2017年08月14日

重いけど

撮影直前に亡くなられた恩人の新盆に、劇団員の織田が行っている。
織田だけではなくて、おいらにとっても恩人なのだけれど、織田にとっては、おいらの何倍も歴史がある。
遥か北の青森の実家も、織田は何度も車で訪れたと聞いている。
織田は、基本的によほどのことがない限り稽古を休まない。
けれど、新盆なら行ってきなよとおいらも言っていた。

織田がいない稽古場というのも珍しい。
別に寂しいとか、そういうことではなくて。
なんとなく、いつも、座る場所が決まっているし、集団の中のポジションも決まっている。
そのどれか一つでもピースが欠けると、なんとなく、違和感を覚える。
特に、やいのやいのとうるさい何人かがいないと、いつもそんな気分になる。

その織田が演じた新崎役のセリフのテキストをおいらは用意していた。
織田がいない稽古場なら、それをやれる良い機会だ。
もちろん、いてもやればいいのだけれど、本人は、人のを聞きたい気分も聞きたくない思いもあるらしいから。
いない時に、それぞれが、どうやればいいか、そのうちやりたいなぁと思っていた。

先週までの稽古とは少し趣が違う。
まず、監督自身が書いたセリフだという事。
舞台公演をするたびに、何度も演出を重ねてきたという事。
もちろん、映画撮影前にも、映画版ではこうしたいというのを全員が知っていること。
そして、実際に映像化され、それをほとんど全員が、すでに確認していること。
それに終戦記念日が近い、この盆に、役者として戦争に触れるセリフであること。
稽古場にはたちまち思い思い空気が流れた。

セリフには、(こみあげる)(泣く)というようなト書きもついている。
それは、もちろん、やれと言われて、すぐに出来るものでもない。
偶然開いたYahoo!ニュースのトピックスのtopが、同じような戦時中の話題だった。
役者の一人は、先週の落語に比べて、重すぎる、やりたくないとはっきりと言った。

体調が悪いと聞いていた監督がいてくれたのもあった。
なんというか、タイミングだ。
織田がおらず、終戦記念日に近く、監督がいる。
そこで、SEVEN GIRLSの土台となるような部分のセリフを再度全員でやる。
この土台の上に、物語もテーマも、流れているのだから。
先週までの稽古とは違って、ある程度までは全員が出来なくてはならないのだ。
意味も知ってる、演出も聞いている、内容も知っているのだから。
もちろん、泣くことであったり、プランを練る時間であったりは、ないのだけれど。

一周目はおのおのが、自分なりに、そのセリフをやっていった。
一周目が終わって、監督から、もっと口語にして、誰かに話すようにやろうと提案。
そのまま2周目に入った。
ここで、どう変わるのか、変わらないのか、変えられないのかが、すぐに出る。
その場で終えられるようなレベルじゃない問題も、いくつか見える。
自分の中で、自分の弱い部分、ダメな部分、良い部分が浮き彫りになって行く。
監督のセリフを、監督の演出に、答えられないとしたら、もう役者ではない。
それぞれの俳優が自分なりに、何かを持ち帰っているはずだ。

3周目は、これまでとは、違うタッチでやろうなんて、流れになった。
漫談風にやったり、もっと崩した口語体にしたり、インタビュー風にしたり。
それぞれに、違ったやり方で演じた。
おいらはおいらで、頭の中で、四つ打ちの太鼓と、インストルメンタルのアメイジンググレイスを流して。
全てのセリフの節を、4小節の中に閉じ込めて、やってみたりした。
考えてみれば、聞いている人には、ちょっと、何をやってるかわからなかったかもしれないけれど。
一定のリズムの中で、長短あるセリフを、同じ小節内に収めていって、リフレインの中で強調できないかなぁと思った。
でも、あまりうまくいかなかったなぁ。
多分、それで、すごい表現になる正解がありそうだなってところで終わってしまった。
メロディまで頭の中で流したのがいけなかったのかもしれない。
つられて、ちょっと発音が変になってしまう部分があった。

良い歌は語り掛ける。
良いセリフは歌う。
そんな言葉を思い出していた。
話しかけるように・・・という演出での2周目の反省をしていて。
もっと、口語が音楽に近づくんじゃないかと思っていた。
うまくいかなかったけど、これは、いつかどこかの本番でやろうと思った。
はまれば、すごい面白い。不思議な感動を呼び込める感触があった。
長台詞にグルーヴを乗せることが出来るかもしれない。
そんな発見が出来たのだから、稽古した甲斐がある。

稽古が終わって、今日は呑むメンバーも集まらずに帰宅。
珍しく監督含めて男三人の電車。
・・・なんか、ぼぉっとしていた。
二人が話している内容を聞きながら、同時に聞いていないような。
それは、今日の稽古で、何かを掴みそうになったなぁという残滓だ。

役者なりに。
戦後72年に思いを馳せる。
そんな稽古だった。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:55| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

タイムリーではない

アメリカ在住の映画ライターさんの記事で「この世界の片隅に」の記事があった。
おおむね、アメリカ内のレビューで好評だという内容だった。
戦勝国で、実際に攻撃をしていたアメリカという国内で文化として評論されるというのがとても面白い。
その中の一節で、「北朝鮮の核挑発でタイムリーなことだけは残念だ」という一節があった。

北朝鮮のICBM実験で、ぞくっとした人は多かったと思う。
実は日本に届くミサイルはとっくのとうに完成していて、アメリカ本土に届くものなのだけれど。
なぜ、それで、ぞくっとしたのかと言えば、それは、アメリカが本気になってしまうかもと思ったからじゃないだろうか。
いくら、アメリカの事情に詳しいコメンテーターが、開戦はないと言ったところで、説得力がない。
アメリカという国のこれまでを思えば、やる時は絶対にやってきたとおいらは思う。
そして、独裁国家に核保有を認めることは、未来永劫ありえない国だと思っている。
なぜなら、独裁国家であれば、そのボタンを押す押さないが個人に委ねられてしまうからだ。
それでは、世界平和を一瞬で終わらせる決断を個人が持つことになる。
アメリカは実は脅しているだけだというコメントをおいらはあまり信じていない。
いつでもやれる準備がしてあるはずだ。

恐らく・・・というか、絶対にだけれど。
現代を生きる日本人に、戦争が反対じゃない人間はいないんじゃないかと思う。
それは、政治家でも防衛相の人間でも、自衛隊でも同じ。
戦争をしたい人なんかいるわけがない。
時々、戦争をしたがっているというようなレッテルを、誰かに貼るようなことをみかけるけれど。
それだけは、絶対にないだろうなって思う。
実際に戦争状態になった時のリアリティを求めるのか、理想を求めるのか。
たったそれだけの違いなんじゃないかっておいらは思っている。
戦争反対の上で、どんな準備が必要で、どんな覚悟が必要なのかということだ。
亡国まで覚悟するという決断をするのであれば、おいらはそれはそれでもいいよと思っていたりする。
亡国まで覚悟しないのであれば、また別の方法を模索するしかない。

なのに、日本のほんのすぐ隣が、きな臭くなってきた。
実際、これを人はどう思っているのだろう?
実は、おいらは、たびたび耳にしてきた
「いっそのこと、アメリカが北朝鮮叩いてくれないかなぁ・・・」なんて言葉を。
拉致にしても、武器の開発にしても、暗殺にしても、不正なマーケットにしても。
なんというか、目の上のたん瘤みたいな存在で、邪魔だなぁと感じるのはとてもわかる。
そして、たぶん、それがどういう結果になるかなど、特に考えず、軽く言っている言葉だ。
でも、実際に、そういう言葉を何度も耳にしてきた。
日本列島を越えるミサイル実験の時なんか、何度も耳にした。

これだから、怖い。

戦争は絶対に反対なはずなのに。
北朝鮮、誰か黙らせてくれないかなぁという意見が普通に出てくる。
そして、恐ろしいことに、そんな言葉に、どこかそうだよなって理解できる自分もいる。
自分の中でも、矛盾が出てきてしまう。
普段、リベラルな人でも、北朝鮮のミサイルには過激になったりする。
そのぐらい、人間というのは曖昧だって証拠だよなあと自分も含めて思う。
やわらかいのだ。人間の心は。
それは、誰が誰を責められることでもない。
戦争反対と叫んでいる人の家族の上にミサイルが落ちて、戦地へと復讐に向かったとしても、それが人間なのだから。

なんというか、なんというかだ。

おいらなりに、そこにリアリティを持っていたいなぁと思う。
その上で、芝居や映画について考えたい。
「SEVEN GIRLS」公開時に、タイムリーだなんて言われたくない。
この時代に生きていて、あの時代が過ぎていて、そこで何かをやっている以上。
他人事のようにはなってはいけない。

もし、米朝が開戦したら。
どんな兵器を使用したとしても、どこが与党でも日本政府はアメリカを支持するだろうなあ。
せざるを得ないというか。
なんだろう、この感じ。
なんなんだろう?

何があっているのかとか。
何が間違っているのかとか。
そういうことではなくて。
考えること、思う事、そこにちゃんといること。
それだけの話なのだけれど。

多分、それぞれが、自由について考えるってことと繋がっている。
そして、自己矛盾の中で、生きていくしかない。
その向こうに、きっと、意志がある。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:43| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

整える夏

昼を過ぎてから体を清めて出かける。
正月以来の神社まで。

明らかに電車内はいつもとは様子が違う。
時間帯にもよるのだろうけれど、いつものような焦燥感がない。

街を歩けば、盆休みをとる飲食店も多く。
人の数も、想像以上に少ない。
帰省ラッシュの報道が毎日のように流れているけれど。
あれだけの車に乗った数の人が都内から離れているのだ。
自然、都内が閑散としてくる。
実は、都内の、子供向けではない寺社巡りには、ちょうど良い季節なのかもしれない。

神社には、何人かの参拝客。
その後ろに回って、二拍二礼。
きちんと、心の中で住所と名前を言って、今日までのお礼とお願いをする。
不思議なことだけれど、心の中をすぅっと、何か一本の糸が走るような感じがする。
空にいる神様にお願いをしているようで、心の中にある無意識を整えているようだ。

参拝が終わると、神社のわきから、ノラが2匹。
トコトコ歩いて、石垣の上に丸くなった。
2匹は別の柄なのだけれど。
なぜか、実家で飼っている2匹と同じ2つの柄のノラ。
なんでまた、同じ柄の2匹なんだろうと、笑っちゃうけれど。
実家の猫と同じように片方だけが太っていた。
当たり前のように、実家にいる猫の名前を呼びながら近づいた。
人に慣れているのか全然逃げようとしない。
目をつぶって、無視する様は、まるで、実家の猫とそっくりだ。

あいつらもノラだったかもしれないんだよなぁ。

実家の二匹は、母親が拾ってきた猫だ。
母親は、おいらが拾った黒猫を飼っていて、病気で亡くした後にすぐに拾ってきた。
だから、考えてみたら、あの黒猫を拾わなかったら、あいつらも拾われてすらいない。
人生・・・ならぬ猫生ってのがあるとして。
なんというか、何が幸せなのかもわからないけれど。
こうして、神社で、人に声をかけられる猫生も、まぁまぁ悪くはなさそうだ。

猫に声をかけていると、神社の戸が閉まった。
そんなギリギリの時間だったんだなぁと思いながら、神社を後にする。

往来に人は少ない。
夕方だというのに日が高い。
ゆっくりと歩く。
涼しい日で良かった。

こんな夏も悪くない。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 16:47| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする