2017年05月04日

続いている夢

別のことを書こうと思ったけれど、急にそれを見つけて吹き飛んだ。
カンヌ映画祭と一緒に開催されるマルシェ・ドゥ・フィルム(Marché du Film)
世界最大規模の映画のマーケット。
そのラインナップに確かに「SEVEN GIRLS」の文字を見つけたのだ。

香港フィルマートの時も、その文字を初めて見た時に、ぐぐぐと心がせりあがった。
あの時と、まったく同じように、今、おいらの中で、炎がポッと点く。

おいらなんかは、普通に役者だけをしていれば、Marché du Filmなんて知らないままだったと思う。
今回、このプロジェクトを立ち上げて。
たくさんの応援してくださった皆様と共に、世界に向かうと決めて、学んだからこそ、それを知ったのだ。
何十年も、Marché du Filmはそこにあったし、そこで、たくさんの名画が発見され続けた。
そんなこと、本当に知らないで生きていたんだなぁ。

セブンガールズという作品には2つの物語があると思っている。
一つは、もちろん「SEVEN GIRLS」そのものだ。
けれど、もう一つ、この映画のプロジェクトのサクセスそのものも、物語になりつつある。
実際、このBLOGを読み続けてくださっている人にとっては、もう本当の話というよりも物語に近いのではないだろうか。
だって、実際に映画化するのかもわからない頃からこのBLOGは続いているのに。
そのプロジェクトが、既に海を渡っているのだから。
香港に行き、今度はフランスに行くのだ。

これだけ長いこと役者をやっていれば、自主映画への出演などの話もこれまでにあった。
だから、自主映画をやっている知り合いも、何人かいたりする。
誰もが真剣に映画を製作しているし、単独で海外映画祭にエントリーしている人もいる。
けれど、マーケットに・・・というところまでやっている人は余り見かけない。
先日の打ち上げで、撮影監督と、自主映画とそうじゃない映画の線引きはどこなんでしょうね?って話をしたのだけれど。
恐らく、興行であるとか、販売であるとか、映画を商品としてみるスタッフが参加しているかどうかなんじゃないだろうか?
それは決して卑下するようなことではなくて、「商品」であることは、厳しいことなのだっておいらは思う。
おいらたちは、実際に舞台公演を続けて、お客様をどうやって呼ぼうかなんていつも話をしていて。
だからこそ、作品というのは、芸術面もあれば、興行面もあればと、たまたま多角的に見る目が育っていただけなのだろう。

だからと言って、きちんと作品を「商品」クオリティにしようといくら話したとしても。
じゃぁ、誰がどうやってマーケットに持っていくんだ?って話になる。
個人で自由に参加できるわけではないのだから。
そこは、どんなに頑張っても、おいらだけでは出来ないし、監督だって出来ない。
おいそれとできるわけではない。
海外に窓口があって、プロモーションをしている人がいて。
その人が、やりましょうと言ってくれないと、絶対に出来ないことなのだ。

うまく説明できないけれど。
すごいことなんだ。
感謝なんて言葉では表せない。
このプロジェクトに、この企画に。
例え「もしかしたら・・・」というレベルでも。
信じてくださる人が、応援してくださる人がいるんだ。
そのことに、腹の底から震える。

もちろん、おいらはまだまだ強く信じている。
きっと、この作品はどこかで、世界に飛び出すと。
それが映画祭なのか、なんなのかもわからないけれど。
間違いなく、こっちの物語も、どこかに辿り着くはずだと思っている。
その理由の一つが、こうして、今も続く、海外への挑戦をさせてくださっていることだ。

Marché du Filmのおいらが見つけた記事には。
簡単なあらすじがついていた。
そのあらすじを読んで、もう一度震える。
この作品の伝えたいこと。
それをとてもとても理解してくださっている。

※first feature filmなんて付いてる。
初の長編映画という意味だ。

恩返しをするんだ。
絶対に。絶対に。
このプロジェクトを海外に持っていって良かった。
そう言ってもらうために。

間違いなく、カンヌにSEVEN GIRLSが上陸する。
そんなに簡単なことじゃない。
夢のようなことなんだぜと、何度も自分に言い聞かせる。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 05:00| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

ディザーサイト

ディザーサイトというのがある。
主にデジタル関連の、スマフォやPC、デジカメなどの新製品発表前のサイトでよく目にする。
まだ発表前だから全ての情報を伝えるわけにはいかないけれど、少しずつ情報を出しますよという。
そういうのをディザーサイトというようだ。

最近は、漫画原作の映画などで、このディザーサイトを目にする。
少しずつ、原作の登場人物のキャスティングを発表したりする。
攻殻機動隊なんかも、半年前ぐらいから、少しずつ情報を小出しにしていた。

今、WEBの持つ意味合いが大きく変わっている証拠なのだと思う。
いわゆるHPは、それを知ってから見に来るものというものだったはずだ。
映画であれば、映画を観てから、HPに来るというケースの方が多かったんじゃないだろうか?
或いは、公開前に、情報の確認をしておくといったケースもあるし。
けれど、今は、SNS全盛の時代で、ただWEBを製作しても、一度見て終わりなWEBは終焉に向かっているように思う。
企業HPすら、メーカーはランディングページなんかを用意していたりする。
より、動的になって行っている。

ネット上のカタログ的な役割を既にWEBは終えていて。
より積極的なプロモーションに移行しているという事だ。
BLOG、Facebook、Twitter、Youtubeへ、誘導するToolがWEBになっているぐらい変わっている。
多分、それは、今後も加速していくし、今後の広告代理店が企画する宣伝企画は、その方向になって行く。
発売前から話題になることに成功すれば、とりあえずスタートダッシュは約束されるからだ。

映画「Seven girls」のいつかやってくる公開の日に向かって、何を出来るかちゃんと考えないといけない。

日本人は保守的だから、有名人の出演や、有名監督じゃないと、中々動員に結びつかない。
もちろん、一定のコアな映画ファンがいて、そういうファンのために単館上映館があるにはあるけれど。
それにしたって、その上映館でさえ、何か売りの一つもないことには、実際の上映許可が下りないだろう。
単館映画館だって、動員しなければならないのだから。
上映館が見つからない映画だって、世の中にはたくさんたくさんあるのだ。

もちろん、プロデューサーに、後はお願いします!と言ってしまうことだって出来なくはない。
けれど、劇団の宣伝にしても、チラシなどの製作から、フリーペーパーや雑誌への記事のお願いなど。
これまでも様々なことをやってきたノウハウがある。
映画の世界からしたら、余りにも規模が小さいかもしれないけれど、いわばゲリラ的な作戦だ。
置きチラシなんていう、地道なこともたくさんしてきたんだ。

この「Seven girls」という映画を世に出すには、恐らく大きく2通りの方法しか残されていない。
一つは、海外プロモーションが成功して、名前が先に出てしまう事。
これは当然続けていくことだけれど、受動的なことでもある。
もう一つは、口コミで、公開前、あるいは、公開後にも広がっていくこと。
大きな映画会社が、企業と絡んで広告を打っている映画ではない以上、この2つしか道がないのだ。
自覚しないといけない。
まだ、この映画を観たい人は、劇団のお客様や、知り合いの範囲だけのはずだ。
いや、観たい人どころか知っている人自体がまだまだ少ないはずだ。
まずは、数多くの人が知るだけでも、きっときっと、出来ることがある。

次の打ち合わせの席で、どれだけ提案できるか。

映画も含めたディザーサイトというやつを小まめに見るようにしている。
なるほど、色々なことを考えるものだなぁ・・・。

まずは、勉強だ。
なにごとも、学ぶことから始まるのだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:23| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

次のステップは

舞台の稽古に客演陣が参加し始めて、そういえばと気付いた。
このBLOGでオーディションをしたことは書いたけれど、合格者、出演者はまだ書いていないことに。
公開に向けて、出演者の紹介など徐々にしていきたいなぁと思っているのだけれど。
劇団員が全員出演しているだけではなくて、他にもキャストがいる。

オーディションで合格した3名と。
残念ながらオーディションで本役にはならなかったけれど、少しだけ出演しませんかと声をかけた方々だ。
実は、その中の一人、津田恭佑君が、次回の舞台への客演参加が決定した。

劇団のファンの皆様によっては客演キャストが発表されて、すぐにどんな人だろう?と検索したりした人もいると思う。
二人はどういう方なのかすぐに見つかったと思うけれど、津田君はまだ若いからあまりヒットしなかったかもしれない。
映画でどの役を演じたかも含めて、徐々に発表するけれど。
実は、舞台に足を運んでいただけると、どんな俳優か一目瞭然だったりする。

舞台だと成立していたことが、映画では成立しないよねという事がある。
津田君が演じた役は、舞台では別の役者が演じていたけれど、映像では無理がありすぎた。
結果的にオーディションをしようということになって、それを目にして応募してきてくれた。
言ってみれば、偶然が偶然を呼んで出会って、同じ板の上にも立つことになったのだから、不思議なものだ。

もう少し先に・・・と思っていたけれど。
いや、本当にそれは夏過ぎぐらいを見越していたのだけれど。
舞台に客演するぐらいのことがあるなら、少し、考えなくちゃけないかもしれない。
それは、プロモーションの開始時期だ。
もちろん、プロデューサーと相談してからになるのだけれど・・・。

通常、映画作品は、ホームページを製作する。
海外プロモーションをする作品などだと、英語のサイトまで製作する。
作品のサイトは有名作品だとずっと残っているけれど、1~2年ほど、だったりするようだ。
そして、現代の映画プロモーションでかかせないのが、Youtubeなどを利用したCMだ。
WEB、SNSを活用したプロモーションは、今や、すでに欠かせないものになっている。
まして、「シン・ゴジラ」や「君の名は」、「この世界の片隅に」などは、非常にSNSでの宣伝が活発で成功をした。

実は、小劇場の世界も、少し前からそういう傾向がある。
作品内容のネタバレがあっても構わないとばかりに、映像CMをどんどんWEB上にアップしていくのだ。
どんな芝居か、とにかく映像で見せてしまう。
これを生で見に来てください!という活発な宣伝方法で、今や、それも普通になっているという。
うちの劇団も数作品前から、WEBCMを製作してみたりしている。
今回は、時間的にも台本進行的にもどうかなぁと思いつつ、もし出来るならしたいなぁと思っている。

ただ、お分かりの通り、SNSを利用したプロモーションやHP製作と一口に言っても、予算がかかる。
HPを製作しても、WEBCMを製作しても、いかにSNSで効率よく拡散していくかというのは別問題。
それ専門の広告代理店も、現代、次々に生まれている。
有名なニュースサイトなどに表示されるように、優良媒体も含めてチョイスしていくのだ。
うまく、拡散すれば、当然、認知度が高くなり、より多くの人が足を運んでくれることになる。

実は、それを全て、自分でやってやろうと、考えている。
持てる知識をフル活用して、HPを製作して、WEBCMの編集をする。
その上で、出来うる限りの皆様のお知恵をお借りして、宣伝していく。
自力でのプロモーション活動をどこまでか出来ないかなぁと思っているのだ。
実際に公開が近づけば、予算はいくらあっても足りなくなるのは目に見えている。
だったら、自分で出来ることはとことん自分でやった方が絶対に良いからだ。
役者自身がHP製作して、CM映像を編集するのも、当然、映画界では初になるんじゃないだろうか?

舞台も近いし、舞台後にそれを初めて、夏ぐらいからと思っていたけれど。
この舞台に客演することが決まって。
ああ、お客様はわからないんだなぁと気づいた時に。
少しでも早くプロモーションを始めた方が良いのかな?と思ったわけだ。

キャストの発表だけでも、きっと、たくさんの人がわくわくしてくださるんだろなぁ。
続きを読む
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 19:39| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする