2016年04月24日

ここだけ違う空気ですねと言っていた

今日、初めてスタッフさんをロケ候補地に連れていく。
もちろん、外観しか今日は見れない、そういう簡単なロケハンだ。
写真で見たり、話で聞くのと、実際に見るのとでは全然違う。
おいらは平気だったのに古賀Pは蚊に刺されていた。

実際に見ると、ここも連絡した方が良いかもしれない。
このスペースに車が置けたらいい。
近くで準備が出来る場所が必要等々、色々と出てくる。
すでに、車を置けるスペースと控室になる場所は確保してある。
更に、行政と町内会にも伝えてある。
現場で、様々な話と、起こりうるトラブルについての話も出る。
最寄り駅で別れてから家路についた。

普通、低予算映画の場合、セットの建込みというのが殆どない。
建込みをすれば当然予算がかさむからだ。
舞台屋には、そこがちょっとわからなくもある。
舞台は、建込みをするのが普通だ。
何故なら、劇場というのはただのスペースで、場合によっては客席すら並んでいないのが普通だからだ。
そこに舞台を組んでセットを建て込んで、客席を創って、初めてお客様が入る劇場になる。

でも、映像はそうじゃない。
劇場で劇をやらなくちゃいけないわけではないんだから、実際に今ある場所で撮影が出来る。
許可関係さえしっかりしていれば、街中でも、山の中でも部屋の中でも。
もちろん、大きな予算のある映画や、テレビドラマならセットを組む。
セットの方が照明を組みやすかったり、傷をつけてしまうなどの気を使う必要性も薄く、勝手が利くからだ。
おいらたちは、舞台を建て込むためにありとあらゆる方策を練ってきた。
セットを建て込むのは、当然、舞台であろうが映像であろうが予算がかかる。
材料費がないから竹やぶで竹を何本かもらってきたことだってあった。
実はこないだのコエキコでも、海道の筮竹を立てていた竹は、切り出してきたものだ。
そういうアイデアが必要だってことだ。
映像であれば、低予算の場合、セットを建て込むことをそのままやめてしまうという発想になるのは無理もない。

けれど、今回は時代感が重要になる。
やはり、そこが終戦直後に見えるか見えないかはカギになる。
普通の軽量鉄骨の建物が見える場所で撮影しても、時代感は出ないと思う。
コンクリの電柱が映っちゃったら、どこか醒めてしまう。
もちろん、最悪そういう可能性もあったのだけれど。
時代に取り残されたようなスペースに、更に建て込めれば、そこは終戦直後の空気を纏うことが出来る。

おいらは、カメラマンさんや照明さんがテンションが上がるような。
そんな空間を創りたいなぁとつくづく思った。
助監督さんが、ここもいいアングルだなぁ!なんて言い出すような、空間だ。
低予算映画でセットを建て込むのは大変な厳しい作業だけれど、やるだけの価値があると信じている。
その為には、あらゆる方法で、材料を探し、装飾を探す。
普通にレンタルしたり、買ったりしたら、あっという間に数百万、数千万という単位になるような。
そういうセットに遜色のないものが出来るように。
いや、そうじゃないな。予算で勝負するわけじゃない。
昭和にしか見えないように。違和感のないように。
足りないものを探し、どこかから手が入らないか注意深く準備していくだけだ。
そして、用意した材料で、杉本亮さんが、少なくても満足できるぐらいデザインできるようにするんだ。
むしろ、材料が余ってしまうぐらいに!!

デビッド・宮原のシナリオと。
吉田トオルさんの音楽と。
杉本亮さんの美術と。
おいらたちの芝居と。
そして、デビッド・宮原の中にある感覚でまとめられた編集があれば。
良い作品になるに決まっている。
そこに更に、素晴らしいカメラマンさんや照明さん、録音さんや、音響効果さんが付けば。
その為に、今出来る、準備の準備。
あらんかぎり、やっちゃるき!
なあに、舞台公演の準備期間に比べれば、充分な時間もある。
それに、舞台の準備期間は、公開の仕事も兼ねているんだから。
映像の方が準備の工程は多いけど、どってことないさ!

古賀Pはたくさんの異例に、たくさんの心配をしている。
大変な仕事だなぁ。
心配するのが仕事のようなものだ。
現場を見て。色々思ったこと。
帰宅したころにまた色々思うのだろう。
前ばかり向くおいらの傍に、こういう人がいることがどれほど重要か。

どんどんワクワクしちゃってるからさ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 00:46| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする