2016年06月21日

輝きに包まれた日

夏至だ。
満月だ。
一年で最も太陽が長く出ている日。
その日に満月になるのは、単純計算で30分の1という事だ。
夏至の満月は20年ぶりになるそうだ。
昼も夜も、太陽と月の光に包まれた日だという事だ。

夏至はいつも6月だから、梅雨時が多い。
どうしても、夏が来たなぁと思えるような日が少ない。
少ないけれど、明らかにここから夏が始まる。

今日まで、いくつの夏を越えてきたんだろう。
色々な夏があった。
今年の夏は、どんな夏になるか。
想像はするけれど、想像しか出来ない。
まったくどうなるかわからない。
そんな夏の始まりが。

夏至と満月が重なるなんて、なんて特別なんだろう。
光に包まれた日なんて、なんて美しい響きだろう。
こんな日で始まる夏が特別じゃないわけがないじゃないか。

星はね。
学問そのものだった。
季節も、時間も、方角も、全て、星から人類は学んだ。
星から、月から、時を読み、運命まで読んだ。
数学が生まれ、芸術も、文学も、たくさん、星から生まれた。
だから、一番星の出る夜が短い日にも意味がある。
占星術にとっては、特別な夜なんだろうなぁ。
今日から少しずつ、日の出ている時間が減っていく。
秋分の日に折り返して、冬至の日に、一年でもっとも夜の長い日がやってくる。
古来から、人間はそれを知っていたし、それを参考に種をまいたり、収穫をしたりした。

2月の満月の日に。
この映画化計画の実現が決定した。

あの夜の月は格別だった。

今年は月と歩いているのかもしれないな。
子供の頃に聞いたよ。
なんで、お月様はずっとついてくるの?って。
車から見ても、電車から見ても、他の風景と違ってお月様だけはずっと一緒だった。
あの時、お父さんはなんて教えてくれたんだっけ?
なんだか、よく覚えていないや。
ずっと、遠くにいるからだよって教わった気がするよ。

ずっと遠くにいるけれど。
いつも一緒にいてくれる。
お月様ってまるで。まるでじゃないか。

夏がやってきた。
暑い暑い夏だ。

輝きに包まれた日に。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 01:35| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする