2017年12月14日

偉大な骨組

小学校の国語の時間に確か、最初に起承転結という言葉を習った。
いわゆる物語を創作する際の基本のようなもので。
物語が始まり、状況が分かり、物語が動き、結末に続く。
そういう4部構成をさす。
漢詩の構成からと聞いたことがある。

実は日本には、もう一つ、同じような言葉がある。
序破急と言われる。
序章があって、秩序が破れて、急展開する。
どちらかと言えば、和楽などの音楽の世界の構成らしい。
世界が、はじまりと終わりでまるで変ってしまう流れだ。

面白いなぁと思うのは、小説では起承転結が多いのだけれど。
映像では、実は序破急が多いことだ。
ハリウッドのあるアメリカでは、シナリオ研究が盛んなのだけれど。
シナリオの神様みたいな人が、三部構成の伝説的な教本を書いているらしい。
そうやって見ると、ハリウッド映画の三部構成はすぐに思いつくんじゃないだろうか?
アメリカンヒーローものだって、スペースオペラだって、三部構成を軸にしている。

もちろん、映画には、物語の希薄なものもあるし、ドキュメンタリーもある。
だから、全ての作品がこれに倣っているわけではないけれど。
ただ、基本がある。
そして、基本が、作品を安定させるし、わかりやすくする。
少年がいじめられて始まる物語のラストは、やはり、こうでなきゃいけないというのがあるのだ。

セブンガールズは起承転結とは少し違う。
どちらかと言えば、序破急に近い。
実は、監督の描く作品群の中では珍しい。
監督が書く台本は、起承転結が、骨組みとしてしっかり組み込まれている。
物語の骨格をしっかりして、その中で、自由にあちこちに飛ぶ。
骨格がしっかりしているからこそ、好きなように様々な場所に展開できる。

おいらは、物語を運ぶ役割を演じることが最近増えていて。
とても、構造に近い場所で芝居をしているなぁと感じているのだけれど。
監督が、ここ数年、物語の構造を役者に説明することも増えてきた。
その中で、起承転結の話もたびたび出てくるようになった。
スピード感をそこから変えていかなくちゃいけない場合など、演出で口にするのだ。
それは、運ぶ役割の役者一人じゃどうにもならない。
出演者全員が、展開を知っていて、流れを理解した時に生まれるパワーを求めているのだと思う。

エピソードに力を入れすぎて、全体の構造を忘れてしまうとバランスを失う。
なんの話だか、観客側に伝わりづらくなる。
そういうことが、起きるのは、実はよくある話。
役者は、その役の主観を生きているから、どうしても目の前のエピソードに力を入れてしまう。
でも結果、全体の構造では、あくまでもエピソードに過ぎない。
クライマックスの前に、クライマックス的なことをしてしまうと、淀みが出来る。
だから、主観を生きる役者も、構造を知っていくことは大事なことだ。

どういう展開になるか、まったく予想もつかないのに。
後から思えば、しっかりと、骨組みがあった。
そういう作品に出会うと、嬉しくなる。
最初のシーンから最後のシーンまで、全てが頭の中で繋がっていく。

恐らく、人間が発明して、長く続くシステムだ。
それこそ、漢詩からなのだから。
普遍的なものなんて信じないけれど。
進化し続けながら、それでも、偉大な力を今も持っている。

感情を揺さぶるような作品には理由が必ずあるのだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:36| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

年中無休

昨日のデータを直し送信。
続けざまに、受け取ったデータを取り込んで編集。
監督が2本も大丈夫かと心配している連絡が入るも、そこまで心配することでもない。
サクサク進める。
フィジカルコントローラーを使用するまでもないぐらいの作業だ。

最初の編集が映画編集という、編集の最高峰だもんな・・・と監督から。
確かに、映像編集は慣れていないと、何からやれないいのかからわからない。
或いは、編集の基礎のようなものが身についていないと不自然になる。
物語だったら、なおさらなわけで。
そういえば、いつか監督の編集するドキュメンタリーとか観たいなぁと思った。
独自の視点で、面白いものを撮影してくれそうなんだけどなぁ。
劇団主宰だし、かぶく者原作者なんだから、歌舞伎という舞台の舞台裏のドキュメンタリーとかやればいいのに。
世界中に配信できる、すごい面白いものを創りそうだけれどなぁ。
まぁ、ドキュメンタリーで凄いと言われても、役者たちにはなんの恩恵もないだろうけれど。

セブンガールズという映画に取り組んだことで、確実に可能性が広がっている。
一番わかりやすいのが監督の可能性なのだけれど。
実際には、監督だけではなくて、製作にかかわったメンバーの可能性は広がっている。
チャンスや可能性って、良く言われることだけれど、どこにでもあって、気付くか気付かないかで。
様々な経験を積むことは、今までチャンスと思えなかったことまで、気付けるようになるという事かもしれない。
見えなかったものが見えるようになっていると、ふとした時に感じる。

何も知らずに進むことは、それはそれで強い。
経験していない分、怖いものもないし、躊躇がないからだ。
自分の感覚だけで、勝負になる。
勢いが付けば、これほど強い推進力はない。
経験を積めば、当然、推進力は落ちてしまう。
けれど、その分だけ、一歩の持つ深さが違ってくる。
移動距離は劣っていても、その移動する過程そのものにすら意味づけを出来るようになる。
だから、一番悲惨なのは、若さから脱しているのに、経験を積めていない場合だ。
勢いで進みながらも、経験しながら、学べていなかった人ほど悲惨なことはない。
本来経験を積んでいる時期に、感覚だけで何かをしようとしても、難しいはずだ。
そういう時期になって反省しても、もう遅い。

良く見たら、劇団のオフィシャルブログに何気なく劇団員が次回公演の時期を書いていた。
まぁ、もちろん、先日の劇団員の客演先で告知しているから問題はない。
詳細が決まっていないし、仮タイトルだから、情報を掲載できないだけだ。
速報だけでも、もう稽古も始まっているから出してもいいのかもしれない。

劇団にしろ、映画にしろ。
SNSの時代に、年間で公開できる回数が少なくて、情報量が少なすぎる。
とても大きな弱点だけれど。
何もしていないという事ではない。
何か為し、何かを進めている。
大したことではないかもしれない。
或いは、ほんの小さなきっかけや、スタートかもしれない。
それでも、何かをしている。

休まないのだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 04:30| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

クールダウン

監督と待ち合わせて夜にデータだけ受け取る。
編集というほどのこともない内容になったから、それだけで済む。
少しだけ、話して、帰宅。

先日の映像に、音を足したものを再度書き出す。
どんな音か確認してほしかったけれど、〆切もあるだろうから、任意で選んだ。

それが終わってから、地道な作業を続ける。
頭の中で繰り返し考えていたことを文章化していく。
ここからあとは、枝葉だ。
とにかく、ここをやると決めておいた。

ふぅ。
一息。
こんなとこでいいかと、メール送付。

クリエイティブだ。
監督との会話もだけれど。
とてもクリエイティブな日々を送れている。

芝居をやっていても、なんか、苦しくて、やらされているような気になってしまう時がある。
そういう時は、大抵、クリエイティブな部分が欠落している時だ。
楽しいときは、必ずクリエイティブで、創造的な、瞬間を持てる時だ。

脳が興奮している。
熱いシャワーを浴びて、無理やり、抑えろ。
熱いのにクールダウンだ。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:58| Comment(0) | プロモーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする