2017年07月13日

準備の準備

色々と苦労して練習しておいたのに全くならなかった・・・。
ふぅ。
今日はここまでだな。
まだまだ時間はあるのだから。
地道に構築していくことが一番だ。
毎日少しずつやる作業、じっくりと取り組む作業。
自分の中でタスクを決めないとだ。

再度、書き出しをする日が来るかもしれないし。

これまでの全てのデータのバックアップの準備もした。
撮影データ、音楽、カラコレ後の映像、字幕データ、MAデータ、スチール、編集データ。
字幕を付けた、オリジナル版完パケ、再編集版A完パケ、B完パケ。
そして、オリジナル版の字幕なし完パケも、そろそろ製作しておくか・・・。
製作データも入れられるのであれば、入れておく。
とにかく全てのデータを入れたパッケージを一つ。
そのHDDがあれば、急においらがインドに旅立ってもなんとかなる。
旅立つわけじゃないけれど。

それにしても撮影データとカラコレだけで、2TBぐらいありそうだ・・・。

カラコレ前まではPCのデータ領域で何とかやりくりできたけれど。
カラコレ後の編集は常に外部ストレージを繋げないと編集できなくなった。
映像編集のネックはやはり、データの量だ。
そう考えると、4Kなんて素材で編集している人たちに驚愕する。
撮影データだけで、どれだけの量になるか、想像しただけでも恐ろしい。
編集マシンは、仮想ファイルでなんとかなっても、データ量そのものはどうにもならない。
アップコンバートでも十分な気がするけれど。
4Kで、HDRとかだと、すごいんだろうなぁ。

時計を観ると、いつも暗算してしまう毎日。
向こうは、今、夕方の何時だなぁ・・・なんて考えてしまう。
どんな時間帯に、プログラマーたちは映像を確認するのだろう?
朝のテンションでは、中々、集中できそうにないし。
何本か見るのであれば、順番でも、審査が変わってしまいそうだけれど。
もちろん、審査をしている人は、そんなことぐらいでは揺らがない視点を持っているのだとは思う。
自分がその役割だったら・・・やっぱり、そうだからだ。
時差ってすごいなぁ。日本では深夜だけれど、今、SEVEN GIRLSを観ていてもおかしくないんだもんなぁ。
地球は丸くて、丸の上に、おいらたちは寄生している。

多分。海外に出している以上。
英語のHPを製作した方が良い。
何がどうなるかわからないし、どこかからアクセスがあるのかもしれないのだから。
それも、日本語でベーシックなものを作ってから考えようとのんびりしているけれど。

「君の名は」「シンゴジラ」「この世界の片隅に」などなど。
最近、話題になった作品のHPを観ていく。
今はもうDVDの宣伝モードに入っているから参考にならない部分もあるけれど。
なるほどなぁと思わせる部分、キャッチを一つずつみつけていく。
無意識に訴えるような、何かが必ずあるはずだから。

うまくいかないこともたくさんあるけれど。
地味な一歩でもいいから、少しずつ進め。
その先にしか未来はないのだから。

当たり前に、それをやるのだよ。やるしかないのだよ!
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:06| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください