2017年02月11日

いつかみた紙吹雪

冷たい風が横殴りに吹いたかと思ったら、魔法のように何もなかった目の前に雪が舞った。
驚く暇もなく、突然の雪だった。
雨も降っていなかったのに、こんなこともあるんだなぁ。

自分の中でいくつかのピークを決めている。
一つが明日までだ。
その次が今度の木曜まで。
それを越えれば・・・そんな風に思っている。

でも、今日はあえて、手を付けていない。
付けたくて何度か、いらいらしたけれど、我慢した。
今晩はゆっくりして、明日集中して作業する。
音声を振り分けて、仮の効果音を配置して、AASの書き出しをするつもり。
書き出すAASは、埋め込み型にして、簡易的に音声バランスの調整だけお願いしたいのだ。
AASとは、マルチトラックの音声データで、Protoolsなどで扱えるデータ形式のことだ。
どうせ、出展するなら細かいMAじゃなくても、バランスだけプロに見て欲しい。
その為には自分で出来ることは自分でやるしかないのだ。

本当なら、アフレコだってやっておきたい。
考えてみれば、アフレコもスタジオでやる必要は特にない。
デッドな環境とPCMレコーダーとマイクがあれば、ある程度は出来る。
おいらは、マイクしか持っていないし、PC直だとしてもオーディオインターフェースを持っていない。
本チャンのアフレコの前の仮のアフレコとしてやるにしても、ちょっと時間も足りていない。
別日撮影はそもそもアフレコありきで音声はガイド音声のみになっているしなぁ。

映像のタイムコードを動かせないとしてもやれることはまだまだ残っているのだ。
だったら、今日も・・・と思ったけれど、この2~3時間よりも、明日の集中を選んだ。
それが正しいのかあっているのかは、明日わかることさ。
ただ、自分の感覚でしかない。
今日は一端、一歩だけ離れて、テレビ映像やほかの映像を観る。
その上で、もう一度作業に戻った方が良いと、感じたまでのことだ。

音声で出来ることがある程度済めば。
その次は、映像データの整理だ。
まだ2~3トラックになっているのを1トラックにまとめておきたい。
その上で、XMLなどの書き出しを試しておきたいのだ。
そして、データのバックアップ。
そこまでのデータをいくつかのHDDに振り分けたいと思っている。

そこまでやれて、来週末、データの検証が待っている。
そこを越えれば・・・。
その前に字幕データの検証なども来るかもしれない。
とにかく、ここから一気に雪崩のように忙しくなる可能性まである。
全部分かったうえで、今晩はゆっくりとしたかった。
どうしょうもない、何にもない日を一日、作っておきたかった。

開きたいけれど。
今日はアプリケーションを立ち上げないまま、眠ろう。
さっきから、何度か開こうとしてしまうけれど。
なんだったら、なぜか、ヘッドフォンをつけて、BLOGを書き出していたけれど。

ここは一瞬だけ我慢するのだ。

日本海側は、大寒波が来て、大雪になっている。
太平洋側の、ここ関東にまで、雪が舞った。

嘘みたいに突然現れた雪は、まるで、いつかの舞台の紙吹雪のようだった。
現実感は乏しくて、演出効果のように感じるおいらがいた。
今立っている場所は、もう、現実じゃないのかもしれないなんて、感じたから。
今、立ってる場所に、今日はいてやったのさ。
普段の自分の感覚をもう一度掴んでから。
もう一度、熱中するんだ。

今日は満月だな。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:12| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください