2016年07月22日

OK

映画撮影現場にお邪魔したり、ドキュメンタリーを観ていていつも好きな瞬間がある。
撮影をして、じっと睨むように、モニタ画面を監督が見ていて、カットがかかる。
一瞬の静寂がそこに流れて、全てのスタッフが監督に注目しているのが解る。
そして監督が一言「オッケー」と言う。
瞬間、緊張は弛緩して、スタッフさんが「オッケーです!」と伝達していく。

なんというか、あの監督がOKを出す直前の瞬間。
あれが、撮影現場の様々なことが凝縮された瞬間なのだろうなぁと思う。
役者の芝居は勿論、アングルや照明等々、技術的なものまで含めて。
頭の中で完成を思い浮かべながら、その責任ある決定が出来るのは監督しかいないのだ。
監督が、もう一度というのか、オッケーと言うのか。
誰もが気にする瞬間だ。

多分、OKにも色々な意味がある。
監督の思った通りの撮影が出来た時のOKもあるだろうけれど。
編集で何とか出来るか・・というOKもきっとある。
逆に、思っていたのとは違うけれど、結果、これを使いたいというOKもあるのだと思う。
最高だからOKもあれば、いまいちだけど、まぁここまでならのOKもあるだろう。
いずれにせよ、OKを出せば、もうそれ以上の素材は用意できないのだ。
その素材を編集して作品にまで仕上げなくてはいけない。
だから、OKには、作品に対する責任がかかっている。
監督にしかわからないOKもあれば、監督にしかわからないもう一度!もあるという事だ。
どんなに共有したイメージを持っていても、そこだけは、監督にしかわからない。

泣きめし今日子や、ショートフィルムでデビさんは監督を経験しているとは言え。
初の長編で、どんな思いでOKを出すのだろう。
その責任を負わせてしまったのはおいらたちだし、もっと言えば、おいら自身だ。
最初のOKも、クライマックスのOKも。
全て、監督が出さなければいけないのだ。

舞台演出と、映画監督では、色々な違いがある。
少なくても、編集と言う最大の違いがある。
後から、自分の視点を動的に加えていくことが出来るのだから。
編集が一番の違いだとすれば、OKを出すことはその次ぐらいに違う事だと思う。
舞台演出でもOKをもちろん言うけれど、それはあくまでも舞台稽古場でのことだ。
本番は、OKもNGも言う事は出来ない。
稽古場で練って、託すのが舞台演出だ。
でも、映画監督は、役者が持つ舞台本番の緊張感を、監督が持つという事だ。
そこの責任を持つのだから。

今日まで、デビさんのたくさんのOKを観てきた。
稽古場でのOK。
ショートフィルムでのOK。
レコーディングでのOK。
そのどのOKとも違うOKを今回は強いてしまう事になる。
申し訳ないなぁと思う自分と、その選択眼への信頼と期待を持つ自分が、せめぎあっている。

OKが集まって。
作品が出来る。
たくさんのたくさんのOKだ。
色々な意味を含めたOKだ。

きっとおいらは耳を澄ますだろう。
監督の口から、その言葉が出る瞬間に。

そして、自分がOKを貰った時に、どんな気持ちになるのだろう。
想像もつかない。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:12| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

見えないことが見えるといいな

今日は涼しい日だった。

第二稿が出来たことで、色々と修正が必要になってくる。
どこから手を付けようという感じでもあるけれど。
とにかく手当たり次第に、どんどん更新すればいいかぐらいの気持ちもある。
まぁ、無駄になるかもしれない事こそ、先にやろうと思う。

初稿が上がった頃。
色々とシナリオを解析する作業から手を付けようと思って。
それが、とても事務的な作業だなぁと予想していたのだけれど。
実際に、それを始めたら、予想以上にクリエイティブな作業だと気付いた。
どのシーンがどのシーンと繋がっていて、どこで前振りをしていて。
どのエピソードと、どのエピソードが干渉しあっているのか。
今までも当然気付いていたのだけれど、より意識下に入った感じがした。

今回の企画は、当然、低予算だから、やれることは全部するつもりだ。
とは言え、当然、役者としての作業もある。
自分の役作りをより深めていきたいし、自分の芝居を追求したい。
当然、撮影日に合わせた肉体環境だとか。
アップもあるなら、最低限の肌環境のチェックまでしようと思っている。
そう考えればやることは山ほどあって、本来なら、こんなことしてられるか!となりそうなものだ。

でも、実際に手を付けると、それが全然違う事が解る。
必然的にシナリオを何度も何度も繰り返し読み返すのだから、より役者的な追及に繋がっている。
今までとは違った角度でシナリオを読むことで、芝居が深くなっていくんだなぁと知る。
前半のこのシーンの表情と、後半のあのシーンの表情がリンクするだけで、意味が出てくるなぁとか。
観ていてもわからないようなことかもしれないけれど、そんな役の深みまで見えてくる。
今まで悩んでいたシーンの答えがこっちからだと見つけやすいのかという発見まである。

結局、どこからどこまでが俳優の作業なのかもわからなくなる。
もちろん、俳優のタイプによるとは思う。
自分の登場するシーンのシナリオしか読まない俳優も中にはいるのだ。
作品の持つテーマや、自分の役が持つ役割を必要以上に追及する役者もいる。
自分以外の他者になるタイプの俳優は往々にして、他者になるための情報を求める。
自分と言うキャラクターをキャストされている俳優は、そこまで追求しないのかもしれない。
そこは、当然、何が良いとかそういう事ではなくて、言ってしまえば俳優の特徴にすぎないのかもしれない。

昨日、監督が書いたキャストの設定を清書して、設定資料に仕上げた。
まだまだ歯っ欠けだし、直しもあるはずだから、それを再度監督に送付する。
中身に赤を入れてもらって、仕上がるだろうけれど。
一人一人の役について、もう一度振り返るような作業だった。
まとめてみると、見事にそれぞれが色分けされていて、かぶるということがなかった。
そして、それぞれが複雑に関係しあっていることも改めてよく分かった。
でもきっと、まだまだ色々抜け落ちているのだろうなぁと思う。
見えているようで、見えていないこともあるのだと。

まずは、きっと、もっと知ることだ。
自分のやれることはそれしかない。
知れば、変わる。

本当に面白い作品と言うのはきっと、その作品の面白さをどこまで皆で理解できるかなのだと思う。
この役はこうあって欲しい。この役はこうじゃなきゃ嫌だ。
共演者が口に出来る作品であればあるほど、面白い作品なんだなぁって思う。
共通認識が作品の色を濃くしていく。

多分、今、一番、そういう事を肉体が欲している。
それはまるで暴力的な衝動のような勢いをもって。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:56| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

満月の下

この企画のクラウドファンディングが始まった日。そして成立した日。
たびたび、空を見上げると、そこに満月があった。

ビデオ会議の予定だったけれど、今日は電話で打ち合わせになった。
どういうわけか、うちの部屋の中は携帯の電波が怪しく、近所のコンビニエンスストアの駐車場に行く。
そこには灰皿もあるから、吸いたくなれば、煙草だって吸える。

色々と苦労をかけている。
たくさん心配してくれている。
現実的なことがたくさん待っている。
そういういくつかの話だ。

とてもとても大事な話だった。
絶対に通らなくてはいけない場所だったと思う。
そして、自分の出来ることが少ない事にも腹が立った。
もっと出来ることがあるはずだ。

たくさんの助けを頂いて。
やれることはやってきたつもりだけれど。
まだまだおいらが至らない部分があるってことだ。

かと言って、下を向く暇もないさ。
そんな時こそ、上を向かなきゃだな。
やっぱりさ、一番、心が折れそうな時に、上を向けるかどうかだ。
これは、ただの精神論じゃない。
アティテュードの問題だ。
おいらが凹んでいる姿なんて、絶対に、誰にも見せちゃいかんのだよ。

これからもまだまだ続く。
問題はまだまだ起こるだろうし、壁だって幾度も来ると思う。
仲間たちが下を向いてしまう日だって、来るのかもしれない。
そんな時に、おいらだけは、上を向いていたいんだな。

今日の話は、変な意味ではなく、純粋に一歩進んだと思う。
これは、大きな大きな前進だ。
ここから、更に何かが動き出すのだろう。

見上げれば、そこに満月。
なんだよ、また、見てやがったのかい?
なんて煌煌と光ってやがる。
さて、家に帰って、プクイチ決めたら、資料のまとめに取り掛かろう。

歩みを止めない。
それだけで、いつか前進していたことに気付くものさ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:10| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする