする。
ここといくつかのシーンの撮影で、全ての撮影は終わる。
撮り直しも流石に、現時点で思い当たる場所はない。
7時から12時までの予定。
おいらは、その最後のシーンだった。

最後のセリフを言った時。
なんだかわからないけれど、シビれた。
最後のセリフは、なんというか、本当に最後だなっていうセリフだった。

撮影に臨んだ俳優の何人かでラーメン屋に行く。
おいら以外は、祝杯。
他の俳優と違って一か月遅れでのクランクアップを祝った。
おいらは、酒を控える。

そのままいつもの稽古場に移動して、早めに鍵を開けてもらう。
昼をとった監督もいたから、稽古が始まるまでのわずかな間も編集をした。
2時間と少しだろうか?
それでも、数シーンの編集が済んだ。
それだけでも、違う。
今週は、何日編集に入れるだろうか。
ついに撮影も終わったから、出来るはずだ。
とにかく、頑張るしかないな。
酒を控えたのは、編集があるから。
1コマのずれをなくし、1mmのマウス操作にミスがないようにだ。
確実に編集にかかる効率は高まっていて、指示通りになるのが早い。

稽古が始まって、いくつか芝居もする。
さっき、クランクアップしたのに。
体は、芝居をしたがっているのがわかる。
もっともっと、自分が乗るような奴がやりたくなっている。

稽古が終わり、十数人でクランクアップを祝う。
そこでようやく祝杯。

もうおいらはこの映画の芝居を演じる機会はない。
アフレコも芝居なんだろうけれど。
そういうことじゃないもんね。

舞台でも演じた後は、もうおいらのものではない。
舞台に来てくださったお客様の頭の中のものになる。
映像も同じだ。
演じ終わったら、もうおいらのものではない。
監督の素材であり、物語の一部であり、登場人物であり、観てくださるお客様のモノになる。

ああ。
おいらの手を離れちゃったか。
一抹の寂しさと共に。
まだまだ関われることがあることに感謝を覚える。

この物語を仕上げていく作業が待っているからだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:01| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

門外漢

是枝監督のインタビューがYahooニュースのエンタメ板でトップ表示されて話題になっている。
映画製作を始めて、様々な映画関係のフォローをしているけれど、少しざわついている。
どの意見も本気だし、たぶん、当たっていて、それぞれの意見が尊重されるといいなと思う。
若手映画監督が、育ちづらい土壌という問題は、ここ数年ずっと言われているらしい。

おいらは小劇場畑でずっと芝居をしていた。
もちろん、映画の世界のこととかも気にしてはいたけれど、映画畑の人間からすればきっと門外漢だ。
少なくてもこっちの人ではなくて、あっちの人なんだろうなぁって思う。
今回の映画企画は、だからこそ、出来たことがたくさんある。
小劇場畑の技法や製作方法を当たり前のように導入していったからだ。
色々なことを、ありえないとか、出来るわけないと言われた中で、実現していった。
もちろん、最初からそのつもりだった。

同じ作品を作るという場所にいて。
あっちの畑、こっちの畑と、見事に別れちゃっているのは、あまり面白くない気がする。
少なくても、ここに書かれているインタビューの問題点は、小劇場界ではクリアされている。
そもそも、予算なんか限られていて、時間も限られている小劇場。
それでも、公演を打つ方法を編み出して、同時に若い作家や演出家がどんどん生まれている。
高校演劇や大学演劇も、昔に比べたらものすごい進歩していると聞く。
若い作家が育っていないっていうのは、確かに映画の世界ではそうなんだろうけれど。
実は、こっちにたくさん才能のある人がいるんだぜって、思ってたりする。

ただ、なんていうか。
門外漢だからこそ、ちょっと、そのざわつきに違和感を感じている。
おいらたちは、お客様が来てくれなかったら、即劇団解散につながる。
動員できない作品は、続けることなんか困難だ。
だから、映画会社が国内での動員を目指していることは当たり前だし、動員できないなら作れないのも当たり前だと思う。
もちろん、その動員にも幅があってしかるべきで、全国上映から単館上映まで幅があればいいなぁと思う。
大ホールと小劇場があるように、劇場に合うサイズの芝居だって生まれてくるから。
おいらは、是枝監督の作品は大好きだし、言っていることはわかる。
けれど、国内で受けるものしか作らない現状への危機感は、国内に受けないけど海外を目指すみたいに読めてしまいかねない。
作家性の強い作品だとしても、やっぱりある一定の支持を受けられなければ、それは作品にならない。
芸術家は死んでから評価されるなんて言うのは、情報化社会の現代ではありえないはずだよ。
やっぱり、作品を作る以上、国内とか海外とか関係なく、楽しんでくださる誰かを見据えないといけないと思う。

それと・・・。
なんというか・・・。
すごく下品なことを考えてしまった。

そもそもだ。
日本映画で海外で評価が高かった作品ってさ。
もちろん、芸術性の高い作品もたくさんあるのは知ってるけれどさ。
それこそ、やくざ映画とか、チャンバラ映画とかさ。
エンターテイメント映画や、特撮や、今でいうB級映画を面白がってた人ってたくさんいる。
あれは、芸術性なんて考えてなかったんじゃないかなぁ。
むしろ、エンターテイメントで、見に来てくれる人を楽しませよう!しか、考えてなかったんじゃないかなぁ。
黒澤明監督作品は大好きだけれど、おいらの目には芸術作品には見えていない。エンターテイメント作品に見えてる。
ただ面白い作品っていうか。
そういう作品を、芸術性の高い映画より下って見る雰囲気をすごく感じることがある。
でも、実際にはどうなんだよ?って思うとさ。
ハリウッドでは、日本のチャンバラ映画やヤクザ映画や特撮映画や黒澤映画を教科書にして、今も作品を作ってる。
それどころか、ハリウッドの技術者の中には若い日本人が何人もいる。
そっちの方が、そもそも日本映画が生み出したものじゃないかって思うんだよなぁ。
スターウォーズやら、タランティーノに持っていかれちゃってどうすんだよ、日本映画界!って思うけどなぁ。

芸術性の高い作品も好きなんだけどさ。

だから、海外を目指すべきだっていうのは大賛成だけど。
そして、国が出資するなら、それも素晴らしいって思うけど。
あんまり、役人とかが入って審査する人とか入って、高尚な作品はうんぬんな流れになってほしくないなぁ。
まぁ、実際に今、そういう振興基金ががあるから書くんだけど。
出資して若い監督に映画を作らせるぐらいなら、もっともっと他の方法がある気がする。
下品で、通俗的な作品が、ざくざく生まれる状況を作ったほうが面白いと思う。

想像しちゃうんだよなぁ。
大きな映画会社が、競い合ってる中で。
やくざ映画が年間に何十本も作られていてさ。
やっぱりこっそり、ライバル映画も映画館に観に行っちゃう。
くそお。面白い。こっちはもっと面白いの作ってやる!
みたいなことが繰り返されていたんだと思うだよ。
で、お客様も、あっちのが好きだ、こっちのが好きだって好きなように言ってたんだろうなって。
そんな中で、高倉健さんが生まれたり、菅原文太さんが生まれたんだと思う。
そこに、芸術性なんか、微塵もなかったと思う。
ただただ、面白い作品を目指していただけだよ、きっと。

日本映画が世界から忘れられて行ってるのだとしたらそういうことじゃないかなぁって。
勝手に下品な想像をしちゃったんだよな。
是枝監督はインタビューで芸術的な映画云々は一言も言ってないんだけどさ。
その周りでざわついている色々な映画関係の人の言葉は、ちょっと、そういう匂いがしまくってた。
賛同しているにしても、反対しているにしても、門外漢のおいらには、違和感だった。
やっぱ、一般を巻き込んで、面白がっちゃうような作品が生まれないと、何も変わらないと思う。
映画関係者の中でだけ評価の高い作品なんて、世界では評価されるわけないよって思う。

まぁ、まだまだ門外漢だから言えることだけどさ。
映画が完成したころにはなんにも言えなくなっちゃうんだろうけどさ。
あははははは。

でもなんていうか。
うん。
まず目の前のお客様に向けた作品にするのだと、逆に、強く思った。
もちろん、最初からこの企画は世界を目指すなんて言いきってるのだけれど。
2時間の映画を1時間に感じてしまうような作品になるといいなって思った。
あっという間に見終わっちゃったよって思えるような作品。
そして、それを国内でも世界でも、観た人が共有出来たら最高だなぁ。

全然、下品な映画でも構わないなって思った。
高尚な作品なんてないって、改めて思うようにしよう。
やっぱり、映画館で上映された時点で、全ての作品は等価なはずだ。
下品も高尚もない。
そういうもののはずだ。
続きを読む
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:31| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする