2016年12月22日

こだわるときは立ち止まる

編集日。もう何日目の編集日かもわからなくなった。
今日は編集始まって以来だと思う難しい編集だった。
ここでこれが欲しい!という素材がみつからなかったり。
ここで繋ぎたいのに、微妙に動きが合わなかったり。
或いは、ここの間を強調したい!と思ってもうまくいかない。
そういう迷宮に入る日だった。

編集初日のようなスピード感で編集が進んだように思うぐらいだ。
もちろん、もう終盤だから、重要なシーンだというのもある。
届けたいニュアンスの全てを表現したいということもある。
そもそも登場人物が多いシーンということもある。
要するに拘りがあればあるほど、時間がかかる。
結局、今日はこのシーンの途中で終了した。
1日の編集で1シーンというのは初だった。

帰宅して整理だけはしておこうとする。
とにかく、最後に言っていた編集部分だけは整理しておく。
もちろん、これも正解ではない。
一応、最後に言っていたやつにしておいて次回、すぐに見れるようにしているだけだ。
このシーンはやはりまだ終わっていない。

どこかで潔さも必要だ。
ここで終わり!と自分の中で決める日がいずれ来る。
こだわってしまうと、もう、ゴールなんかどこにもない。
どこまでもどこまでも、こだわることが出来る。
ありとあらゆることが出来るのだ。
カット編集だけで、これだけこだわれるのだから、それ以外もやりはじめたら無限のようにも思える。
これでいいのだ!と自分の中で落とし込める。
その瞬間を待つしかない。
もちろん、監督は、ダラダラと決めきれずにこだわり続けるようなタイプでもない。
決めるときは、いや、これで行こう!と、思ってるよりもはっきりと決めることが出来る。
今の段階だから、これが出来るのだ。

ふとタイムコードを観ると、まもなく120分を越えそうな感じだ。
どこかからテンポが落ちているのか。
シナリオを読む限り、ここで120分なわけがない。
全体を見れば、きっと、この辺がかったるいなどなど出てくるだろう。

攻める気持ちと守る気持ちが交錯する。
徹底的に攻めることもできなくはないけれど。
やはり、物語のわかりやすさを維持する守りも最低限必要な作品だ。

編集の繋ぎには、ルールはない。
一応、セオリーはある。
セオリーがあるからこそ、そこを外した時の違和感もでる。

1つのシーンで何時間もかけるのは小さくないストレスがかかるけれど。
どう考えても、ここから先は全て、こういうシーンが続くことになる。
どのシーンもこだわりが必要で、そして、他のシーンよりもたくさんの素材が用意されている。
それはそうだ。
これまでの全てのシーンは、ここからのシーンに辿り着くためにあったのだから。

整理が終わって、少しだけ、音の貼り付けも進めておく。
とにかく、一歩でも前に進むのだ。
仮で作ったタイトル部分も、作りこむ時間が欲しいのだ。

歌の録音についても少し話した。
ブースに入ってのちゃんとしたレコーディングなんて、初体験の女優ばかりだ。
当たり前だ。歌手ではなくて、女優なのだから。
やっぱり、最初だけでも顔を出せるか考えようという話をした。
最初だけでも監督がいるのといないのとでは、精神的にも大きく違うようにも思う。
そのままスタジオで映像編集できるなら・・・しばらくは、滞在できる。
その方向でも調整してみよう。
もちろん、まだまだ未定だけれど。
次の編集しだいだ。

ああ。明日、データづくりをしてくれるんだなぁ。
トオルさんのBLOGを読んで、何とも言えない気持ちになる。
音楽と映像とは言え、同じように、シーケンサーに向かい合っているのが、なんだか、面白い。

2016年も10日を切った。
いつの間にか少しだけ太っていた。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:17| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

鬼は笑えども

年の瀬も迫る中、1月舞台のチケットが発売開始になった。
幸い、順調に伸びているようで、ほっとする。
いつもとは違うスケジュールだから、チケットの動きがまったくわからなかったけれど。
久々に皆様の前に立てる、逢えるという思いが、どこかでつながったような気がして胸をなでおろす。

街はクリスマス一色。
いつの頃からか、イルミネーションがあふれる国になった。
いつもの生活空間も、例えばコンビニエンスストアさえも、クリスマスカラー。
子供の頃はあんなに楽しみだったのに。
いつからだろう?どこか第三者のような感覚で、街を眺めてしまうのは。

去年のクリスマス。12月25日の0時に、この映画企画の第一歩が踏み出した。
クラウドファンディングという挑戦を開始した。
あの時はまだまだ、懐疑的なメンバーも多かった。
たった一年で、今は、もう編集を待っているのだから、すごい変わり方だと思う。

毎年、この時期になると、自分なりに一年を総括して、来年はこうなろうと自分の目標を持つようにしている。
それはもちろん、達成されることもあるし、達成されないこともあるけれど。
自分の中で、こうしたいと気持ちを固めることは、いつもしている。
正月なんて365分の1日でしかないけれど、区切りだと思えば意味もでる。

2016年は、自分の中で大きな大きな一年だった。
まだ、映画は完成していないし、社会的な意味での結果なんて何もできていないけれど。
だとしても、今年は自分の中での大きなターニングポイントになるだろうと思う。
自分のこれからの人生を考えても、今年一年走り抜けたことは、どれだけ大きな力になるだろう。
出来ないと思えたことを次々に覆して、やるに変えていった。
着実に、おいらは自分の足で歩いたという実感がある。

でも、100点満点なのかと聞かれたら、まったくそんなことはない。
むしろ、赤点かもしれない。
たくさん失敗したし、自分のダメな部分も改めて感じたことが何度もあった。
そのたびに、自分が嫌になったりもした。

年が明けて。
2017年は、少し、楽になろうと思っている。
別に楽になるというのは、去年のように走り抜けないということではない。
おいらは、今年、2016年、たくさんのたくさんのものを背負っていたと思う。
その荷物を、降ろそうと思っているのだ。
荷物を降ろして、同じように走り抜けようと思っている。

母親に、いつも言われる。
あんたは人に気を使いすぎだと。
なんで、いつもあんたばっかり、色々やってんだと。
おいらが、怒る時は、大抵、誰かの迷惑になるようなことをしているのを見た時だ。
自分に迷惑が掛かっても、めんどくせえなぁって言って、大抵のことは飲み込む。
でも、自分以外のものや、誰かの思いを無下にするようなことにはどうしても我慢が出来ない。
そういう自分の持っている資質が、今年の原動力になったのだと思う。
支援してくださった皆様のため、仲間が未来を見て進めるように、作品をもっと色々な人に知ってもらうように。
そうやって、人のことを考えていたからこそ、頑張ることが出来た。

悪い癖なんだ。
皆の期待している以上の小野寺さんになろうとしてしまう。
小野寺さんならなんとかしてくれると思われたら、そのなんとか以上を目指す。
常に、誰かの期待に応えなければいけないという強迫観念に追いかけられている。

でも、来年は。
ちょっとわがままだけど、自分のためだけに走ろうと思っている。
当然、自分のためにと思ったとたんに、馬力がガクンと落ちるのだろうなぁと思う。
自分のためだったら、怠けたくなってしまうのがおいらなのだ。
でも、それではいけないなぁと、じんわりと思ってきた。
自分のためだけに今年のように頑張れたら。
そう思ったら、少し震えるような思いになった。
好きなように暴れないといけない。
今、この企画を通して、来年、そんな自分にならないと後悔してしまうような気がする。
そう感じた。

自分優先。

中々達成できないと思うけれど。
1月公演が終わった頃から徐々にシフトしていきたいなぁって思っている。
皆の目指していることのために、自分の全ての力をつぎ込んだ。
だからこそ、今度は自分がやりたいことのために、自分の全てをつぎ込みたい。
この年になって、オレガ!オレガ!をもう一度取り戻すなんて出来るのかなぁ。
わからないけれどさ。
ギラギラとしたい。

もちろん、ちゃんと自覚したうえでだ。
無自覚に、自分のことしかやらないような奴になるわけじゃない。
自覚したうえで、自分を最優先に置くんだ。
だから、若いころのギラギラともちょっと違うのかもしれない。

達成できるのかなぁ。そんなこと。
ちょっとわからないけれどね。
損得とも違うし。
純粋に、小野寺さんっていう役者にとって、足りない何かを見つけるのはそれだってことなだけで。
つまらないんだよ。今の小野寺さんじゃ、おいら自身が。

そんなことを考えながらも。
今日もペコペコと音声データを探しては、映像クリップにリンクさせていった。
そして、明日は編集でもある。
その原動力は、まるっきり、自分優先とは違う理由だったりする。
まぁ、そんなもんだ。

でも、ちょっとだけ、意識するよ。その意識があるだけで違うのさ。
おいらは来年、もっともっと、おいらのために生きるんだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:13| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

珍しくスマホから

現在、このブログサービスがメンテナンス中だ。
仕方がないので、スマホから書いておこう。
せっかく毎日書いてきたのにメンテナンスで、止まるのも悔しい。

今週は編集が三回予定。
増える可能性はあるのかなあ。
音声貼り付けが追い付くのは中々難しいだろう。
バランスもMAでやると思うのだけど、多少はいじらないと、みてられないぶぶんもある。
悩ましい。
第一ブロックの貼り付けは、終わったから、第2ブロックに進んだ。
第三ブロックの編集が終わったから、まだまだ先は長い。

明日は1月の舞台のチケット発売日。

この企画のクラウドファンディングの公開日が25日だったのを思い出す。
去年の年末もずっとパソコンに向かってたなあ

やっと、2月以来の舞台がやってくるんだなあ。
席数が限られている。
そもそも、日程も限られている。
プレミアな内容になる予定。

年末だけど、わさわさしてる。
いつまでかな?
年明けまですでに、カウントダウンに入ってる。

何かが継続していて。
何かが始まる。
目指す場所は同じだけど。
やることはまったく違う。

レコーディングの段取りも組めたかな?
場合によっては、組み直しもあるかもだけど。
まあ、ベストな方向になればいいさ。
作品の肝だ。
ついに、音楽監督の登場だ。
編集優先で行けない感じだけど。
ここまで、色々やってきて、行かないでいいのかな?って、感じてきた。
とはいえ編集も、まだまだ時間がかかるか。

舞台。編集。録音。

様々なことが同時進行で進む。
迷うな。
自分の中のプライオリティを整理せよ!
この企画の最大限の成功を目指せ!

今年の正月に買ったお守りを握りしめた。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:51| Comment(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする