2020年06月15日

公開80日目

あべのアポロシネマ3日目
一週間上映唯一の日曜日
また今日も誰かがこの映画に出会ってくれたんだな。
そんなことを思いながら今日も一日が過ぎる。

そしてようやく、実に遅い歩みだけれど80日に到達することが出来た。
いつかどこかで止まってしまうのだけれど。
1日でも長く続いてくれたらなぁと願う。

あの1日目。
信じられない気分だったな。
たくさんの人にミラクルだって言われたなあ。

熱心に応援してくださるお客様がいらっしゃる。
もちろんそんな皆様には感謝するしかない。
でもきっと同時に考えなくてはいけないと思うことがある。
それは例えば熱心ではなかったとしても
「ちょっと面白かったぞ」と感じているぐらいの方もいるはずだという事だ。
そういう方々は2度目を鑑賞することはないかもしれない。
そしてその後は中々コメントなどを目にすることもなくなってしまう。
けれどきっとそういう皆様に期待されていることだってあるはずだから。
そういうことまでちゃんと考えないとなぁと思う。
どこかでこの映画と出会って、どこか心に残してくれている皆様を夢想してしまう自分がいる。
なぜならきっとそんな方が本当は一番多いはずだよなぁと思うのです。
こんなに熱心に応援してくださる方がいること自体が奇跡なのです。

それにしても遅すぎる一歩一歩で。
まったく亀のようで。
なんというか自分が自分に一番じれったいです。
僕はどちらかと言えば、せっかちな方なのです。

広く広く
どんどん外側に開いたような。
そんな流れが出来るといいなぁと思っています。
いつか誰かと誰かが偶然、その映画俺も見たよ!なんて会話が出来るような。
そんな広さをどうしても求めてしまう自分がいるのです。

高校を卒業して芝居を始めてもう30年近い年月が経ちます。
この世の中では、芝居の事ばかり30年も考えながら生きて来た事なんて大した意味も持っていない。
たった2本映画に出ただけの若い役者をあんなにも褒めたたえても。
300ステージ以上小劇場に立ったって、何もないかのような扱いなのに。
そいつが生まれるはるか前から芝居のこと考えてるんだけどなあ。
僕はそれで構わないよとずっと思って生きてきたのだけれど。
狭さとは、どうやっても広さと比べられるものなんだなぁと最近つくづく感じています。
広さに後ろ向きだった僕は今になってそれでいいのか疑問に思っています。

それでもね。
あべのアポロシネマさんのご担当者様が映画を観てくださって、上映してくださって。
今まで上映し続けてきた映画館も同じように観てくださって。
そして、有名なキャストが出演していない作品なのに足を運んでくださった方がいて。
今日も上映していて、誰かがチケットを買って観てくださっている。
それだけでもいいのかもしれないしなぁ。
いや、それだけで本当の本当はいいのだけれど。
ただただその向こうにいる誰かを想うのです。

さあ折り返し。
明日からの平日4日。
一人でも多くの皆様がこの映画に出会ってくださるといいなあ。

大阪から風が吹いているような気がした。
なんだかソースの匂いがしたからかな。


posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 01:02| Comment(0) | 夢の彼方に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。