2017年05月06日

風が吹くとき

Uターンラッシュなんかの報道が始まっている。
世間ではゴールデンウイークが終わろうとしているようだ。

風を感じる。

なんというか、日常の微かなことの中から風を感じることはとても大事なことだ。
風向きが向かい風なのか、追い風なのか、滞留しているのか。
感じないときは何も感じないし、何も起きそうにないと思ったりするけれど。
実は、風はいつもそこにあって、微かに動いている。

例え間違っていたとしても。
あ、風向きが変わったな?なんて感じることはとっても大事なこと。
誠実に真面目に取り組んでいれば、必ず、辿り着く場所がある。
そんな時、風向きを感じているだけで、一歩だけ、余裕を持てるから。
うん、そうなると思ってたという心持があるとないとでは、全然、その後が変わってくるんだよ。

ほんの少しの。
ほんの一歩のことだ。
タッチすれば、そこでスタートする。
何かがはじまる。
破裂して、何かが溢れ出す。
それは、いつだって、気付かないうちに目の前に現れる。
準備をしておきなさい。
必ず、その時がやってくるから。

シンプルなこと。
苦しいときはずっと耐えること。
波に乗った時は、少しでもその波を維持すること。
それだけで、トータルはプラスになる。
耐えられなければ、転落してしまってマイナスばかり増えるし。
波を維持できなければ、プラスに転じていかない。
だから、波がやってくることを。風が吹くことを。
ただただ信じて待つ。
それが、実は何よりも、強さを生む。
じたばたしながら、その時のために、目を凝らすこと。

大きな風が吹いていて。
その風をより大きな大きな風にするように走り抜けてきた。
つかの間、滞留している。
今は、少しだけ我慢の時。
すぐにまた、風が吹くと予感がする。
そんな予感の中、ほんの少し、微かに風向きが変わったような気がした。

数日中に何かの風が吹くなぁ。この感じは。
いつもの通り。
そこにうまく乗れないとだめだぜ。

楽天家なわけではないもの。
準備してきたし、たくさん、ひっくり返してきたんだから。
大丈夫、この先に、必ず何かが待っている。
まだ少しだけだけれど、流れみたいなものがうっすら見えている。
別にトンデモな話じゃなくて、因果の話だ。

信じているからこそ、強くいられる。
胸を張れるからこそ、自分でいられる。

始まるはずだ。
もうすぐ、風が吹くはずだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:17| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください