2016年02月19日

【終了まで、もう4日だけ】舞台映像完全無料公開

セブンガールズは7人じゃない.jpg
「セブンガールズは7人じゃない」 2015 前方公演墳/「劇」小劇場 撮影 SKY 
本日もたくさんのたくさんのご支援ありがとうございました!
あっという間に200万円を超えていきました。
残すところ、あと4日。
まだまだ皆様のご支援を必要としております。
皆様の熱いご支援、お待ちしております!

昨晩、今朝と、感動で泣きそうになりました。
元劇団員が、Facebookで、この企画の宣伝をしてくれたのです。
佐藤君、嶋澤ひー。
本当にありがとう。
他にもね。
大平さんとかさ。ナンバジョーとかさ。
もう、言葉にならないぐらい感動してます。
宣伝してくれるその文章がさ・・・もぉ・・・。
ありがとう。

この「セブンガールズ映画化プロジェクト」
当初から、お問い合わせいただいていた事があります。
それは、どんなにページを見ても、どんな作品なのか観たことがないからわからないという物でした。
応援したくても、それがどんな作品かわからないままでは、中々応援まで踏み切れない。
そういうお声をいくつか頂いておりました。
その通りだと思います。
劇団は知っていても、この作品だけ知らない方もいます。
地方に住んでいる出演者の親戚たちもいます。
時間が合わなくて、交流の薄くなっている友人たちがいます。
そんな友人たちに、どんな作品なのか、どう説明すればいいのか。
ずっとずっと、考えてきました。

そんな皆様に。
最後の願いを込めて。

本日、2016年2月19日(金) 昼12:00より。
クラウドファンディング終了日の、2016年2月22日(月)の22:00頃まで。
限定期間だけですが、2015年10月に公演した「セブンガールズ」の舞台映像を完全無料公開いたします!

この映像は、劇団公演時にのみ物販ブースで買えるDVDとほぼ同じ内容となっております。
もちろん、リターン設定にある「サイン入り舞台版DVDR」も同じものです。
恐らく無料で作品を公開するのは、最初で最後になると思われます。
劇団前方公演墳としても初の試みであり、演劇界でも非常に珍しいケースです。
(もしお気に入り頂いたら、ぜひ、DVDを手に入れてください)

きっと、前方公演墳という劇団名は知っていても、まだ足を運んだことのない方や。
或いは、学生演劇をやっている高校生たち。
そして、地方から応援してくれている親戚や友人たち。
子供が生まれて、中々、足を運べないママたち。
いつか、この劇団に来て、足の遠のいた人たち。
泣きめし今日子を観ていた方々。
そういった皆様も、ぜひ、こちらで作品を確認してください。

そして、もしご覧頂いた際には。
セブンガールズ映画化プロジェクトのページもご確認いただきたいのです。
作品を観た直後に確認いただきたいのです。
きっと、作品を知らないで観ていた時と、全く違ったイメージになると思います。
掲載されている舞台写真の意味も、きっと違ってくると思います。

舞台は、この映像の100万倍の濃さでした。
もちろん、それは生で目の前で演じられた作品だからです。
映像では、なかなか空気感までは伝わらないかもしれません。
そういう意味では、非常に勇気のいる決断でした。
当初からあったお問い合わせに答える術を考えて考えて、公開に踏み切ります。

・・・実はまだ劇団員の多くもこの映像を観ていません。
用意した分は、先日の舞台の物販ブース用の数だけだったからです。
恐らく、劇団員もここで確認することになると思います。

公開時間になると、劇団前方公演墳のTwitterアカウントが自動的に公開をお知らせするTweetをします。
そちらのリンクをクリックしていただければ、ご覧いただけます。
舞台作品の完全版なので、2時間を超える大作になっています。
Youtubeがご覧いただけるテレビ、或いはPCでのご観覧をお勧めします。
スマホなどでももちろん可能ですが、なるべく大きな画面でお楽しみくださいませ。

地球の裏側にいても。
この作品を観ることが出来ます。

あと4日しかありません。
目標金額に達しなかったら、全てが水の泡となります。
企画がなくなります。
まだまだ皆様のご支援を必要としております。

最後の最後の決断です。

皆様の熱いご支援をお待ちしております!


「セブンガールズ」映画化プロジェクト
2016年2月22日(月)ゾロ目の日 23:59 終了

posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:15| Comment(0) | 公開中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

【終了までわずか5日】龍馬さんの言葉が聞こえた

その話は聞きたくありません.jpg
「その話は聞きたくありません」 
2015 前方公演墳/「劇」小劇場 撮影 SKY
本日もたくさんのご支援ありがとうございました!
あれよあれよという間に190万円を超えていきました。
次はいよいよ200万円に到達して、60%を超えていく段階にあります。
そして忘れてはいけない数々のコメント・・・。
たくさんの・・・本当にたくさんの勇気を頂いております。
このまま加速することが出来れば・・・実現するかもしれない。
そういう段階に入ってきました。
最後の3日に入る前に70%前後に達していれば・・・
ご支援をお考えいただいている皆様。お早目のご支援をお待ちしております!

また、たくさんの・・・
本当にたくさんの皆様がプロジェクトの告知をしてくださっています。
皆様、本当にありがとうございます。
今は、一人でも多くの方々に知って頂いて。
そして、一人でも多くの方の共感を集めていくしかありません。
ご紹介コメントもみつけられる限りではありますが、読ませていただいております。
ありがとうございます!

古くから劇団を応援してくださるお客様の中で、おいらのことを未だに龍馬さんと呼ぶ方がいます。
もう何年も坂本龍馬という人物を演じていませんが、今でも呼んでくださいます。
そのぐらい本気で龍馬さんと言う人物を掘り下げて、調べて、演じました。
もう何年も前・・・それこそ、初演は「声はきこえているか」の前です。
「夢を見る人」の代表格。
日本人であればそういうイメージではないでしょうか。

坂本龍馬は風雲の志を胸に、土佐から江戸へと昇ります。
時は幕末。鎖国国家日本に黒船が現れ、開国か鎖国かで揺れる真っ只中でした。
始めは、異国をうちはらうと意気込んだ龍馬は学び、師に出会い、やがて夢を持ちます。
その夢は余りにも壮大な夢だった。
そして、坂本龍馬はその夢のために、ありとあらゆる活動をします。
日本で初めての商社を作り、海外の商人との取引を成功させます。
商社として、幕府にも、どの藩にも縛られない、独自で動ける団体にしていきます。
犬猿の仲と言われた、幕府に次ぐ実力藩、薩摩と長州の同盟を実現します。
国力を落としてしまう内戦ではなく、幕府が自ら政権を返上する大政奉還をプロデュースします。
そして、政権返上後の、新しい日本の国家像、政府像までも提案していきます。
そして、志半ばで命を落とします。

商社が目標だったら。
薩長同盟が目標だったら。
幕府を倒すことが目標だったら。
国家像のプロデュースが目標だったら。
きっと、そのどれも、坂本龍馬は成し遂げられなかったと思います。
それでは他の志士と変わらなかったのですから。
そうではなくて、坂本龍馬にとってはそのどれもが目標ではなかったのだと思うのです。
自分の夢のために必要だったから、他の志士と違って極めて論理的に次の手に進めたのだと思うのです。
時に感情的になって、道を誤る志士がたくさんいる中。
誰もが不可能と諦めてしまうようなことに取り組めたのだと思うのです。

坂本龍馬の夢は
「世界の海を渡りたい。」
たったそれだけの夢だったのです。

自分の船で、貿易をしながら、世界中の海に行く。
その為には商社が必要で、つまらない内戦は必要なくて、日本が一つである必要があったのです。
龍馬が描いた新政府案の要職に龍馬の名前はありませんでした。
それを何故か問うた時に、
「世界の海援隊をやる」
そう言ったという逸話があります。
今はその逸話はなかったのではという説もあるようですけれど。
おいらは、坂本龍馬と言う人物を知るにつけ、この逸話は、恐らくどこかであった話だと思えてなりません。
そう考えないと、あれほどの仕事を一人の人間が出来るわけがないのです。

そんな坂本龍馬を演じたおいらは。
「セブンガールズ」映画化のクラウドファンディングに、今、必死になっています。
東奔西走した坂本龍馬のようにありとあらゆる施策を考えて、皆にも連絡しています。
けれど。
このクラウドファンディングの達成は、まだ「夢」ですらありません。
本当の夢は、達成して、実現して、その先にあります。

世界の海を渡るのです。

一口でも支援していただいた方には、UPDATEで誰よりも早くお知らせします。
まだ世の中の誰もこの作品を知らない時に。
海を渡るよと、お伝えします。

このクラウドファンディングは、ただ応援するだけではないのです。
世界を渡る船に同乗してもらうことなのです。
下北沢の前方公演墳ではなく。
世界の海援隊・・・世界の前方公演墳にしちゃろう。
そう、思うちょるのです。
応援してくださった皆様は、この船のクルーです。
全員で、海を渡っちゃろう、思うちょります。

なのいいゆう、なのいいゆう。
まだどうなるかもわからんちや。
ちゃ、ちゃ。
アシは、しょうまっこと、しんじゆう
おんしもついてきちゃらんか
こんふねに、のらんか
せかいのうみがまっちゅう
せかいのうみがまっちゅう
どえらいゆめっちゃ、いわんちや。
やっちゃるき
やっちゃるき

頭の中であいつが言ってます。
いつの間にかトモダチになったあいつが。

どうか、この船に乗ってください。
どうか、この船で一緒に笑ってください。

まだまだ皆様のご支援をお待ちしております!

「セブンガールズ」映画化プロジェクト
2016年2月22日(月)ゾロ目の日 23:59 終了

posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 01:37| Comment(0) | 公開中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

【いよいよ終了まで残り6日】最後のお願い

すごい熱。.jpg
「すごい熱・・・」 2015 前方公演墳/「劇」小劇場 撮影 SKY 
本日もご支援ありがとうございます。
いよいよ残り6日です。
様々な人が支援を呼び掛けてくださっています。
より多くの方々に届くといいなと思っています。

昨日か本日ぐらいからメンバーから皆様にご連絡が届くと思います。
メールやLINE、Facebookメッセンジャーなどなど。
親類縁者、ご友人、いつかどこかで出会ったすべての方々に。
それぞれがそれぞれのままにご連絡していると思います。
もう最後のお願いの時期に入りました。

このまま数字が順調に伸びればの話なのですが・・・
終了間際の3日ぐらいで、最後の仕掛けを考えています。
その頃に70%という数字があれば・・・と考えています。
もちろん、厳密に70%というわけではなくて、あくまでも指針です。
最後の3日、劇団すら知らない方々も含めて、アクセスが増えるそうです。
そのアクセスがさらに増えるような仕掛けを今、考えているのですが、
その時に、よし、応援しよう!、よし、実現させよう!と思えるような。
そんな状況だったら、より実現に近づける。
そう思っています。

本日、クラウドファンディングの代表様よりメールがありました。
最後の1週間で、達成することは全然おかしくないですよ!と書かれている。
そう、いよいよ現実的な時期がやってきたのです。
中には、支援するつもりだよ!と言っていただいている中で、最終日に!なんていう方もいらっしゃいました。
でも、そのたびに、なるべく早めのご支援を実はお願いしています。
早い段階で実現に近い数字になっていれば、それだけ、浮動票が多く集まって実現に近づくからです。

もし、最終日までには支援しよう・・・そう思ってくださる方がいらっしゃったら。
なるべく早めのご支援をお願いします!
ここに来て、法人様のご支援がある可能性だってゼロではありません。
その為には、ここ数日が勝負なのです!!
明日明後日に、どれだけ多くの方々にご連絡させていただけるか。
そこが分かれ道になるような気がしています。

正直・・・
180万円以上の支援金が集まっただけでも、おいらは驚いています。
すごいことだよ、これは。
こんなにたくさんの方々に応援してもらえるなんて。
舞台会場の特別支援を含めれば、200人以上の応援を頂いてる。
それも、まだ終了さえ迎えていないのだから・・・。

以前、劇団でメイクをしてくださったひろみさんが、チラシ寄越しな!配るから!って言ってくれたり。
音楽の吉田トオルさんが、SNSで呼びかけて下さったり。
他にも、たくさんの人が宣伝までしてくれている。
こんなに幸せなことはないと思うのです。

ああ!!
実現したい。
本当、実現したい。
達成したい。
たくさんのたくさんの応援の声に応えたい。
やれることはまだあるか?
あとは、何をしたらいい?
果報は寝て待てなんて言ってられない。
金曜までに・・・金曜までに、ここまで達成できれば・・・。
頭が破裂しそうになる。

ここからが本当のクラウドファンディング。
そう言われました。

ここから。
ここからだ。

ここが世界への第一歩なんだ!


「セブンガールズ」映画化プロジェクト
2016年2月22日(月)ゾロ目の日 23:59 終了

posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:04| Comment(0) | 公開中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする