2016年04月27日

連活

もう間もなくゴールデンウィークに突入する。
皆様の予定はもう決まっているのだろうか?
今年も平日をうまく埋めれば大型連休になる。
最大10日なんて方も多いのではないだろうか?
おいらと言えば、実はGWとはわりに無縁な人生を送ってきた。
今年は、1日の稽古が休みになり、いつもより少し休めるかもしれない。

・・・とは言え、この休みの間にやりたいことが山積している。
事務的な意味でも、実際に足を運ぶというような意味でも。
今、観に行ける場所にはなるべく足を運びたいなぁと思っていたりする。
候補1の芸術家の方がやっている展覧会にもお邪魔する予定。
まぁ、話しかけたりもせずにただ観に行こうと思っているのだけれど。
他にも、書面をまとめていく作業を地道にやっておこうと思っている。

シナリオのページ数が当初の予定よりも多くなっている。
舞台版よりもト書きが増えていたり、追加シーンもある。
もちろん、カットしている部分や言葉で説明している部分がなくなっていたりもするのだけれど。
初稿が一体何ページになるのかは、まだ未定。
とにかく、完成を待つしかない。
1日が休みだから、8日まで新しいシナリオを受け取れないんだなぁ・・・。
シナリオ初稿が完成すれば、更に、色々な動きが始まる。
身動きがとれなくならないように、今、準備できることはしておかないと。

役者たちはこのGWをどう過ごすだろう?
リラックスして、じっくりと休むのも手だ。
或いは、様々な映像作品で学ぶのもいい機会になるだろう。
この間に、役作りだけでも完成させるのも、良いと思う。
どのみち、本読みまでには、役作りだけは完成させないととは思うけれど。
その為の養分を創るのか、作業をするのかは、人それぞれだ。

デビッド・宮原の舞台の演出は、いつもスタートラインがある。
役作りをしっかりとしていないと、実は演出なんかしてくれない。
もちろん、ダメ出しはするけれど、それは、まだ演出という段階ではない。
そう芝居を組み立てるなら、こう動いた方が良いんじゃないか?とか、クリエイティブな作業は、最低限のラインを越えてからだ。
ただそこは、まだまだスタートラインで、更に自分のアイデアをプランをそこに用意しておく。
演出前なんだから、動きは自由なんだ。
もちろん、稽古の段階で画角が先に決まっていれば動ける範囲は制限されるけれど。
最初から画角が決まっていることなんか少ないし、まず芝居を見て、画角を決めているのだから。
むしろ、自分でこんな画角でこっちから撮影するんじゃないかってことまで想像してプランを立てられたら良いと思う。

撮影される絵を想像してのプランは舞台をやってたから難しいと思われそうだけれど。
そこは発想の転換だと思う。
だって、お客様からどう見えるかというのを常に想定しながら芝居を創ってきているのだから。
そのお客様の方向に、ちょっと自由性がつくだけだと思えば、わりに想定も出来る。
もちろん、寄りか引きかなんて、シナリオから想像するしか出来ない事で、実際には外れることも多いだろうけれど。
別に外れたってね。いいじゃんかね。

実はその作業が面白くて。
そんな想像をし始めると止まらなくて困る。
まだ、おいらの登場シーンが少ないからいいものの。
後半は、もうちょっとまた出てくるだろうから・・・。
そんなの想像し始めたら、おかしくなっちゃうかもだよぉ。
もう、他の作業なんか手が付かなくなったりしてね。
ま、それはないか。
タイプで言えば、おいらは、同時に色々な事をやるほど集中できるタイプだ。
複雑であればあるほど、集中していく。

なんというか、ちゃんと計画を立てよう!と思ったまま、もうGWも間近になってしまった。
ここ1~2週間の動きが激しかったのもある。
でも、無駄にしちゃいけない。
文字通り。金の週間にしようと思う。

GWが明ければ、更に次の段階に進むのだから。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 01:56| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする