2015年12月20日

【クラウドファンディングの公開まであと5日】映画の夢

ミチル.jpg
ミチル役 上田奈々 2015 前方公演墳/「劇」小劇場 撮影 SKY 
おいらには一つ役者としてはっきりとした欠陥がある。
それは、多分、世にいる俳優たちよりもきっと「売れたい」という思いが薄いことだ。
俳優を続けたいという思いは強いけれど、有名な俳優になりたいという思いがどうしても薄い。
なりたくないわけではない。
自分からなりたい!と強く行動することがどうしても苦手だ。
続けるためには売れないと・・・という考え方にはよくなるんだけれど。
劇団をもっと大きくしたい!とかさ。
でも、自分が俳優として売れたい!という方向には中々思いが至らない。

だから、おいらの芝居を見て、あ。こいつとなんか作品をやりたい!という人がいればいいなぁ。
そんなことばっかりいつも考えている。
おいらの芝居を見ていない人に、俺を使ってくださいよ!なんて絶対に言わない。
苦手なだけじゃなくて、なんとなくそれは違うと根本的に思っているからだ。
もう。根っこがそうなんだから、当然、そうなる。

ただね。
親父の葬式では、すごく悔やんだの。
親父の飲み仲間が葬式に来てさ。
親父、たくさん、おいらの話してたんだって。飲み屋で。
役者をやってるとも言ってたみたい。
始めたばかりの頃は隠してたくせにね。
それを聞いた時は、心の底から後悔した。
ああ、何をやってたんだ俺は・・・って、つくづく思った。
なんで、もっともっと親父が自慢話を出来るような仕事を出来なかったんだろう。
そう思った。

それですぐに、お袋にはね。
自慢させてやりたいって思ったよ。
役者なんかやってさ。
苦労も掛けてる。
心配も。
だから、その恩返しをさ。
してあげたいなぁって。

ちょっとだけ「泣きめし今日子2」に出た時もさ。
録画かなんかしちゃってさ。
ああ・・・って思ったよ。
そうなんだよな。
おいらが、舞台に立つ以上の価値が、あるんだなぁって。
ちょい役だ!なんて、笑われたけどさ。

それっぽっちの夢だけれど。
映画になったら。
おいらも、出る。
そしたら、きっと、喜んでくれるかなぁ。
映画館でおいらがスクリーンに映ってたら、喜んでくれるかなぁ。
そんなことばっか考えちゃうんだよ。

本当、誰のためなんだろう?

おいらが、自分で芝居を作/演出/出演した時に、師匠に言われたんだ。
お前は誰のために芝居を作ったんだ?ってさ。
あの時も、すごく考え込んだけれど。
本当によくわからなくなってきた。

でもきっとね。
それっぽっちの夢だけど。
劇団員なんか、みんな、そんな小さな夢を一人ずつ違う形で抱えてると思う。
そういう小さな夢が集まらないと。
多分、映画にならない。
色々な人の、様々な思いが集まらないと、映画じゃないんだと思う。
どんな映画にもそういう想いが詰まっているはずだよ。

想いじゃないだろ。
作品だし、技術だし、資本だよ。
そういう意見もきっとあるけどさ。
その裏には、絶対に想いがあるよ。
何故なら、想いがなければ、モチベーションが続かない。
映画製作って、そのぐらい大変なんだもん。
モチベーションを継続しないと出来ないプロジェクトだもの。

映画には夢が詰まってる。

本当なんだなぁって思う。


「セブンガールズ」映画化プロジェクト
クラウド・ファンディングサイト:MotionGallery https://motion-gallery.net/
2015年12月25(金)クリスマス 0:00 公開開始
2016年2月22日(月)ゾロ目の日 23:59 終了
目標達成金額:3,500,000円
(公開日より見ることが出来ます)
※クラウド・ファンディング公開前夜祭 12/24 0:00 クリスマス・イブ 劇団前方公演墳オフィシャルYoutubeチャンネル「前方公演墳の裏」内において、 クリスマスプレゼントとして、先行でクラウド・ファンディングに掲載されるPVを公開いたします。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 21:00| Comment(0) | 公開までのカウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

【クラウドファンディング公開まであと6日】一緒に創る!!

愛理.jpg
愛理役 佐野みかげ 2015 前方公演墳/「劇」小劇場 撮影 SKY 
Facebookページにコメントを頂いた。
これまではお客さんだったけど、一緒に創れる側に回れると書いてくださった。
ありがとうございます。
きっと、それこそが、このクラウドファンディングの醍醐味だと思うのです。
ちょっと、しばらくそのコメントをぼぉっと眺めてしまいました、、、

実際に企画段階から映画に関われるというのは中々ないと思います。
少なくても、俳優をやっているおいらですらない。
大体がプロデューサーと、他数名から企画は立ち上がるのです。
俳優発信の企画でない限り、俳優はキャスティングされるまで映画に関わることはありません。
だから、企画の立て方から、おいらには何もわからなかった。
ある意味、このBLOGを毎日読んでくださっている方も既に参加していると言ってもいいかもしれません。
徐々に企画が進んで、承認されて、記事を作成して、PVを作成して・・・
そういうストーリーを共に歩んできたのですから。
なぜこの企画がクラウドファンディングという方法なのだろう?
そういう疑問もきっと、一緒に歩んできた人にはもうわかってくださっていると思います。
いや、それこそが、理由なのですけれども・・・

まだ実際に作品になるかどうかもわからない企画です。
ですが、これだけは約束できることがあります。
一緒に歩んでくれたら。
大きな大きな達成感を持てること。
これだけは、間違いないです。
壁は何度も訪れます。
何度も何度も訪れることになります。
でも、必ず乗り越えていきます。
今までと同じように。ブルパワーで。
でも、きっと、乗り越えるごとに一緒に達成感を共有できます。
例えば、このクラウドファンディングの目標金額を達成したら。
一緒に歩んでくれた人だけが感じることの出来る「やったぜ!」を手に入れることが出来ます。
これこそが、きっと、最大のリターンなんだ。
コメントを読んで、つくづく感じたのです。

以前のコメントで、もう映画の舞台挨拶で泣くところまでは想定している、なんて頂いてました。
そうどこまで行くかわからないけれど。
そこが最後の達成感のゴールなのかもしれないです。
まず最初がクラウドファンディングの達成で。
そこを乗り越えれば、製作会議、台本完成から撮影場所決定、撮影、撮影終了、編集終了・・・そして公開へと。
そのたびごとに、共に歩んだ人にだけわかる達成感を感じることが出来る。
少なくても、劇団でいくつもの企画を立ててきたおいらは、そうだったのです。
プロデューサーという泥のような仕事ばかりの肩書。
でも、きっとやめられないのは、この達成感があるからだと思います。

クラウドファンディングとは、広くたくさんの人からインターネットを利用して少額融資を集めてクリエイターが制作資金を調達することと、ありとあらゆるところに書いてあります。
でも、実際には少し違うかもしれない。
クラウドファンディングとは、広くたくさんの人から支援を頂いて、共にプロジェクトの成功までの道程そのものを楽しむことの出来るシステム。
・・・というのが正解なんじゃないか。
そんな風に段々と自分の認識が変わりつつあります。

もうこのBLOGを始めから読む人は、中々出てこないんだろうなぁ。
このBLOG、11月4日から毎日更新しているので、今日は、46エントリー目になります。
公開2日前には50エントリー。
ここまで来ると、始めから読むのは一苦労です。
まだ、50足らずか・・・。
クラウドファンディングの〆切2月22日には、100を越えているんだなぁ。
その頃にどんなことを書いているのだろう。

どうぞどうぞ。
これからも見守ってやってください。

そして。

一緒に歩んでください。


「セブンガールズ」映画化プロジェクト
クラウド・ファンディングサイト:MotionGallery https://motion-gallery.net/
2015年12月25(金)クリスマス 0:00 公開開始
2016年2月22日(月)ゾロ目の日 23:59 終了
目標達成金額:3,500,000円
(公開日より見ることが出来ます)
※クラウド・ファンディング公開前夜祭 12/24 0:00 クリスマス・イブ 劇団前方公演墳オフィシャルYoutubeチャンネル「前方公演墳の裏」内において、 クリスマスプレゼントとして、先行でクラウド・ファンディングに掲載されるPVを公開いたします。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 20:00| Comment(0) | 公開までのカウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

【クラウドファンディング公開まであと1週間】感謝の力

成瀬凛太朗.jpg
成瀬役 小野寺隆一 2015 前方公演墳/「劇」小劇場 撮影 SKY 

そしてついに公開まで残り1週間になった。
舞台のチケット発売もクリスマスも1週間前。

このBLOGを毎日書いてきた。
最初に書いたのは「夢のはじまり」というタイトルだったはずだ。
そう。このBLOGを書き始めた日にはまだ夢だった。
企画の承認、記事の承認。そこに至る過程。
やがて、自分の中で、夢は現実と一緒に翔けることになった。

まだまだまだまだ何が起きるかなんか予測も出来ない。
クラウドファンディング成功の秘訣は開始週に30~50%を達成することだと言う。
そんなにいくだろうか?
自分の中では不安しか覚えない。
TIPSには、大きい金額の支援者がわかっていたら、早めにお願いすると書いてある。
そんな人も特にいない。
公開日に0円ということだって、十分にあり得る。
蓋を開けなければ、何一つわからないのだ。
出来ない予想をしても仕方がない。
出来ることを一つ一つ重ねていくだけだ。

もう一つのTIPSが最終週までに70%以上の到達をしておくことだと書いてあった。
まったく自分にはよくわからない数字になる。
そもそも350万円なんていう高額設定が、不安にさせる。
でも、自主映画ではなく劇場用映画にしようと決めたのだから。
泣きごとを言う暇もない。

泣いても笑っても残り1週間しかないのだから。

12月25日0:00。
間違いなく、MotionGallaryの一角に、セブンガールズ映画化プロジェクトが並ぶ。
何度もメールを確認したのだから間違いがない。
はっきりと、公開されると書かれている。

PVも。ページも。
これから配布していくプレスリリースも。
全て、思いが届くように気持ちを込めました。
どうかどうか、1度だけでもいいので、見てくださるとうれしいです。
そして少しでも共感いただけたら。
ほんの少しでも構わないので。
一緒に多くの方々にこんな企画があるよ!と広めて下さい。
そして、もちろん、支援してくだされば、これ以上の幸せはありません。

多分。
一週間。苦しみ続ける。
公開するまでは、ずっと。
精神的にも、肉体的にも、どんどん疲れていく。壊れていく。

でもさでもさ。
「夢」だもんね。
それを現実にしようと思えば、そりゃ、そうなるさ。
今までだってそうだったんだから。
スクリーンに、あの娼婦たちが出てくるんだぜ。
でっかいスピーカで、あの歌が流れるんだぜ。
舞台じゃ見れなかった細かい表情まで見えるようになるんだぜ。
涙だって、見えるようになる。
それどころか、あの作品が海を越えちゃうかもしれないんだぜ!
そんな夢を見れるんだから。
疲れるぐらいなんだってんだ!!
そんなの、河童の屁だい。

金額が届かなくても。
思いだけは、絶対に絶対に届く。
届くに決まってる。
浪花節で言ってるんじゃないぜ。
おいらは、何度もそれを実感として持ってるんだから。

まだ。
ちょっとどういうことなのか信じられない仲間もいるかもしれない。
その気持ちもすっごくわかるもの。

Facebookページに「いいね!」を押してくれた人々のリストを最近毎日見るようになった。
180人以上の人が応援してくれている。
中には、仲間もいるよ。
中には、友達もいるよ。
中には、元劇団員だっているよ。
中には、劇団員の知り合いもいる。
中には、いつも応援してくれるお客様もいる。
中には、驚いたんだけど誰の知り合いでもないどこかで知ってくれた人もいる。
リストを見て、ありがとう・・・なんて思って。
もう一度、ケツの穴に力を入れて気合を入れるんだ。
公開したらもっともっと増えるのかな?

こんな思い。
クラウドファンディングじゃないと出来ないよ。
企業スポンサーで制作会社にお願いするだけじゃ、感じることすらなかった。

だから平気だ。

へっちゃらなんだ!!

「セブンガールズ」映画化プロジェクト
クラウド・ファンディングサイト:MotionGallery https://motion-gallery.net/
2015年12月25(金)クリスマス 0:00 公開開始
2016年2月22日(月)ゾロ目の日 23:59 終了
目標達成金額:3,500,000円
(公開日より見ることが出来ます)
※クラウド・ファンディング公開前夜祭 12/24 0:00 クリスマス・イブ 劇団前方公演墳オフィシャルYoutubeチャンネル「前方公演墳の裏」内において、 クリスマスプレゼントとして、先行でクラウド・ファンディングに掲載されるPVを公開いたします。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 21:00| Comment(0) | 公開までのカウントダウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする