2020年06月13日

公開78日目

久々に公開日のBLOGを迎えることになった。
一週間の、あべのアポロシネマでの上映が始まった。

まずこの上映に関してはこれだけは書いておかなくてはいけないと思う。
それは、新型コロナウイルスの蔓延における緊急事態宣言のことだ。
エンターテイメント業界は他のどの業界よりも早く影響を受けて、そして最後まで影響が続いている。
とは言え、その影響は様々な業種にわたっての拡がっているのだから自分たちだけではない。
嘆けば誰かを傷つけてしまうのではないかとの恐怖もあるし。
かと言って厳しさを伝えなくては一歩も前に進めない。
心のためにある音楽や映画や演劇がこんな時にがんじがらめになることをもどかしく思っています。

神話の時代から災厄というものがあって。
その中の四大災厄というものがある。
自然災害(洪水)、戦争、飢餓、疫病。
災厄が続き、連鎖することだけは止めなくてはいけないと思います。
疫病が拡がって、社会不安を呼んで、今、他の災厄の可能性もどんどん上がっている。
こういう時にこそ、僕は文化が必要だよって思ったりします。
後進国と呼ばれる国々の飢餓と、様々な軋轢を含む国際問題。
その厭な風が吹いている今。
戦後復興を扱う映画「セブンガールズ」は一体、どんな風に観えるのだろう?
そんなことを思っています。
どうしても厳しい世の中だから自分の生活を考えてしまうし、国内の事ばかりに目が行くけれど。
今こそ、世界をきちんと見るべきなんじゃないかと思っています。
そしてその世界を観る窓のひとつが、映画なんだと思います。

梅田での上映の可能性が出た頃。
この疫病のニュースが急拡大していった。
ああ、これは予約数が上映決定に達することは難しいなと、最初からわかっていた。
けれど、実際にその予約数が割った後に、Twitteで大阪では必ず上映しますと宣言してしまった。
もちろん、その時に何か伝手があったわけでもなく、可能性があったわけでもないのだけれども。
なんだか急に悔しくなった。
それは、大阪で出会った人たちが応援してくださったこともあるし。
或いは、大阪に住んでいらっしゃる方がご病気で遠征などが出来なくなったと聞いたりだとか。
何か忘れ物をしてしまったかのような気分になったからです。

あべのアポロシネマの予約画面を観てみました。
今もまだ影響は強く、予約は当日の0時から上映の45分前までしかWEBでは出来ません。
もちろん、劇場では当日券をギリギリまで買えます。
その座席も、まるでチェス盤のように1席おきになっている。
確か先週までは2席おきだったと思います。
シネコンですからどのスクリーンも大きく、200席前後の映画館だけれど。
今は、それこそミニシアターと呼ばれる映画館と座席数が変わらなくなっている。

本当なら例え平日の昼間でもその座席数だけでも満席になるような結果になるといいなあと思います。
でもなかなか難しい部分もある。
今、娯楽に向かう気分じゃない人も多いし、経済的なダメージのある人も多いし、不安な方もいるわけで。
それでも、上映直前にポツポツと座席が埋まっていって。
ああ、今日もセブンガールズを観に来てくださった人がいるのか。
そんなことを感じていました。

最初に上映のお問合せを頂いた時から、あべのアポロシネマのご担当者様はとても感じの良い方で。
一時は上映出来ないかもしれないということもあったのですが、様々な便宜を図ってくださいました。
直前に、掲示のことで少し想定外のことがあったのですが、それもわざわざ電話で謝ってくださって。
この一週間で少しだけでもセブンガールズが映画館にとって良い上映になるといいなと。
心から思っています。

良い時間帯をいただいたなぁ。
営業時間も制限される中、一番、観に来やすい時間帯だと思うのです。

僕は相変わらずですが、今日も誰かがセブンガールズに出会ってくれたということが嬉しいです。
そして、それをこれからも淡々と目指していこうと思っています。
どうしてもね、すでに出会ってくださった皆様へ何が出来るかという方向に頭が働きそうになることもあります。
でも、それはきっと実はその時だけの喜びなんだよなぁって思うのです。
本当は、まだこの映画を知らない人たちがどんどんこの映画に出会っていく。
それがすでに出会ってくださった皆様へ出来る最大の恩返しだよと思います。
だって、映画の配信だって、ソフト化だって、そういう先にしかないのですから。
大事なことは例え歩みが遅くても、今日より明日、明日より明後日。
この作品と出会った人が増え続けていくことなんだよって思います。

さあ。
週末がやってきます。
きっと大阪にもしばらく映画館に足を運んでいない方がいるのではないでしょうか?
広いスクリーン、空いた座席、ゆったりと映画を楽しんでください。
今、人と人との距離を取るように言われる中で。
この映画は大事なことをみつけるきっかけになると思っています。

今日観た人から。
じわじわと噂が広がるといいなぁ。
それが例えどんな噂だとしても。

誰かにとっての特別な一本になりますように。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 00:47| Comment(0) | 夢の彼方に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください