2016年04月18日

全員の個性が炸裂する日を待っている

本日もシナリオが増える。
初稿完成まであと数週間と見えてきた。
あのシーン。そうか、そうなるのかぁ。

稽古前にミーティングの予定。
なのに、電車が強風で動かない。
結局3分遅れで到着して、すぐにミーティングをした。
各スタッフさんから要請の担当者の決定。
決まった。
それぞれが、それぞれに大変だと思うけれど。
別にこれまでと変わらないさ。
全員で作品に立ち向かっていくだけだ。

今、思い出したけど、今週は高橋にDVDを買わせ忘れた。
自分できっと何か買うと思うけれど。

飲みの席で、もし、今の芸能人でキャスティングするなら、どうする?って盛り上がった。
皆、自分の役が誰だと思うか?って聞いていた。
誰かが誰かの名前を言うと、それは違うでしょ。とかそんな話になる。
これはわりに悪いことではない。
この人が演じたらきっと、この役をこんな風に演じるなと、イメージを掴みやすい。
或いは、こんなふうに演じてほしいと思ったら、それが自分の目指す演技になってくるからだ。
より具体的にイメージできる。

別に時代問わずでいいんじゃない?と言って話してたら。
織田さんに現代の俳優じゃないとダメだ!って言われた。
なんでだろう?
昔の俳優でも映像資料はあるし、イメージできるのに。
感覚的なものだろうか?
織田さんは、特有の感覚的な発言をするからよくわからないことも多い。

それぞれがそれぞれに自分の役割を考えている。
俳優としては勿論、全体のグループの中での役割。
そして、イメージの共有を繰り返す。
この作品を知る深度がどんどん深くなる。
その繰り返しだ。

下北沢から世界へ。

簡単な事ではないとわかっているけれど。
それぞれが、それぞれに、本気で考えている。
世界に持っていくなら、どんな反応になるだろう?
想像している。

今までの舞台と同じと言えば同じだけど。
それ以上にやらなくちゃいけない。そんな風に言うメンバーもいる。

今のカメラを回した映像の稽古は、基礎の基礎の段階だ。
これがどこからか、役作りを伴った、芝居に代わっていくだろう。
今の時点でもしているけれど、もっともっと、役作りを徹底してからの撮影だ。
表情もセリフも、役になって、初めて本当の芝居になってくる。
映像だとこうなんだなぁ・・・なんていう感想を軽く飛ぶ日が来る。
その日までの今は助走だ。

こいつらにしか出来ない映画がきっとある。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:45| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください