2016年04月21日

まず大人が夢を見ろ

最新の映画のランキングを見る。
中々衝撃的だった。
映画会社が原作のある作品に資金投入する意味が分かる。
興行成績がそのまま反映されるのは仕方ない話だ。
それにしても、この今週のランキングはすごいなぁ。
ちょっと信じられない感じがする。
こういう中にセブンガールズを持っていこうと思うのだとすれば大変な話だ。

経済の観点から映画をみれば、舞台に比べて、規模が違い過ぎる。
映画館の運営会社、製作会社、映画会社、各スポンサー、プロダクション、各技術スタッフ、レコード会社。
とにかく、一つの映画にかかっている、経済波及効果が広すぎるし大きすぎる。
興行成績だけではなくて、DVD売り上げなども見込んで、売り上げが見込めないと中々製作できない。
結果的に、原作ものが多くなったり、キャストが決まってくる。
大変だなぁと思う。
映画製作者たちは、今、何を思うだろう。
このランキングに対する思いはきっと映画製作者の方がより強いと思う。

おいらは、夢という原動力で動いている。
ガス欠にならないように注意しながら。
エンジンをフル回転している。
経済活動という目で見れば、ばかばかしいのかもしれない。
おいらは、そんな風に思ってないけどね。
むしろ、すごい経済活動なんだけどなぁって思ったりもしているんだけれど。
確かに、規模だけで考えれば、この企画では、そう言われたっておかしくはないだろう。

でもね。
こんなことが今週にあったの。

飲み屋でさ。
とある劇団員が口にしたんだよ。
「小野寺は、本気で海外に出展すれば、ノミネートされたり賞を取ったり出来るって信じてるんだよ、どう思う?」って。
瞬間、そこにいた皆が黙ったのね。
・・・いや、なんとかなるような気がする・・・
ぼそっと、誰かが口にしたのね。
そしたら、次々と。
・・・うん、可能性はあると思ってる・・・
・・・ひょっとしたらって、思ってるよ・・・
・・・わかんないけど、ありえるって思う・・・
そんな言葉が次々とそこにいたメンバーの口からこぼれてきたの。
おいら、まぁ、よく言われるんだよ。そういうのね。
信じてるんだなぁ、お前は。って。
でも、まさか、そこにいた殆どのメンバーが、皆、何かを信じて、何かを期待してるなんて。
ちょっと、これはすごいんじゃないかなって思ったんだよ。

下北沢の小劇場で舞台をやってる役者たちが。
世界の舞台で戦えるって、本気で思ってるんだなって。
おいらみたいなドリーマーとは「仕事したくない!」なんてデビさんは言うけれど。
そのおいらだけじゃないんだよ。今や。
こんなことってある?あるかなぁ?
そりゃ、ちょっと前までは、夢物語だったと思うんだよ。
少なくても前回の舞台本番の時の雰囲気は、そっちの方が強かったと思う。
もちろん、実現に向けて頑張っていたんだけどさ。
どこか、でも夢だよな・・・って思っている自分がいたはずなんだ。
それが、こんな変化の仕方をする。

だから、あえて、「ばかばかしい」ってもう一度思うようになった。
でも、その「ばかばかしい」って言葉は決して、ネガティブイメージの意味ではない。
もっとポジティブな。
いうなれば「ギター馬鹿」とか「役者馬鹿」とか、その類のばかばかしいを感じたんだよ。
なんとまぁ、ばかばかしいんだろう。
一生懸命になってさ。
本気で、この映画を世界に持っていこうって話してるんだから。

今ね。
恐ろしいほど現実的な事を地道に一つ一つ潰していってる。
今週末の予定もあっという間に埋まっちゃったよ。
毎日毎日、あ-でもないこーでもないって、考えては取り組んでる。
ともすれば、この作業って、普通の会社がやるような作業さ。
まったくもって、クリエイティブではないの。
何かを生み出す創造的な場所に立ちたいがために。
何も生み出さない地道な作業を続けている感じ。
でも、大してストレスも感じてないんだな。
ガスが切れないんだな。

TOYOTAでも、松下でも、CANONでも。
次々に日本の会社は世界に進出していった。
それは、ただの経済活動ではなかったんじゃないかなって思うよ。
日本国内のマーケットだけを見ることだって出来たはずなんだから。
資源のない敗戦したこの国が世界で生き残っていくには、製造業が世界に進んでいかなくちゃいけない。
そういう使命感と、大きな夢を持っていたからこそ、今がある。
家電業界は、今になって、だいぶ、ガタが来てるけどさ。
肝心要の、ねじなんかの細かい部品は未だに日本の町工場が支えてる。
やっぱり、ガスが切れなかったんだと思うんだよ。
世界一の車屋になる!!なんて言って、笑われた日もあるかもしれないよ。

一番思ったのは、確かに今週の映画ランキングは、今の映画の動員を思い切り表しているけれど。
マーケットを国内の動員数だけに絞って考えているんだなって事。
たくさんの映画業界の人たちとその家族が、ご飯を食べなくちゃいけないんだから、しょうがないけれど。
でもたった一億の国民しかいない日本でヒットするよりも、世界中でヒットさせちゃえばさあ。
最大50倍近く、人口がいるんだから。
広く広くマーケットを考えてもいいと思う。
世界中でヒットするような映画を日本映画界は、考えるべきだし、製作するべきだと思う。
それが叶わなくても、何度も何度もチャレンジするべきだよ。

ばかばかしいかなぁ。
うん、ばかばかしいね。

でも、ばかばかしいって、最高じゃないか。
最高にカッコイイ、イカしたやつって。
全員、ばかばかしいんだぜ。

思うんだがね。
大人が夢を見なくなったら、終わりだよ。
この世界。
子供の夢とは、ちょっと意味が違うんだから。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:47| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする