2020年05月03日

映画「セブンガールズ」メイキングドキュメンタリー公開

クラウドファンディングのリターン用に製作したメイキング映像を有料ですが公開いたしました。


映画「セブンガールズ」メイキングドキュメンタリー from Zenpoukouenfun on Vimeo.

もしも映画化が実現したら!
そういうお約束で手の空いた役者たちがカメラを回しました。
その数多い映像を編集したものになります。

元々は、ちゃんと音楽を入れてナレーションを入れて。
いわゆるドキュメンタリー番組のように言葉のメッセージもいれる予定でした。
編集を始めてしばらくして、いや、もうこれは生のそのままを並べただけの方が良い。
そう思っていきました。

冒頭のシーン。
これは初めてスクリーン上にセブンガールズが上映された試写会での舞台挨拶です。
この映像を編集している時に。
木佐役の安藤聖の撮影した映像と、サンギ役の高橋2号の撮影した映像の2種類のカット割りをしていて。
舞台上でキラキラと踊っているガールズたちを観ながら。
ああ、これだな。
これがセブンガールズだし、これ以上の説得力なんかあるわけないなと思ったのです。
多分、言葉で説明したところでたかが知れているなと。

皆で創った。
皆で協力して。
カメラの前に立つ役者と、カメラの外にいる役者と。
映画製作に立ち向かった。
ただその映像だけで良い。
そう思いました。

この数倍以上の映像の中から、切り取り、全体の時間を計算しながら。
皆で創ってきたこと、そして皆でこのメイキングの撮影も同時にしていたこと。
何度も何度も思い返しました。
少しあの日の映像だけ長すぎるかな?なんてところもあるけれど。
まだ本当に完成するのかも、ましてや公開されるかどうかもわからなかったあの日々を。
なるべくピュアなまま残るように編集をしたつもりです。

クラウドファンディングの皆様にはもちろん事前に連絡を致しました。
皆様は権利としてダウンロードできるようにしてあったのですが、今回の公開ではレンタルという形にしました。
無償公開やダウンロード可能な販売形式は、支援してくださった皆様のものとさせていただきました。
どうかご了解ください。
売上は全て劇団の運営費に回します。

役者たちにはクラウドファンディングリターン時にすでに公開してあります。
これを観るとカレーを食べたくなっちゃうのだそうです。
あの寒い中、皆で肩を寄せ合って食べたカレーの味は今も強烈に記憶に残ったままです。

ここには物語はありません。
ただ夢のような何かを、雲のようなふわふわとした何かを。
現実に掴んでみようともがいて。
同時にそれを楽しもうとしていた姿が残っています。
世の中にあるドキュメンタリーの中でも決して面白い作品ではないと思います。
起承転結も何もない。
面白さではなくて、普通にバカみたいな夢を当たり前だと思ってる愚かな人たちが映っています。
だから皆様が無理に観ていただく必要はないのです。

ただただ。
映画「セブンガールズ」を観ていただいた皆様の中で。
ご興味のある人がご覧になっていただけたらと思いました。
そして、なぜあのような奇跡の作品が生まれたのか。
その一端だけでも感じていただけたら嬉しいです。

かつて体験していないような未曽有の疫病蔓延の中。
何もかも消毒しろと言われ。
親しい人でも会うべきではないと禁じられ。
海を観に行くことすら禁じられ。
自分も感染していると思え、誰が感染しているかわからないと思え。
そこにあるものにウイルスがいると思え。
何もかも疑えと、まるで何かに強要されるような日々です。
そんな中、僕は未来を信じていた日々のこの映像を公開しようと思いました。
だって、今、何よりも僕が欲しいのは「信じる」ことだからです。

信じてください。
必ず皆様の前に帰ってくる日を。

posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 01:50| Comment(0) | 夢の彼方に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

僕達はいつだって奇跡を待っている。

SG_poster_iromihon.jpg
緊急事態宣言に伴い多くの映画館が休館になった。
宣言された一都六県から映画館がなくなった。

4月11日に予定されていた秋葉原UDXシアターでの映画「セブンガールズ」ドリパス復活上映も中止となった。

新型コロナウイルスの蔓延という状況下、僕はこの映画の復活上映の宣伝をしなかった。
それは皆様に愛され、投票によるランキング入りという性格上、
遠方から来てくださる可能性もあり、お客様に少しでも危険があるなら避けたいと思っていたからだ。
いつもならば来て欲しいと大きく宣伝を重ねているのに。
ただただ毎日を過ごすことしか出来なかった。
楽しみにしていてくださった皆様には頭を下げる事しか出来ない。

映画「セブンガールズ」はそれ自体が奇跡だと思っている。
全国的には無名の俳優、無名の監督。
劇団の代表作を自分たちで映画化したインディーズムービー。
そんな映画が、1館一週間の上映のみの予定が全国10館以上に広がり、
TOHOシネマズ主催のドリパスで、インディーズムービーとしては異例の3度ものランキング入り。
今も多くの皆様に復活上映を望まれている。
幸せこの上ない作品だと思う。

そんな作品が世に出たのは、ミニシアターという文化があったからこそだ。
大手のシネコンしかない世界であったらきっとこの映画が世に出ることはなかった。
そして上映していただいた各映画館さんはどこも暖かくて、素晴らしい映画館ばかりだった。

今、そのミニシアターが苦しんでいる。
新型コロナウイルスの蔓延が始まってからの自粛ムードで、映画館の観客動員は9割も落ちたという。
その上、今回の緊急事態宣言での休館。
現時点では政府からの補償については詳細が発表されない状況。
このままでは全国のミニシアターが閉館の危機になるという。
映画文化を絶やしてはいけないと、#SaveTheCinemaという運動も始まった。
他にも多くの活動があって、入江悠監督や映画媒体がまとめてくださっている。

savethecinema_logo.jpg

映画「セブンガールズ」を世に出してくれたミニシアターという文化に何か恩返しをしたいと思っている。
署名だけではなくて、もっと僕たちだけに出来る事を。
元々、クラウドファンディングで多くの皆様の支援で始まったこの映画だからこそ。
今度は映画から支援を出来るんじゃないかと思う。
いや、しなくてはいけないんじゃないかと考えている。

僕は、セブンガールズ映画化実行委員会の実行委員長として今日、企画書をまとめた。
そしてこれまで上映してくださった映画館様、わかる範囲の全国のミニシアター様にメールを送った。
大して大きな力になれるかはわからないけれど、少しでも恩返しになればと思っているのだけれど。
もしかしたらメールの返信などほとんど来ないかもしれない。
それでもいいと思っている。
とにかく、今、出来る事を一つずつやっていくことだ。

今の状況を戦時下に例える人がいる。
僕は戦時下だとは思わない。
まったく冗談としても笑えない。
そもそも戦時下を知っている世代なんてほとんどいないじゃないか。
明らかに現代は平和の時代であり、ウイルスと戦うわけではない。

「皆で支え合って生きていく」

映画「セブンガールズ」のテーマだ。
奇しくも、風邪が恐怖となる場面まで描かれている映画だ。

僕達は戦うべきじゃない。
「生きていく」べきだと思う。
いや、生きる事こそ戦いで、戦争なんかじゃないということだ。
今、どうやって生きていくかを問われているのだと思う。
そして生きていくには、映画や音楽や演劇は必要なもので。
生きていくには、夢や未来や希望や光が絶対に必要なのだと改めて考えている。

僕にできる最大の事。
連絡が出来ていないミニシアター様もあるけれど。
全国に届きますように。

あの女たちの歌声が今こそ必要なのだと固く信じております。
「戦争が終わってから、女たちは戦った」というキャッチコピーのように。
「この蔓延が終わってから、セブンガールズは戦う」そう思っています。

応援してくださった皆様に。
またスクリーンで出会えることを願っております。
皆様に甘えることなく、僕の出来る事をやっていきます。

それは未来へと繋がる道です。

セブンガールズ映画化実行委員会
実行委員長 兼 成瀬凛太朗役
小野寺隆一
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 03:12| Comment(0) | 夢の彼方に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

公開77日目

とうとうこの日がやって来た。
公開77日目。
このBLOGで公開〇日目を書き綴りながら。
いつかセブンの並ぶ77日がやってくるのかなって思っていた。
70日を越えてからは急速に上映機会が減って、中々進まなくなっていた。
何年かかかったりもするのかななんて考えた日もあった。

今回の佐伯での堀川果奈凱旋特別上映は別府ブルーバード劇場から繋がった。
あの温泉の街で初めて話を聞いて、その後、上映に関する調整をいくつか重ねていった。
別府ブルーバード劇場での上映時にイベント上映的なものはあったのだけれど。
あれは上映権がどうこうというものではなくて、普通の映画館での上映と同じ形だった。
ドリパスでの復活上映も、通常上映と同じ形。
純粋な上映権での上映というのは今まで一度もなかった。
つまりこの佐伯市上映が映画「セブンガールズ」にとって初のイベント上映になった。

主催してくださった皆様も映画上映はほとんど初めての経験。
そんな中お声がけいただいたのは大変に嬉しい事だった。

自分の中で難しいなぁと思ったのは、この特別上映会が佐伯市の皆様への無料上映会だったこと。
佐伯市に住む皆様が、それこそ学生さんやあまり普段は映画館に行けない皆様。
そして、堀川果奈を知っている皆様が喜んでくださるのが一番のイベントだったからだ。
こういう時、インターネットでの宣伝と言うものをするべきなのかどうか。
ネットは全国レベルだし、セブンガールズを愛してくださる皆様は実際に別府まで遠征までしてくださった。
佐伯市内ではケーブルテレビを始めとして十分な宣伝をしてくださっている。
そんな中で、あまり大きな声で宣伝を開始するのは趣旨とずれてしまう。
もちろん九州地区の皆様にとっては、限られた機会であることは間違いがないし。
そんな皆様が来場してくださることはとても嬉しい事だけれど。
それ以上の皆様に、来てくださいね!集まってくださいね!と声をかけるのは遠慮することにした。
実際、1月の舞台が終わった時点で整理券がほぼなくなったという報告を目にして安堵した。
もしまだまだ席が空いていたら・・・と思っていたのだけれど。
佐伯市の皆様が楽しみにしてくださっているのならこれ以上のことはない。そう思ってた。

4年半。
映画「セブンガールズ」に自分の持てる時間の全てを捧げてきて。
この77日を迎えた日。
自分は家で、ああ、そろそろ始まるなぁ。ああ、終わる頃かなぁ。
そんなことを考えていた。
皆が楽しんでくださるといいなぁ。
そんなことを考えていた。

公開出来るのかなぁって不安だった日々も。
公開してからお客様が来てくれるかなぁと苦しかった日々も。
毎回上映のたびに企画を考え続けた日々も。
カウントダウンのために走り回った日々も。
もちろん、あの寒かった撮影の日々も。
全てが繋がって今になっている。
今、自分はどこに立って何を見ているだろう?
映画「セブンガールズ」以前から何が変わっただろう?
いつか何かの答えが出るのかな?

明日は稽古だ。
変わらず稽古が待っている。
佐伯市に行ったメンバーは間に合わないだろうけれど。
それでも皆が待っている。

こうして77日を迎えることが出来たのは全て皆様のおかげだ。
いや、そもそもこの映画はたくさんの皆様が応援してくれたから完成した映画だ。
製作前に応援をしていただいて。
公開後にも応援をしていただいて。
今も復活上映を待ち望んでくださる皆様がいる。
皆が必死に映画を製作するんだって走り回ったのもそんな思いが集まったからこそだ。
こんなに幸せな作品ってあるのかなぁ。
だって、あの頃はただの夢だったんだから。
もちろん、それを成し遂げた自分や仲間を誇る気持ちも忘れていないけれど。

本当はね。
出演者全員の出身地で上映したい。
こんな映画を創ったんだぜって、皆が地元で言えたらなぁなんて思うよ。
そのためのことも実は少しだけしている。
まぁ、少しだけなのだけれど。
イベント上映がどんなものなのかわかったことはとっても大きい。

77日目が特別なわけじゃない。
77日間の全てが特別だもんね。
あの1日目の立っていられなかった日からずっと。
目をつぶれば全ての上映館が、全ての出会いが蘇る。
積み重ねて積み重ねて、77日。
たくさんの人が、キャッチコピーを考えてくれたことや。
セブンハンターなんて、7のゾロ目を探してくださったり。
うん、やっぱ、77は特別かぁ。

SNSで感想を一つずつ読んでいく。
思わずニコニコしてしまう。
特別上映と言う形だからこそ、観れた人たちがその向こうにいる。
きっとね、いつもほどネット上に感想が上がったりはしないと思う。
映画館に面白い映画を探しに行ってみつけたというような上映ではないからさ。
それでも足を運んでくださった方が、そんなお客様の反応まで書いてくださっていたりして。
いつか、そこでセブンガールズと出会ってくれた誰かが映画監督になるかもしれないよ。
そんなことばっか考えちゃう。

さて。
次の夢はどの空を飛ぶかなぁ。
北か。南か。それとももっとどこか遠くで。

今は。
佐伯市でお客様がどんなことを思ったかなぁって思い続けよう。
楽しんでくれたかなぁって、そんなことばかり考え続けよう。
posted by セブンガールズ映画化実行委員長 at 02:07| Comment(1) | 映画公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする