2017年03月19日

SE配置完了

そんなわけで効果音の配置が終わった。
今はラフミックスの2mixの音声に合わせているからとても浮いている。
MAでどんなふうに混ざるかだけど、不自然だったらその場でRECもありえるな…。
身体をたたいたり、竹ひごを振ったり、口で表現したり。

実は効果音って、そういう原始的な作業が多いことは良く知られている。
竹の杯を裏返して、段ボールの上をパコパコ叩いて馬の足音を表現したり。
ざるに小豆を並べて、波の音を表現したりというのはとても有名だ。
今はフィールドレコーダーの良いのが出ているからそれを利用すること多いけれど。
最近に至っても効果音のスペシャリストのドキュメンタリーなんかを観ると原始的だったりした。
拘り始めるとどこまでもやることになる。
REC出来る環境であれば細かい衣擦れまで全部REC出来るのだから。
時間があればそこまでやってみたいけれど、スタジオに入れる時間は限られている。

明ければ稽古だから、やれるところまでやった。
明日は稽古から帰ってきたら、データの整理をしておかなくちゃいけないだろう。
書き出しも必要だし、MA用のHDDも作る予定だ。
それに、もしかしたら、明日カラコレ済みのデータを受け取りに行かなくちゃいけないかもしれない。
その場合は、稽古を途中で抜け出すことになるのかもなぁ。
なんせ、編集のフィニッシュが近づいているのだから、そうなってくる。
なるべく、稽古は全参加したいけれど。

昼間にエンドクレジットの第二項が来た。
まだキャストとスタッフだけだけれど、これも作成に入るわけだ。
劇中テロップも画像データに変換して確定させないとだ。
もうあと一息。

カラコレが終わったデータをもらえれば、映像から画像の切り出しが出来る。
そのまま、映画の映像と同じ画像を切り出せるようになる。
そうなったら、このBLOGのデザインも再考しなくちゃいけないかもしれない。

それに関係者試写の準備をしなくてはいけない。
打ち上げを兼ねてだ。
完成披露先行試写会とはまた別の、その前の試写会だ。
キャスト、全てのスタッフ、ロケ地をお借りした方もお呼びすると伝えてある。
ベストな日程、参加人数などを考えなくちゃいけない。
本来ならば、この関係者試写及び打ち上げは、主宰が加藤Pになるところだけれど。
今回は、クラウドファンディングで始まった企画だから、こちらでやってよいとのお答えもいただいた。
細かいことだけれど、勝手に、打ち上げてメンツを潰してしまってはいけないと気にかけていた。
店探し担当を決めないと、大変なことになってしまうかもしれない。
Blu-rayとプロジェクターのある店をピックアップしておこう・・・。
誰かに頼むとして、でも、スタッフさんとの連絡も含めたら、結局、関わらないとか。

週が明ければ。
また、別の動きが出てくる可能性もある。

そのうち、このBLOGも書くことがなくなるんじゃないかって心配していたけれど。
やっぱり、日々何事かが起きて、日々前に進んでいくものだなぁ。

世は三連休。
春分の日かぁ。
古来から続く大事な節目の日。
春分と秋分は、同じ場所から太陽が昇るから、古代人も大事にしていた日だ。
仕上げていくには、なんだか、とてもちょうど良い日に思う。

気付けばまた年を重ねようとしているなぁ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 05:22| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください