2016年10月19日

美術設営2日目

集合時間前に鍵を開ける。まだ早朝。
ロケ地の建物の窓を開けていって、空気を入れ替える。
前日の雨から一転の、青空。
それならと、布団を干す。
旅館からいただいて長い間布団袋に入っていた布団に呼吸をさせないと。
湿気で重くなった敷布団を並べていると、何人か到着。
布団を並べるだけで、結構な汗をかいた。

美術さんが到着して、すぐに設営に入る。
前日は雨だったから室内の設営だけだったけれど。
せっかくの晴れだから、外から設営していく。
外観も大事な要素。
すでに、ロケ地そのものが、時代感があるけれど、そこに追加していく。

ものすごいスピードで作業が進んでいく。
積極的においらも、こういう感じでいいですかと進めていく。
やはり、二日目の作業がカギだ。
翌日には、監督や撮影監督もロケ地入りする。
撮影するアングルの確認や、美術の確認も当然出てくる。
それまで、どこまで追い込めるのか。
少なくても、メインとなるパンパン小屋だけでも、めどをつけたかった。
けれど、人数が一番少ない日・・・。
もう、頑張るしかない。

女優達も積極的に設営に参加した。
インパクトドライバーを握り、布を染め、のこぎりを挽き、トタンを運ぶ。
男だって嫌がる作業もあるし、出来ない作業もある。
いつもの舞台であれば、男だけでいいよと、手伝うことなんか少ない。
けれども、やっぱり、22~23日にリハーサルをしたいし。
スタッフさんが来るまでに形にしたいという思いもある。
でも、もう、そういうことだけでもないのかもしれない。
どんどん出来上がっていくパンパン小屋にワクワクが止まらないのかもしれない。

音楽監督の吉田トオルさんが差し入れを持って現れる。
ぐるりと、ロケ地を案内して、しばし歓談してから作業再開。
トオルさん、懐中電灯で手元を照らしてくださったりしてくれる。
実際の現場の空気を感じて曲を作りたいと思ったなんて言っていたけれど。
その、現場の空気がリアルタイムでどんどん出来上がっていくのだから、どう思ったか心配だったけれど。
気に入ってるセットの箇所とかもあったようで、一安心。
あそこに、昭和の衣装を着た俳優が立つ日がもう来週に迫っている。
きっと、トオルさんの想像力だと、そこまで見えているのだなぁと思った。

大物の建て込みがあらかた片付いた。
ここから残りの建て込みと装飾に入っていく。
想像を超えるスピードで順調に進んでいる。
それもこれも、皆が頑張っているからだ。

全員が現場を出てから一人、カギをかけていく。
電気も消えて、懐中電灯一本。
そこから、自転車にまたがって帰宅した。

これは、美術設営でさえないのかもしれない。
すでに、クリエイティブな、映画作りという作業に入っている。
そんなことを思いながら。
重くなったペダルを踏んだ。
続きを読む
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 00:00| Comment(0) | 撮影準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

美術設営1日目

美術の設営についに入った。
やはり、昨日のうちに基礎の舞台を組んでおいたのは大きかった。
基礎の上に柱を並べて、そのあと、どこにどんな材料を組み込むか立ち並べていく。
美術さんが、ここに、これを!こんな建具ないですか?こんな家具ないですか?にもどんどん対応していく。
イメージがどんどん具現化されていく。
基礎からやってたら、こんなに進んだはずがない。

本当に色々なラッキーがあった。
美術の杉本さんとの出会いはもちろんだけれど。
家具類や建具などを旅館からいただけたこと。
足場丸太をいただけたこと。
トタンをいただけたこと。
ほかにもたくさん、信じられないけれど、手に入れてきたこと。
そして、このロケ地!
何かがないと思うと、このロケ地でみつかるという偶然の連続・・・。
ちょっと、信じられないような素晴らしい環境の中、セットを組み立てている。

気づけば、柱の間に壁が立ち、部屋の仕切りが立ち。
少し道具を置くことで、雰囲気を見るようなところまで行って。
朝早くからすでに12時間経過していたのだけれど。
真っ暗な夜の暗闇の中で、作業灯に照らし出されたその部屋は、まさにパンパン小屋そのものでした。
もちろん、これは、まだまだ途中段階。
ここから、さらに材料を重ねたり、汚しを入れたり、していくわけで・・・。
照明だって作業灯ではなくて、本当の照明になって。
そこに、衣装を着てメイクをしたパンパンガールが立つと思うと・・・。
うわあ!!!
これは・・・これは、とんでもないことになる!!!
・・・と確信したのです。

俳優ってね。
稽古着で稽古をしているでしょ。
ジャージとか短パンとかTシャツとかさ。
それがね、変わるの。
衣装を着ると、自分でその気になっちゃう。
セットに立つと、自分でその気になっちゃう。
音楽が流れると・・・照明が灯ると・・・
どんどん、芝居はよくなっていくのですよ。
それが起きると確信したよ、おいらは。

明日も朝が早い。
明日には、ほぼほぼ建て込みが終わって、明後日から装飾に進めるぐらいにしたい。
さすがに、男だけでは、もう無理な段階だから女優にも手伝ってもらうことになる。


終戦後・・・
焼野原・・・。
銀座から富士山が見えるような焼野原。
雨露をしのぐために、そこら中に落ちている燃え残った廃材で小屋を建てていった。
それは、まさに素人建築で、建築の常識なんてなんにもないような掘っ立て小屋。
男は兵隊にとられていたから、女だってバラックを建てた。
そんな、風が吹けばきしむような雰囲気のバラック街。
おいらたちは、その当時と、同じように廃材で、素人建築していっている。


これは、すごいことなんだよ。
本当に、奇跡のようなことなんだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 00:05| Comment(0) | 撮影準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

搬入二日目

昨日、予定以上の搬入作業を終えたために、今日はトラック舞台以外は午後入り。
今回のメインのセットになるパンパン小屋の基礎部分になる平台を取りに行ってもらう。
おいらは、途中からトラックに合流して午前から倉庫作業。
設営に必要な道具や、これまでの舞台で使った道具なども全てトラックに積む。
倉庫に上がる階段で、ああ、いつもよりも足が上がらないなぁと気づく。
想定していたよりも早く作業が終わったので、昼食をとって、ロケ地に向かう。
集合時間よりもやや早く着いたから、下せるようなものだけ下ろしていく。
おいらは、自分の衣装や貸し出す予定の衣装も、運んでもらったから、ほこりにならないようにロッカーにしまう。

徐々に到着する男メンバー。
実は女優陣は、今日は別の稽古場で稽古をしている。
昨日、掃除をしてもらって、ほぼ完了している。
搬入、準備作業であれば、ということで、女優は稽古になった。
男だけの時間は今日だけ。
相変わらずバカみたいなことを言いながら作業を続ける。

トラックから荷を下ろす。
これでほぼ全ての材料は搬入が済んだことになる。
作業分担をして、それぞれの作業に入る。
美術設営は翌日から。
けれど、美術スタッフが入る前に出来ることも当然あるからだ。
実際に一番利用する玄関の扉の修理。いくつかの小道具の制作。
そして、なによりももっとも大事な、メインとなるパンパン小屋の基礎を組む。
平台もいつも舞台で使っているものよりも重量感のある平台だった。
測量して、墨を引いて、足を並べて、平台を組む。
そして、平台通しを繋げていく。
この作業を搬入日に完成させておくだけで、まったくその後が変わるはずだ。

玄関扉はスムーズになり、基礎ができる。
基礎につなぐべく、わかっているパーツも二つ出来上がる。
小道具も出来上がった。
夢中になって設営しているから、織田稚成にお通夜に向かうように言ったんだけれど。
あと少しだけ・・・と、中々行こうとしなかった。
いいから行けと命令して、やっと、着替え始めるようだった。
結局、開始時間には間に合わない時間に出ていった。
織田がいなくなっても、設営は続く。
こだわる部分も出てくる。
ここにきて、事前に準備しておいた道具も、活躍し始める。

基礎が組みあがった段階でタイムアップ。
一歩外に出ると、すでに真っ暗だった。
昨日置いて行ったチャリンコにまたがって、帰宅する道すがら。
空に浮かぶ、大きな満月を見上げる。
間違いなく、満月に応援されながらここまで来たように思う。

明日は搬入作業とは違う。
いよいよ具体的な美術設営に入っていく。
集合時間もこれまでよりも、ぐっと早くなる。
苛酷だけれど、同時に、肉体労働よりも、役者に近いクリエイティブな作業にもなっていく。
なんせ、そこに、終戦直後の街がどんどん立ち上がっていくのだから。

帰宅していくつかの連絡をして。
すでに、ほぼギブアップ状態。
シャワーを浴びたら、いつもよりも、右の上腕二頭筋が膨れている。

おいらは、カギを預かる身だ。
だから、なるべく自転車で行く。
交通手段がなくなっても帰ることができるから。
逆を言えば、音が出ない作業ならみんなが帰った後も続けられる。
むしろ、ある程度美術が組みあがったら、個人練習だってできる。
あの場所を占領だってできる。
・・・でも、どうかな。疲れちゃうかな?
とても、練習できる精神状態にはならないかもしれない。

いよいよ平日だ。
電車の人は、ラッシュ前に電車に乗れるといいのだけれど。
早く集まって、早めに終わったほうが健康にもいいはずだ。

あの地を。
セブンガールズの街にする日が来た。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 00:00| Comment(0) | 撮影準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする