2016年03月29日

それが馬力。

今週いよいよラインプロデューサーと製作プロデューサー、デビさんで打ち合わせる。
とりあえず3人で打ち合わせるとのことだ。
おいらは今ある資料だけまとめて、とりあえず打ち合わせまでに資料を用意している。
用意していると言っても、既に今まで集まったものや、台本に出てきたものを毎週まとめているから。
そこまで時間がかかるわけでもないのだけれども。
恐らく必要になるであろう資料は全て記載していく。
良い作品になるために、良き打ち合わせになるといいなぁと思いを込めながら。
どこまで打ち合わせられるのかもわからないけれど・・・。
確実に今までとは違う具体的な一歩が始まるのだ。
参加しないのに鼻息が荒いおいらっていう。おほほ。

そんなわけで、台本を読み返す。
出てきた場面、登場した人物、小道具、全てをもう一度洗い直す。
読み直しているとついつい役者モードにもなってしまうのが困るけれど。

急に日曜の稽古を思い出す。
あるシーンで、舞台の方が良かったなぁと思う箇所があった。
それは、シナリオがということではない。
芝居だ。
カメラが自分に向いただけで、固くなる。
それでいつもの芝居が出来なくなってしまったら本末転倒だ。
多分だけど映像用の演技をするという意識が邪魔になってる。
舞台と同じように芝居をする。映像だからいらない部分を削る。
たったそれだけの引き算の芝居でいいのに、0から作ろうとしてしまう。
芝居はいつものようにやって、それをカメラで納めてもらえばいいだけなのに。
なかなか、意識の部分だから難しい。
この作品は絶対的に良い作品なのだから、あとは舞台と同じようにその良さを役者が演じるだけだ。

ああ、ダメだダメだ。
資料のチェックしてたのに。
ついつい芝居の事を考えているおいらがいる。
困ったもんだ。
それだけ、面白いってことなんだけれど。
芝居の事を考えてしまうこと自体が。

自分に出来ることは今これぐらいなのだから。
これをきちんと整理していくしかないのだー!
やるぞい。

もちろんね。
今のシナリオから起こしている資料だけれども。
今のシナリオは第一稿なわけで撮影までに何度も推敲することになる。
だから、まだまだ変更されるかもしれない。
場合によっては打ち合わせで、色々と変わることもあると思う。
だから、無駄撃ちになっちゃうのかもしれない。
でも、そんなのってきっと関係ないよ。
もうどんどん進められること、出来るコト、やっていくんだよ。
やって無駄になることなんて、普通なんだもん。
もう、今まで舞台やってきて、ずっとずっと普通だったからね、そんなこと。
ボツになったこと、どれだけあっただろう。
でも、無駄なようで、無駄じゃないんだ。
その積み重ねが、いつか何かに化けるんだ。
それをおいらは、厭になるほど知ってるもん。

進んでる。
進んでいる。

ふっふふっふっふっふ。

皆様に色々と発表できる日が早くやってこないものかなーーー。

よしゃ。
もう少しがんがろ。

やってもしょうがないか・・・。
じゃなくて。
無駄になるかもしれなくても、やる。
そういうところが、馬力だよ。
そいつの持ってる馬力。

意外にそういうところが、全部、芝居にも出る。
馬力のある役者って、みんな、普段も馬力があるんだよ。
少なくてもおいらの先輩たちはそうだったもん。

全てが糧になるのじゃ!!
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:49| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください