2016年12月08日

耳が痛いのは

昨日に引き続き、音を貼り付けていく。
一つの音のファイルに最大で8chの音が入っている。
一つずつ聞けば、どれがエアーマイクで、どれがピンマイクなのかはすぐにわかる。
もちろん、近くに立っていれば、ピンマイク二人分の声を拾っていたりするけれど・・・。
それぞれを切り取って、狙っている音のデータだけにしていく。
口とのタイミングは、機械的に同期を書けたり、手動で動かしたりだ。
今日、ちょっと便利なショートカットを見つけて、また一段、作業が早くなった。

購入したPCバッグはだめだった。
ネットで買うとこれが起きる。
書いてあるサイズなら平気なはずなのだけれど・・・。
内容量はまた少し違っていたりする。
PCがはみ出た。
はぁ・・・。ため息。
次の編集に間に合わせたいのになぁ。

音の貼り付けは必要以上に疲労する。
耳に集中している分どうしても、疲れていく。
こればっかりはしょうがない。
ピンマイクになると、服に擦れる音や、呼吸音まで入っている。
その情報量に、耳がどうしてもついていかない。

今日やっていた個所は、きっとトオルさんが音楽を入れるなぁという箇所。
どんな音が流れるだろう?
音楽次第で、小さな擦過音などもノイズになったり消えたりする。
曲のもつ周波数帯域にどれぐらいかぶるのか。それで変わったりもするのだ。
音の定位でも、変わったりする。
音の世界は深すぎて、ついていけないぐらいだ。
そこまでくれば、もうMAの仕事だろうから気にせずに進む。
頭の中では、それでも、どんな音が流れるかなぁと、想像してしまう。

今日、編集できたそうだ。
けれど、調整できたタイミングが遅くて、おいらがPCを持ち運んでいなかった。
前の日に編集できそうなら教えてほしいと伝えてあったのだけれど、そういうことも起きる。
監督だって、忙しいし、タイミングが常に合うわけではない。
もちろん、監督も時間がないと認識しているから少しでも進めたがっている。
こうなったら、毎日PCを持ち運ぶか?
それはそれで、大きなリスクを伴うと思うけれど・・・。
どっちが良いのか、微妙な問題だ。

去年のこの時期。
クラウドファンディングの準備に追われていた。
あの時も確か、編集に四苦八苦していた。
クラウドファンディングに掲載するPVを作成していたのだ。
結果的にあのPVが大きな力を持った。
あの時は、ほとんど、なにもわからないまま、編集作業をしていたのを覚えている。
あのころに比べたらどれだけ成長したことだろう。
クリスマスまでに、クラウドファンディングの公開をすると息巻いていたのだ。
今となっては懐かしい。
まだ、クラウドファンディングってなんだろう?なんて人もたくさんいたっけな。

そう考えれば、大した奇跡の連続だよ。
この経験、この学び、この連続した奇跡。
何かが起きるに決まっているとやっぱり思う。
おいら、最初からそう信じて進んでる。
この企画は何かを起こすよ。
今は、世界の端っこで、ひとりぽっちの言葉でしかないけれど。
後から、きっと、わかる。

世に出すということは、同時に、覚悟のいることだ。
今まで知らなかった人たちに知られることなのだから。
どんな名作でも、口さがない連中は必ずいる。
ましてや、知っている俳優が一人も出演していないこの映画を悪く叩く人だってきっと出てくるだろう。
或いは、出演者がどこかで叩かれることだってあるかもしれない。
それが、世に出るってことだ。
そんなことは、全部わかって、世に出そうとしている。
とっくに覚悟している。
いや、むしろ、楽しみにしている。
こんなもん映画じゃねえよ!ぐらい、言ってくれる人がいたら、おいらなんか喜んでしまうかもしれない。
どんな感想でもいい。
どんなことを言われても書かれてもいい。
今更、その程度でメソメソするような、ガキじゃない。
それが、世に出るということ。それが、知られるということなのだから。
だったら、思いっきり、こいつらのことを知ってほしいぞって思う。
言いたいこと、書きたいこと、どんどん書かれるほど、知られているってことなんだから。

だから、自分たちの方法を貫いた方がいい。
どうせ知られるなら、擦り寄る必要なんかない。
その方が、ちゃんと、知ってもらえる。
気取らずに、いつもの、自分たちの作品の取り組み方をそのまま出せばいいんだ。

耳が痛い。

今日はどうやらここまでだ。
耳が痛いのは、編集で集中していたからだし、ヘッドフォンをしていたからだ。
何か言われて、耳が痛くなることなんか、もう、早々ないよ。
続きを読む
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:35| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする