2016年04月15日

光よ。

速報の震度7という数字をみた瞬間に思わず声が出た。

これを書いている今も、余震は続き、報道が続いている。
あの時と同じように、時間が経つにつれて、その被害の大きさがわかってくる。
余震も最大震度6強が出たりしている。
徐々に、実感として、とんでもない事が起きているのだとわかっていく。

熊本をはじめとする、九州地区の皆様。
繰り返す余震の中、寒い夜だというのに、お辛いと思います。
このBLOGを読んでいる人なんかいないかもしれないけれど。
亡くなった方へのお悔やみと共に、皆様が一日でも早く、安心して眠れる日が来るように祈っております。

熊本城の天守閣の石垣が崩れているのを見て。
この地区では数百年に一度の災害なのではないかと思いました。
熊本に住む後輩は、地震の少ない地区だと書いています。
(今は車内で休んでいるとSNSで見て安心しました)
倒壊した家屋に戦慄を覚えながら。
同時に震度7や、繰り返す余震に耐える日本の耐震建築技術に同時に驚いています。
新しい耐震設備の揃った建物に一人でも多くの方が避難できればいいのですが・・・。

無意識的に。
地面は固いものだと信じています。
道を歩いていて、足の裏に感じる地面は、これ以上ない盤石の感触を返します。
けれど、まったく盤石じゃない。
地面も地球も。
このことは、何度も自分に言い聞かせています。
地面の事だけじゃなくて、これは全てにおいて。
無意識的に基礎がしっかりしていると思っていても。
それは、あっという間に崩れることがあるのだと。
知っておくことが大事なんだと思ってます。
あの時もそうだったけれど、今度も、同じように思いました。
何一つ、盤石なものなんてないのだと。
自宅にいることが怖いなんて、どれだけ辛い事だろうと察します。

人には感覚器官がある。
目で見て、耳で聞いて、肌で触って。
だから、どうしても、人間は人間のスケールで物事を見てしまう。
人間の力の及ぶ範囲内で物事を考えてしまう。
けれど、本当は違う。
地球という大きさや、宇宙という大きさや、細胞という小ささや。
様々なスケールで、物事は同時進行している。
地球という規模からすれば、九州地区が揺れたことは小さなことかも知れない。
人間という規模からみれば、こんなにも大きな大きな災害だというのに。
感覚器官をこんな時は拡張できたらいいのに。
地球規模の目で、物事を見れたらいいのに。
大自然の前で、またしても人間は、自分の小ささを知るだけです。

今は厳しい時間を耐え忍んでいるでしょう。
朝が来るのを・・・太陽が昇るのを待ちわびているでしょう。
何もできない自分を恥じながら。
ご迷惑かもしれませんが、想いを馳せようと思います。
救助作業に当たっている、自衛隊の方、警察の方、消防の方、医療関係の方。
液晶画面に映る皆様の、必死の仕事に感銘を受けています。
またしても、この日本人の持つ、いざという時の規律正しい行動力を誇りに思っています。

今日も映画化に向けて、いくつかの必要なことをしました。
今日、ここに書こうと思っていたこともありました。
その全てが、一瞬で吹き飛び、小さい自分に思えて、仕方がありません。

テレビの向こうを見ながら。
テレビの向こうの話ではないのだと、何度も何度も感じます。

早く。
早く朝が来てほしい。

光が、たくさんの助けになるのに。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:51| Comment(0) | 映画製作への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする