2016年07月19日

一本道

第二稿、転送後、監督からもらった設定資料を清書作業する。
事前に役者にまとめてもらった、情報と併せて、スタッフさんに渡せる資料に仕上げている。
今日中にも終わるだろうと高を括っていたのだけれど、思ったよりも時間がかかる。

通常映画のシナリオは80ページぐらいだという。
それが今回のシナリオは優に130ページを超す。
シーン数も、当然、通常の映画の倍以上ある。
その上、登場人物も30名を越えている。

製作スタッフや助監督、撮影スタッフは、シナリオから、様々なイメージを起こす。
その上で、カット割りを決めたり、絵を決めたり、段取りをまとめていく。
けれど、この膨大なシナリオに、とても困惑しているらしい。
先日のビデオ会議でも、数割はその話になった。
難解過ぎて、じっくりと時間をかけて取り掛からないと、とても理解できないのだという。
シナリオを読む前に、舞台のDVDを観る方が良い。そうなったスタッフさんもいる。
どのシーンが、どのエピソードの前振りで、どうつながっているのか。
文字だけ読んでも、中々、イメージできないのだろうと思う。

それは、もちろん、想定内で、そのための資料になるはずだと思っている。
各登場人物一人一人のプロフィールやイメージカラー。シナリオ内で起きること。
人物関係表などをひとまとめにして、少しでも物語の世界が解るようにしている。
シナリオを解析する手掛かりになるような資料になれば・・・と思っている。
今も他の映像作品を手掛けていて、じっくりと手を付けられるまで時間がかかる。
とりあえず、作品イメージだけでも・・・というのすら、中々難しい状況なのだと思う。

主人公が一人で、そこを軸に進んでいく物語ではない。
多くの娼婦の群像劇で、様々なエピソードが絡み合いながらクライマックスに向かっていく作品だ。
様々なピースがあるから、余計にわかりづらいのだと思う。
でも、この作品だからこそ、応援してくださった皆様がいて、映画化が決まったのだ。
これを単純化してしまっては、約束の反故になってしまう。
単純化する事よりも、おいらに出来ることがあるとすれば、理解しやすい入口を創ることしかない。
設定資料を読んで、役のイメージが出来れば、またシナリオを読んだ時に違うイメージになると思っている。

もちろん、この資料は、本来は美術さんやメイクさんなどに渡すつもりで創ってきた。
いわゆる、この娼婦の部屋はこんなイメージだとか。
この娼婦の髪形はこんなイメージと、考えやすくなるようにだ。
いずれ必要になるなら今からやっておこうというものだ。
作品そのもののイメージがわかりやすいように・・・というわけではなかった。
そう思って、手を付けていたものが、こんなふうに役に立つんじゃないかと広がっただけだ。

本来は各娼婦のエピソード一つだけでも映画にすることは可能だと思う。
掘り下げたり、心象風景を重ねたりすれば、全然出来る。
それが、娼婦の数だけエピソードがあって、それが複雑に絡み合っていく。
それがこの作品の面白さで、それこそラストのカタルシスに繋がっていく。
そして、おいらは、この作品の面白さはそこだと思うし、おいらだけじゃなくて、それを応援してくれた人がいるのだ。

資料のページ数がどんどん増えている。
明日もビデオ会議の後、作業の続きだ。

道は見えている。
真っすぐ進むだけだ。
仮にそれが無駄な作業になったとしても。
おいらは、なんにも思わない。

少なくても、作品世界に、資料を作っているおいらが一番深く深く入っているからだ。

明日には完成させて、監督に転送したい。
監督がチェックして、直せば、すぐにでもスタッフさんに送れるからだ。

どんどん進めよう。
どんどん進もう。
まだまだこんなものじゃない。
続きを読む
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 10:24| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

幹に流れる水

第二稿があがる。
これをプリントアウトして配れば、次のシナリオが最終的なものになるだろう。
ロケハンの日程の最終調整も迫っている。
ロケ地が本当に確定するのはロケハン後だ。
もし、確定しなかったら、更に撮影場所についてそこから探すことになる。
そうなると、かなりのオオゴトになりそうだけれど・・・。
まだまだ多くの壁が待っている。
若さの勢いと、ベテランの熟慮と。
両方を兼ね備えて、勧めたらなぁと考えている。
映画製作に関しては初心者だから知らないことも多いけれど、その分、勢いがある。
作品製作に関しては20年以上やってきたのだから、その分、経験もある。
そのバランスを自分の中で大事にしていかないとだ。

稽古をする。
芝居をして撮影をして、それを観る。
その繰り返しの中。
今日は、何度もデビッド・宮原監督が首を横に振る日だった。

印象に残ったダメ出しは二つ。
「悪くないけど、良くない」
「感情は出来ているんだから、どう見せるかだよな」
この二つが、稽古内容の全てを物語っている。

やっている本人は、首を横に振られて何度もやるのだから実は恥ずかしい。
皆が観ているのだ。
全員の前で、イマイチだと言われるのだ。
その上、何度も何度もやるのだから。
それが10代の芝居を始めたばかりの役者なら、当たり前だけれど。
30代40代の20年近い経験の役者なら、違ってくる。
実際、おいらだって恥ずかしい。
しかも、そのダメだと言われた映像を全員がモニターでチェックするのだから。

でも、そこはツッパラカル。
ツッパリって奴だ。
恥ずかしいけれど、恥ずかしいなんて臆面も見せない。
今回の稽古では最初の金子さんから、皆、ツッパラカリきった。
恥ずかしい事なんか、今まで何度も何度もあった。
でも、今、恥をかくことなんか、どうということもない。
最優先は、撮影の日にベストを出せるかどうかだ。
それを逆に何年も恥をかいたり、舞台に立ってきたからわかっている。
そこでつまらないプライドが前に出て来たら、そこで成長は終わる。
どん欲になんでも自分のものにした方が良いに決まっている。
恥ずかしさだけ、ツッパッテ吹き飛ばしてしまえばいいだけだ。

後半、デビッド・宮原監督が、やりたいところ言っていいよと言う。
おいらの中でやりたいシーンは2~3ある。
誰も言い出さないから、何か言おうと思った。
ここはやりたいなぁというのがあるんだけど、そこじゃないシーンを伝えた。
自分が一番やってみたいシーンは一人でも稽古できるし、もっと先で良い。
それよりも、ここはやっぱりお客様の心が動かないといけない。
ここのリアクションは微妙だし、作品のテーマにも直結している。
そういうシーンをやりたいと提案した。

ふとしたリアクションだけでは成立しない部分もあるシーンだから、それまでとはちょっと違ったかもしれない。
全体で組み立てないといけないし、共有したイメージも、役の個性も必要なシーンだ。
自分も絡んでいるし、舞台では、お客様が息をのんで、涙を流す人もいたシーンだった。
もちろん、本番ではいくつかのカットに割るだろうけれど、今日は1カットで稽古をした。

結果、モニターを観ても、舞台ほどの感動がなかった。
心の動きも伝わってこなかった。
おいらが映画館にいても、これじゃ泣かないなと思った。
悪目立ちするリアクションが不自然な役者もいた。
ここが成立しなくちゃ、作品全体に関わるぜっていう場所だ。
最後にやった稽古だから、それぞれ持ち帰っていると思うけれど。
出来れば、来週もやらせてほしいなぁと思った。
それぞれが持ち帰って、何を捕まえてくるかで、大きくこのシーンは生まれ変わると思う。

個々のエピソードも濃い作品だけれど。
作品全体に関わるような、全体的に物語が動くシーンを重点的にやるべきなのかもなと思った。
枝葉は、幹さえ太ければ育つ。
幹での表現が、個性を創っていく。
軸がしっかりしているからこそ、個々のエピソードを好きな人が出来ていく。
やりたいシーンを聞かれることがあったら、積極的に提案していこうとつくづく思った。
今日のシーンが成立しなかったら、この作品自体のクオリティが一段下がる。
そういう作品的な動きのあるシーンをどんどん稽古していきたいなぁと強く感じたからだ。
今日までの稽古の、応用編になってきたなぁとも思った。

時間は限られている。
準備は出来ればできるほどいいなんて言っていたけれど、もう7月に入ったのだ。
太い太い幹を創ろう。
十二分に枝にエネルギーを送れるような幹だ。
そうすれば、葉も開き、花も咲くさ。

恥をかくぐらいなんだってんだ。
今、悩んで苦しんで恥ずかしい思いをするぐらい。
全てはその日に向かっているのだから。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 14:10| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

月が出なけりゃ炭坑節が流れない

ポンポンと音が聞こえた。
そうか。
海の日に近い三連休の土曜日。
毎年、この日は盆踊りだった。

夏祭り。縁日。夏休みの始まり。
ふらりと家を出る。
歩いて5分とかからないから。

盆踊りの音が聞こえる。
近くの草むらから、パンと音がする。
イタズラ小僧が、癇癪玉で遊んでるみたいだ。
背の高い草だから見えないけど、こっちはお見通しだ。
なんでかって?
おいらも、そんなこと何度もやったからな。
そのぐらいじゃ、びくりともしないぜ。

会場に付くと、もう始まっている。
櫓を組んで、その周りを踊っている人がいる。
まだまだ明るい時間なのに提灯は光っている。
町内会の出店が、やきそばを焼いている。
子供がそこら中で、けたけた笑ってる。


なんとも言えない違和感を感じる。


おいらが子供の頃、祭は、もっともっと闇の多い場所だった。
盆踊りだって、日が落ちていた。
屋台のおじさんが入れ墨をしているのだって当たり前だった。
見廻りの警官がいて、子供だけで遊んでいれば声を掛けられるから、逃げた。
櫓の下にもぐりこんでみたりした。
なんというか、こんなに健康的じゃなかった。
暗い夜に、子供が社会勉強した。

渡された少ない小遣いでどれだけ楽しめるか。
金魚釣りや風船釣り、的当てなんかのゲームばかりやるやつ。
やきそば、お好み焼き、リンゴ飴、なるべくたくさんの種類を食べるやつ。
三角くじ、型抜き、ソースせんべい、なんかのギャンブル的な事ばかりやるやつ。
子供の時点で、実はもう、性格なんかすぐに出た。
祭はそれまでの家の中とは違う、自由な空気を感じる場所だった。
どこそこで小学生がカツアゲされたなんて話もしょっちゅう聞いた。
喧嘩している大人もいた。
よっぱらいも、そこら中にいた。
今、思えば、殆ど詐欺みたいな出店にも随分騙されたっけな。


町内会が出した出店に並んで、玉こんにゃくと、煮込みを買う。
良心的な価格で、味もいい。
売り子は近所の中学生かな?
調理しているのは、普通の主婦。
にこにこ笑いながら、接客してる。

少し腰かけて、盆踊りや子供を眺めながら、つまむ。
安くて味もいいのに、何かが足りない。
毒が足りないんだなぁと思う。
昔はやきそば一つ買うのも大勝負だった。
テキ屋にも良い悪いがあるからね。
あの店が一番うまい、あの店は肉が多い。量が多いのはあそこだ。
そういうのを一巡して見つけてから必ず買ったものさ。
でも、食べてみると、意外にもやしばかりだったりさ。失敗もするんだ。
あの時のやきそばの味には勝てない。
あの大人だけが持つ毒の味がなくては、勝てない。

盆踊りの最後、日が落ちかけてくると、打ち上げ花火がいくつか上がるのは知っていたけれど。
踊るわけでもなく、まだ明るい公園を後にした。
町内会の来賓席では、さんざんビールを飲んでいる親父たちがいる。
あいつらのビール代は、結局、町内会費なんだろうなぁ。
健全な顔をして、あいつら、てめえらだけただ呑みしてんじゃねぇべか?と疑う。
まぁ、いつも町内の事をしてくれているんだから、そのぐらい別にいっかとも思う。
ただ、そういう毒を隠すようなことばかりしても、この子たちはいずれ大人になるんだよなって思う。
清廉であれなんて思わないけど、隠すようなことはあまり好きじゃない。

少子化なんて嘘じゃないだろうか?
そのぐらい大勢の子供たちが走り回ってた。
でも、これだけいても、子供が少なくなったなんて言うのなら。
おいらの子供の頃は、本当にそこら中に子供が走り回ってたんだろうな。
こんなにたくさんいるのに。
この何倍もいたんだなぁ。


夜の街の妖しい雰囲気。
もちろん、今も、都内でも地方でも、そこら中にある。
子供が足を踏み入れればドキドキしてしまうような場所。
だいぶ、あの暗さは減ってきたけどね。
いつだってすぐに空気で分かった。
あれは、たぶん、大人が本能的になっている場所だ。
夜の祭、飲食店、喧嘩、SEX、金。
子供の前で見せる大人の笑顔の向こう側の本能的な何かを子供ながらに嗅ぎ取った。
いや、子供だからこそ、それに敏感に反応していた。

健全であることはいいことだよ。
必要悪なんて便利な言葉を使うつもりもない。
ただ、人は誰だって、本能を持っていて、それを隠しながら生きている。
皮一枚はいだら、誰だって、全然違う姿になるんだ。
そのことを不健全だなんて言っちゃいけないし、思うべきじゃない。
それは誰だって当然あるものなんだぜって、おいらは祭りや夜の街で学んだんだと思うよ。

終戦後。
金もない、食べる物もない。
それなのに、娼婦がいたこと。
その次の年からベビーブームが始まり、団塊の世代が生まれること。
人は苦しい時ほど、生きていくのが困難な時ほど、本能的になることの証拠さ。
子供にはみせたくない姿。
でも、子供は感じている姿。
生きていくためだけじゃない。
欲望の住処が、セブンガールズの舞台である、パンパン小屋だ。

その妖しさが観たい。
その妖しさを感じたい。

健全な盆踊りを後にして。
不健全なのかなと、考えてしまった。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:33| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする