2016年10月24日

リハーサル2日目

朝、集合と共に、土地の神様のもとに向かう。
全員でこの撮影の無事と成功をお祈りする。
ぎっちりと詰まったシナリオの全てを二日間でリハーサルしておく。
役者がそれを完全に把握できれば、当然、撮影はスムーズに進む。

おいらたちの強みは、監督の言葉に素直に「はい」と言えることだ。
撮影現場ではよくある、役者から監督への、どうしてですか?という質問はすでにない。
芝居は変わらず、現場に入って変わる段取りだけ、やっているのだ。
監督は集中している。
おいらは、事前に監督が現場に入ったら、俺はこうなるからなと、手を狭めたのを聞いていた。
集中しすぎると、俯瞰では見れずに、そこばっか見てしまう状況になるということだ。
それを監督は自覚しているから、言っておいてくれたのだと思う。
助監督もいらしているから、やりたいとか見たいところはありますか?確認する。
見たいところがなくなれば、好きなところをやってくださいと言われる。
基本的に撮影順で、どんどん進めていけばいい。
けれど、日の入り時間もあるから、外のシーンは外以外では撮影できない。
順番がテレコになる場面や、シーン中で外に出るシーンもあるけれど。
それでも、段取りを一番にする。

オーディションで受かったメンバーなど、リハにいない俳優もいる。
当然、そこにいるメンバーで代役をして、全てこなしていく。
やれることは、やれるだけ、やるしかないのだ。
プリセットや、セッティングだって、全員で手伝う。
出来る限り、そのシーンに出ている役者には集中させてあげたい。
助け合うことが、この作品のテーマだ。

明日からは戦いだ。

あまりにも忙しいし。
あまりにも気が張っているから。
少し、怒ってしまった。
大きな声を出してしまった。
大反省中。
おいらは、ダメな奴だ。
本番はこうならないようにする。
そして、更に上を目指す。
作品を素晴らしいものにするために、全力を注ぐ。

やるべきリハーサルは全てやれたはずだ。
たった二日間で、そういう意味ではよく皆、頑張った。

さて。
いよいよだ。

この言葉を使う日が来た。

クランクイン。

おいらたちは、クランクインをするのだ。
奇跡のような映画のフィルムがいよいよ回る。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 00:00| Comment(0) | リハーサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

リハーサル1日目

皆の入り時間はリハーサル開始の1時間前。
おいらは、その1時間前に入って、リハ前の準備をする。
今まで休憩していた場所を移動し、セット内の片付けをしておく。
ついでではあるけれど、昨日の美術の直しも手を付ける。
監督が到着次第リハーサルを開始できるようにしておくためだ。
到着後に、二人で電気周りの作業を始める。
照明さんが現場を見に来ると聞いていたので、電気系統の準備だ。
おいらも中野も役者準備が必要だけれど、とは言え、やっておかないとねとなった。

監督が到着するなり、リハーサルは始まった。
衣装を着て、俳優たちがセットに立つ。
映画は絵だよという人がいるけれど、セットに立っているだけで絵が決まっている。
ぶるっと震える。
稽古場で見るのと同じ芝居でも、まったく違って見える。
助監督から相談されることをこなしながら、稽古に参加していく。

撮影監督も到着して、照明さん、音響さんも到着した。
ぐるりとセットを見まわして、様々な計算を立てている。
この辺に、灯り取りの窓が欲しいとか、出るたびに対応していく。
とにかく、24日の撮影開始までに、細かい部分はクリアしておきたい。
本番で、スタッフ仕事はなるべく、少なくしたいからだ。
やれることは全て気づくなり消化していくべきだ。

照明さんが車を出した。
なんと、今から機材を取りに行って搬入するという。
必要なものがわかったから、言ってくると車を出す。
自分のシーンや代役も含めて、リハーサルを重ねていく。

加藤Pが、差し入れを手にやってきた。
疲れがピークの時に甘いもの。ありがとうございます。
ちょうど、休憩時だったので、セットを案内する。
思わずセットを見て、声が出る。
楽屋まで案内すれば、「下北沢から世界へ!」とみんなに声をかけてくださる。
このロケーション、この美術に、とっても驚いていた。

リハーサルはどんどん進み、クライマックスも稽古できた。
おいらは、アングルから生で見ていたけれど、自然と泣けてきた。
このすごさが、映像に残ったら・・・すごい作品になる。
その途中で、古賀Pも到着する。
順調に進んでいる旨を伝える。

夜になり、希望しているシーンまで進んだので役者は解散する。
すると、照明スタッフが一気に動き出す。
パンパン小屋に照明を仕込み始めた・・・。
撮影初日の朝と聞いていたのに、一気にやりはじめる。

照明さんの搬入で、男たちは何も言わずに荷物を運ぶのを手伝った。
リハが終わるなり、女たちは何も言わずにスタッフさんにコーヒーを淹れた。
そのコーヒーを片手に持った古賀Pと話す。
自分の今までの関わった映画でいえば、この美術はありえない。
小野寺さんが言っていたのはこういうことなんですね・・・と言われる。
おいらたちは、ずっと、ずっと、こうしてきた。
搬入であれば、当然、スタッフさんに手を貸し、手が空けばコーヒーを淹れる。
少ない予算で少しでも良い作品にするために、自分たちでもセットを建て込む。
この当たり前のことをやっているのに、話してもなかなか伝わらなかった。
それが、実際に目にして、わかったのだと思う。
そして、今度は芝居で驚かせなくちゃいけない。
全ての仕事は、少しでもいい作品を作るためなのだ。

他のスタッフさんが帰っても、照明さんの仕込みが続く。
鍵を閉めるために待っていたのだけど、中野も残ってくれる。
仕込みが終わり、片付けをしはじめたころ、急に思いついて、中野と二人で床の補修をする。
さっきまで、リハをしていた役者が床に這いながら、補修をしているのだから・・・やれやれだ。
補修の後片付けは、明日の朝、やっておくよと伝えて、鍵を閉める。

今日やったシーンは、もう本番しか残されていない。
あっという間だ。
あっという間に、過ぎていく。

ここはまるで夢の中のようだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 00:00| Comment(0) | リハーサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする