2020年06月19日

公開84日目

あべのアポロシネマ 最終日。
二度目の大阪の一週間が終わってしまった。
一度目の大阪の一週間で出会ってくださったお客様が来てくださっていた。
二度目の大阪に足を運んでくださった方が最終日も来てくださっていた。
寄付だなんて偉そうなこと言ってるけれど。
僕は上映をしてくださったことを感謝しています。
だって、この映画が誰かとスクリーンで出会うことが出来たのだから。

実はセブンガールズのホームページのシアターのページに。
あべのアポロシネマの情報と一緒に別府ブルーバード劇場の情報を記載していた。
多分、あまりにも普通に書いていて誰も気付かないだろうなぁと思って。
やはり今日まで気付く人はいなかったのかもなぁ。
毎年、別府ブルーバード劇場さんではお盆の時期に戦争映画の特集を組みます。
終戦直後のこの作品も4日も呼んでいただけることになりました。
またぜひ誰か遊びに来て欲しいという言葉も頂きました。
そんなことを考えていたら、明日から県外に出ていいことになっていました。
まだまだ先の事だからわからないけれど。
舞台挨拶が出来たらいいなぁとこちらは思っています。
何も決まっていないからわからないのだけれど。

そうです。
セブンガールズの上映が終わったのではないのです。
続くのです。
この映画は再び旅を始めているのです。
今、多くの映画館が名画上映に踏み切っています。
ジブリの名作復活とか、ナウシカ上映とか、なんかすごいことになりつつあります。
その中にそっと混ざっていけたらいいなぁと思うのですけれど。

今回のあべのアポロシネマさんの上映ではどうだったのだろう。
今の状況の中では基準がどこにあるかわからないから何とも言えないけれど。
思ったよりもお客様が来てくださったんじゃないかなぁと思っているけれどわからない。
もっともっと来て欲しかったと思っているかもしれない。
ほんの少しだけでも、上映館の助けになっていたらいいなぁ。

大阪の街にまた行ける日は来るのだろうか。
意外と、来週からもう一週だけ!とか言ってくれたりして。
でも実は、関西は大阪だけなんだよなあ。
京都とか兵庫とかさ。
インディーズをかけてくれる有名なミニシアターがいっぱいある。
どこかがかけてくれたらなぁっていつも思う。
シアターセブンで関西初上映した時に、お客様の反応ですごく思ったこと。
関西圏でたくさん上映して欲しいなぁってこと。
それは今も自分の中に残ってる。
もちろん関西だけじゃないけれど。
行っていない場所だってあるのだから。

大阪でセブンガールズに出会ってくださった皆様。
皆様の心にほんの少しだけ何かを残すことが出来ましたでしょうか。
手作りの映画です。
たった5日で撮影しました。
あの小屋は自分たちで創りました。
編集だってしたんですよ。
人との距離をとれという今の世で。
雑魚寝をする娼婦たちをどんな風に観ましたか?
濃厚接触を重ねる彼女たちはどうでしたか?
心は繋がっていましたか?

皆様ご鑑賞ありがとうございました。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 00:32| Comment(0) | 夢の彼方に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください