2016年12月19日

響く歌声

四日連続の編集。
今日は稽古場に。
いつもは、稽古場に二人きりなのがメンバーが集まる。
次回公演のDM作成があるからだ。
いつもは、耳に負担がかかるから、スピーカー出力だけれど。
思ったよりも、賑やかだから、ヘッドフォンでの編集になる。

昨日から終盤に突入した。
物語が大きく動き出している。
やはり数時間とは言え、編集は進む。
確実に、ここから先を目指している。

編集作業を止めて、稽古。
やはり中々、役者モードに切り替えが難しい。
一つの作品世界の中に没入してから、もう一つの作品世界の住人になることに体が違和感を感じる。
大丈夫。もう少し。
まずは最後まで編集が済んでから、もう一度、全体を見る。
その段階になれば、きっと、集中できる段階がやってくる。

稽古終盤。
急きょ、歌の練習に入る。
実は来週、スタジオにて、歌録りを予定している。
今日、一応、その段取りや集合時間まで詰めていったのだけれど。
エンジニアのKORNさんから、10時間見込みと届いてそれを知らせると、皆、すごくびっくりしていた。
考えてみれば、スタジオでのRECの経験がある女優なんて何人もいないのだ。
同じ曲とは言え、アレンジの違う形で、2曲分をうたう。
それを10人の女優が繰り返すのだから、当然、10時間はかかるだろう。
通常、1曲のRECでも、歌録りは、1日かかることもよくあることだ。
でも、経験がないから、まさかそんなにかかると思っていなかったみたいだ。
1分の歌を10回歌っても10分なのに、なぜ、そんなに時間がかかるのか・・・。
言われてみれば、劇場で、舞台用にさっとRECしたこともあるけれど、それだって2時間で終わる。
ほぼ経験がないのだから、驚くのも無理はなかった。

ブースに入って、ヘッドフォンをして、マイクに向かって一人ずつ歌う。
同じ曲なのに2曲は、リズムが違う。
ユニゾンで全員が同じメロディで歌うから、どのぐらい伸ばすかだけでも、統一させていくことになる。
それも、舞台で生で歌うバックミュージックに、なじませるためのRECではない。
映画になれば、当然、製品化されるという想定もしなくてはいけない。
サントラ発売なんて、早々ないのだろうけれど、とは言え、DVDになれば、繰り返し聴けるようになるのだ。
だとすれば、自然、製品クオリティのRECになる。

だから、ちょっと時間あるし、歌のレッスンしたほうがいいんじゃないですか?となった。
そして、その歌の練習をしておいて、結果的にとっても良かったと思う。
それぞれが、舞台のたびに何度も歌ってきた曲だけど、メロディライン一つとっても、ズレがあった。
或いは、ハネて歌う・・・ちょっとスイングする・・・そんなことを言われてもすぐにできない。
歌手ではないのだ。
だから、監督がデモで歌って、それを確認して歌うということも出来た。

編集の進行次第では、RECにも顔を出せればいいのですが・・・と話はしている。
もちろん、現段階の編集の状況を見る限り、相当厳しいのだけれど。
もし行けるなら、ガイドぐらいは歌うと監督も言っている。
ディレクションは音楽監督に任せる予定だけれど、様子ぐらい本当は覗きに行きたいのだ。
とりあえず、現時点での予定は2回編集に入れる。
その2回で、どこまで進むかだけれど。
一応、暗黙の了解で、頑張ろうとは思っている。

歌の入っていないデモで、映像の編集をしている。
だから、娼婦たちの歌を聞いて、もう一度、イメージが膨らんだ。
どんな楽器よりも、声の持つ響きには勝てないなぁと改めて思う。
人という骨格をすり抜けた音は、当然、人の体にもっとも響く。
その豊かな情報量の多さに、歌の持つ力を知る。
セブンガールズとは、この歌なのだ。
もっとも重要な作品の鍵なのだ。

ついに音素材の作業にまで入ってきたことになる。
撮影データ、録音データに続いて、劇伴と効果音が入ってくる。
編集の材料が、また増えていくのだ。
すごいなぁ。
すごいことだなぁ。
ありとあらゆる材料が、一つの作品に集まってくるんだ。

まだ少し、耳の奥に、あの歌が響いている。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:35| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする